世界一周ルートを決める手順!半年間で22ヶ国回った実際のルートも公開!

ジュリ
こんにちは、夫婦で世界一周したジュリ(@jurinagaya)です

今回は世界一周のルートについて。

当時私たちも漠然と世界一周に行きたいと言っても、どうやってそのルートを決めたら良いのか、正直ちんぷんかんぷんでした笑。

ルートだけでなく、とにかくやる事がいっぱいなような気がして綿密にルートを組めなかったのをちょっとだけ後悔しています。

なので、今日は皆さんに同じような思いをしてほしくないので、ポイントをシェアしたいと思います。
実際に私たちのルートも最後に載せてるので、参考にしてみてください。

それではどうぞ!!

【関連記事】
>>【世界一周準備】必須17項目まとめ。31カ国旅した夫婦トラベラーが伝授!

 

世界一周ルートを組む手順

  1. 行きたい場所・やりたいことをピックアップする
  2. シーズン・お祭り・祝日の日程を調べる
  3. 期間と予算を決める
  4. 海外危険情報をチェックする
  5. 世界一周航空券を使うかLCCで行くか決める 

個人的にはこの手順で決めるのが良いと思います。
学生さんなど、行ける期間が決まってる方は少し考えることが減りますね。

それでは順番に見ていきましょう!!

 

行きたい場所・やりたいことをピックアップする

絶対これが1番です。
間違っても先に予算なんて決めてはいけません笑。

世界一周に行きたいと思ってる方は、行きたい場所が山ほどあると思います。

それを全部書き出して、優先順位をつけておきましょう。
絶対行きたい場所、できたら行きたい場所、まぁ興味あるかなーという場所など。

この作業は相当楽しいはずです笑。
行きたいとこ想像しまくって、ワクワク半端ないです!!

やりたいことや、行きたいお祭りなどもあれば、ピックアッピしておきましょう。

【関連記事】本見ながらも楽しいですよー!!
>>世界一周した私がオススメする、世界一周に出る前に読みたい本5選!!

 

シーズン・お祭り・祝日の日程を調べる

そしたら、そのリストのシーズンを調べます。
日本でもどのシーズンかによって、だいぶ雰囲気が違うように、もちろん海外でも同じことが言えます。

有名どころだと、ウユニ塩湖は乾季か雨季かで全然違う景色になりますし、雨季に行くアジアは結構いやです笑。

イビサは夏のシーズンじゃないとクラブはやってないとか。

 

これは一般論ですが、旅行は夏の場所を巡った方がいいです。(クリスマーケットや、犬ぞりとかは別ですけどね。)
なので、ざっくり北半球は夏に、南半球は冬に行くようにルートを組むといいです。

 

あとはお祭りに行きたい場合も要チェックです。
スペインのトマティーナとか、インドのホーリーとか、タイのソンクラーンなどですね。

また祝日も調べておきましょう。
中国の旧正月や、イスラム圏のラマダンなどは、かぶると大変なことになります笑。

 

期間と予算を決める

ここまでを、地図上でつなぎ合わせると、西回りか東回りか、何月に出発するのがいいか、何となく見えてくると思います。

ここで、何月からどれくらい行こうか、どれぐらい費用がいるか考えたらいいです。
お金は働けば稼げますから笑。

ちなみに東回りか、西回りかは世界一周する時には欠かせない話題なのですが、一般的には西回りが多いです。

アジアから旅慣れしていく、という人が多いんでしょうかね。
航空券も安く済みますしね。

私は最後にアジア圏だとテンション上がらないなーと思って、西回りにしました笑。

 

費用についてですが、バックパッカースタイルで、ざっくり1人1日1万円と言われています。
もちろんヨーロッパに長く滞在すれば高くつきますし、南米やアジアが多いなら安く済みます。

 

ちなみに私たちは、180日間で210万でした。(1人)
これは世界一周航空券を含んだお金で、現地で使ったお金だけだと150万でした。

 

【関連記事】費用についてはこちらを参考にしてください!
>>【世界一周費用】夫婦で22ヶ国 半年間総費用まとめ。

これでスーパーざっくり決まったことになると思います。

 

海外危険情報をチェックする

これも忘れてはいけません。

正直世界中どこにいても安全ではないし、安全というのか個人的意見なのですが、危険地帯に自ら死にに行く必要はありません!!

外務省の海外安全ホームページでチェックできるので、必ず見てください!

見てみるとアフリカや中東には全然行けないことになってしまうのですが・・・
これを見てやめといた方がいいかなってちょっとでも思う場合は、潔くやめましょう。

 

世界一周航空券を使うかLCCで行くか決める

最後にルートの話からは少し外れてしまうかもしれませんが、どうやって旅をするかです。

私たちは世界一周航空券を使いました。
理由は3年前は旅慣れしてなくてLCCに馴染みがなかったのと、よくわからなかったから笑。

世界一周堂さんにお願いして発券までしてもらいました。
お金は余分にかかりましたが、当時は忙しかったので、自分で発券なんて考えただけでぞっとします。

ここで、少しだけ世界一周航空券の特徴を。

  • 期限は1年
  • フライト回数は16回
  • マイルがたまる
  • 日本出発時に全てのフライトを決める
  • ルールが難しい

一言で世界一周航空券と言っても、ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームと大きく3種類あります。

今回は詳しい説明を控えますが、事前に大まかな移動が決まっていたのは良かったです。

言い換えれば、16回のフライトは日程も決まってるので、ルートの変更や日時変更がしづらいとも言います。(有料で変更も可能です。)

また世界一周航空券は期限が1年なので、1年以上の旅を予定されてる方は必然的にLCCになります。

実際のルート

ここまでルートの組み方をなーんとなくイメージしてもらえたと思います。
次にせっかくなので、私たちが実際に行ったルートを使って、細かく見ていきます。

旅の概要

  • 180日間
  • 西回り
  • 全22ヶ国
  • 世界一周航空券を利用(ワンワールド6大陸)

 

▲実際に使用した世界一周航空券です!!

上でも説明したように、世界一周航空券を使う場合は16回分のフライトを取って行くわけで、そのフライトを赤。それ以外の大きな移動を青で示してます。

アジア(約1ヶ月)

実際にはもっと細かくうろちょろしてます笑。(プーケットなども行きました!)

アジアは近いから、世界一周でそんなに張り切って回らなくても良いかなーという感じでした。
なので1ヶ月ぐらいかけてアジア周遊という形に。

これは、世界一周航空券を取る方へ向けてなのですが、私は一個失敗したなーと思ってることがあって、それはバンコクに着いて、約1ヶ月後バンコクから出発はどう考えても無意味だということ笑。

 

アジアを1ヶ月かけて回った後、自分でベトナムからバンコクへ戻る飛行機をとったわけです。
ベトナムからドーハ行きにしとけばよかったかなーとか。

到着地と出発地が違うと、16回乗れるうち、1区間乗ったことになってしまうので、なんともいえないですが・・・。

 

アフリカ(約2週間)

当時、海外旅行とか全然慣れてなくて、めっちゃびびってた我々は中東をすっ飛ばしました笑。

今思えば勿体無いことしたなーとも思うのですが、迷う余地なく飛ばしました笑。

地図のドーハは乗り継ぎの為だけで、降りてません。
エジプトからケニアに行くにも、一度ドーハを経由しないと行けないのが、世界一周航空券のもどかしいとこですね。

 

ヨーロッパ(約1ヶ月半)

ケニアからロンドンへ。
ここのギャップは今でも忘れません!

私たちはヨーロッパの滞在が割と長かったです。当初はドイツやオランダを予定してましたが、なんかヨーロッパの街並みがあまりにも同じで飽きたため、東ヨーロッパの方に路線変更しました。

ヨーロッパはロンドンに入って、マドリードから出るまでの約1ヶ月半自由だったので、ユーレイルパスを使って、全体的にリッチな旅となりました笑。

 

アメリカ(約1ヶ月半)

マドリードからニューヨークへ!

ここだ、私たちはアイスランド行きたいねとなります。あんなに長く滞在したヨーロッパの間に行けばよかったのに、ここへ来て行って来ました!笑。

めちゃくちゃ飛行機代高かったですが、これもまた旅です。
アイスランドは今でも大好きな国です。

そこからサンフランシスコに戻り、レンタカーでぐるぐるしながらダラスまで行きカンクンへ。

 

中南米(約1ヶ月)

中南米は世界一周航空券で全ての移動をまかないました。(国内での移動はしてます。)

南米こそ、日本から直で行くにはなかなか遠くて大変なので、もっと回っておけば良かったなーと思います。

ちなみに地図でバンガロアと出てるのは、イースター島。
ここに行きたいがために、ワンワールドを使った様なもんです。

 

オーストラリア(約2週間)

最後にオーストラリアで2週間ほど過ごして旅を終えました。

シドニー発着だったので、飛行機で一気にケアンズまで飛んで、レンタカーでまたシドニーまで戻ってくるというようなルートです。

 

まとめ

地図で見るとあっという間なんですが、実際は激しい移動を繰り返し過ぎて結構疲れました笑。

今回は細かい都市までは書いてないですが、大体1都市に2〜3日しか滞在しません。
半年で22ヶ国56都市、正確にはレンタカーで過ごす日もあるので、もっとです!!

これは確実に回り過ぎだなーと思ったので、このボリュームを回るなら期間を長くするのが賢明です。

それでも、私たちは半年という期間で、世界一周堂さんにお願いして、行きたいとこ全部行けるルート組んでもらえて良かったなーと思ってます。

みなさんもぜひご自身にあったルートを楽しんで組んでください!!

すこーしでも参考になってたら幸いです。
それでは素敵な世界一周旅行をー!!

 
各地域の細かい情報(都市や費用など)はこちらからどうぞ!

【関連記事】
>>世界一周した私が選ぶ、旅人なら入れておくべき無料スマホアプリ16選。

【関連記事】
>>僕が世界一周後も旅する理由と今伝えたい10のこと。

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア