オーストラリアでリロケーション車を家代わりにしてキャンプ生活

ジュリ
こんにちは、最近は走り屋やってます。ジュリです。

先日リロケーションというレンタカーのサービスを使って、オーストラリアを格安で旅してきます!っていうのを書きました。

【関連記事】
>>オーストラリアで宿泊費も移動費もいらないリロケーション生活スタート!

私がオーストラリアに行く前、ゴロウは先に1人でリロケーション生活を始めてました。
その間ベルギー人カップルのヒッチハイカーを乗せてあげて、エンジョイしてたみたい。


【関連記事】

>>オーストラリアでレンタカーしてたら、ベルギー人カップルをヒッチハイクで乗せた話。

>>ヒッチハイカーと過ごす2日目。僕の常識をはるかに上回ってくる2人!

一回アイスランドでも乗せたことがあって、その時英語喋れなさすぎてマジで疲れたのを今でも覚えている。それなのにまた乗せたゴロウに乾杯!笑。

 

で、合流後、実際の感想はというと。

むっちゃ車走らせんといかんやん!
走り屋やん!!w

▲大体この景色、何もないけど眺めはいい、けど何もない笑。

わかってはいたものの、とにかくかなりの距離運転しないといけない。
毎日。毎日。

もちろん2人いるから交代でやりゃーブログもできるでしょって思ってたんですが、その日泊まるキャンプ場探したり、ルート案内したり、次乗る車探したり、とりあえずやること多いし眠いし、正直ギャグみたいな生活である。

 

でも悪くない。
なかなかエキサイティングである!

車が家になる今の生活。
車によってだいぶモチベショーンが変わる。

今日はそんな我が家を紹介したいと思います。(ただいま3台目です!)

 

リロケーションの車

初代カー : JUCY キャンピングカー

ブリスベン(3/20)→シドニー(3/23)
この前紹介したこちらのJUCY。

私は1日だけお世話になったがこれはまさしく最高だった!

ゴロウが早く見せたいと言ってたのがわかる。
サイズ感といい、機能面といい完全体だった。

キッチンと2人が寝れるベッド、それだけあれば十分ですね。

▲手前のベージュのマットで椅子の間を埋めると、ベッドに早変わりします!

あとガソリンを空にして返却しても良かったのも大きい!
あとゴロウ曰く、借りるときもめちゃめちゃ丁寧な説明だったみたいで好印象!

 

2代目カー : 三菱4WD コンパクトSUV

シドニー(3/23)→ブリスベン(3/25)

お次はまさかの乗用車。
ヴィッツレベルだと思ってたので、それよりは全然良い車だった。

三菱のナンチャラ、イケイケの青ボディ!!

そしてお気付きだろうか、ゴロウはこの短期間で片道13時間、980キロの距離を往復してしまっていることを!笑。(私はシドニーから合流だったので)

行き先が選べないのもリロケ−ション、期間や車種が思うように行かないのもリロケーション、というわけですね。

でもこの車、意外にも車内で寝られたことが良かった!

▲後部座席を前に倒すとフラットに!寝ない時はもので溢れかえる笑。

テントも持ってますが、雨が降ったり、車内泊はいいけどテントを張れないキャンプ場も多いです。なので寝袋とマットを車内で活用して爆睡。まさかの快適。

車代は無料だったんだけど、ガソリン代は含まれてなかったのがちょっと痛手。

 

3代目カー : Apollo Euro Delux キャンピングカー

ブリスベン(3/25)→メルボルン(3/28)

こちらが今まさに乗っている車です。
これはモーターホームと呼ばれるものなので、まさしく家です。

で、この車6人用。
名前も「デラックス」って付いちゃってます。

一度は乗ってみたかったこのモーターホーム、また一つ夢が叶いました。でも2人では全く必要のない広さ。
モーターホームのサイズを選べないのもリロケーション笑。

▲まさしく動く家!!使ってませんが、トイレやシャワーまでついてるタイプです!

また南下、さすがに違う道ですがまじでこの辺がギャグです。

そして初めてのこんなガチキャンピングカーなのに、使い方の説明一切なし!
田舎道は電波もなし。
こんな時に限ってオーバーヒートみたいな画面。

あーこれも面白い出来事の1つですね。
結局大丈夫でしたが、焦りました!

もっと進みたかったのに、この日はあえなくと途中で断念。

こうやっていろんな事が起こって、人は新しい知識を習得していくみたいです。

 

オーストラリアの無料キャンプグラウンド

オーストラリアは、いくら車内で寝られる車だからと言って、その辺で停車して泊まるのは禁止されています。

その変わり、すごい数のキャンプサイトがあります。
(WIkiCampというオーストラリアのサイトで簡単に見つけられます!)

これは無料のものから有料のもの、RVパークといって3代目カーのようなガチキャンピングカーを充電させる場所から、普通の駐車場みたいなとこまで、色々あります。

私たちはもちろん無料オンリーですが、無料だとどんなとこを案内してくれるのか?

 

テニスコートの横の路駐オッケースペース

これはもやはキャンプグラウンドとかではありません。
路駐オッケーエリアの案内です。
それにたまたま隣にトイレがあるだけの場所、超住宅街です。

でもみんなWikiCamp見てるんでしょうね。
似たような車がわんさか止まってました。

 

テント禁止のキャンプグラウンド

ここはブリスベンから近い場所で、めちゃめちゃ人気でした。

キャンプ場なのに、テントは禁止。
寝泊まりは車内のみオッケーです。

敷地内にトイレと水道があります。
無料キャンプ場にホットシャワーが付いてることはあんまりないので、こーゆー日はシャワーなしです。

汗もほとんどかいてないという事で良しとしましょう笑。

 

シャワーの場所

最後にじゃあシャワーはどこで浴びてるのか?

それは高速の休憩所のトイレの中にあるシャワーとか、公園に併設されてるシャワーを使います。上の写真は高速の休憩エリアの中トイレ。

▲普通に綺麗であったかいお湯が出るので、全く問題なしです。

にしても、まじでこの生活何なんでしょう。
説明するにつれて、笑えてきました笑。
ホテル泊まれよ、と自分でも思えてきます。

これを不便というか、賢い節約というか、エキサイティングというか、人それぞれですね。
物は考えよう!!言い聞かせる他ない笑。

▲車内からは360度夕焼け空!!そんなところは本当に最高だと思う!

でも、このモーターホームに乗って、調べて初めて知ったんですが、シャワー1分浴びるのに6.5L〜9Lの水を使うらしいです。

家では考えたこともなかったですが、いつでも自由に水が使える生活は幸せです。

 

それでは今日はこの辺で、水に感謝して、また明日ー!!

【関連記事】
>>バックパッカーが旅に持って行くべきキャンプ用品【軽量・コンパクト】

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア