マーフシ島を格安旅行で楽しもう!3日間、2人でたったの3万円でモルディブの海を満喫!!

ジュリ
こんにちは、夫婦無職のジュリ(@jurinagaya)です

先日モルディブ(Maldives)のローカルアイランド、マーフシ島(Maafushi)の行き方について紹介しましたが、今回は貧乏旅行をしているあなたへマーフシ島のもう少し詳しい情報です。

バックパッカーの問題は安く行けても、現地でどんだけお金かかるんだってことです!!

私たちもそうでしたが、長期で旅をしてる方はインドやスリランカからモルディブ寄ってみよっかなーって感じで来られると思います。

なぜなら地図で見ると近いし、航空券も安いから。

ただ現地でお金がかかりすぎては意味がありません。

というわけで、今日はマーフシ島の物価やご飯、ホテルの情報などマーフシ島についてまとめましたので、参考にしてみて下さい!!

【関連記事】
>>マーフシ島への行き方!!マレ空港から格安フェリーで行く方法を伝授!

モルディブに行く前に

まず初めに!!
モルディブに入国するのにビザは必要ありません。(ビザなしで30日まで滞在できます。)
ただ帰りの飛行機チケットと滞在期間中のホテル予約画面が必要です。

私たちもそんなことは知らなかったので、1泊目の宿だけ予約して、帰りの日も特に決めていませんでしたが、インドのチェックインカウンターで急いで取る羽目になりました。

なので、前もってモルディブのプランを立てることをお勧めします。

ちなみに金曜日到着はマーフシとマレを結ぶローカルフェリーがないので避けた方がいいです!
金曜以外の毎日15時発なので、金曜以外の13時頃までの到着の便だとベスト!

>>予約をする時はキャンセル無料のbooking.comで!

マーフシ島の物価

▲実際は50ルフィア札もあります!水に濡れても大丈夫な、今まで見た中で1番オシャレなお金!!

マーフシ島の物価はマレ(Male)市内とほぼ変わりありませんでした。
感覚的には日本と一緒ぐらいです。(1ルフィア=約7円)

 コーラ500ml 12ルフィア(約84円)
カップラーメン 12ルフィア(約84円)
スナック菓子 15ルフィア(約105円)

インドで10ルピー(15円)で買ってた全く同じお菓子が、10ルフィア(70円)で売られています。これだけは絶対買いたくないと思っています笑。

▲マーフシ島のスーパーで見かけたドリンクの料金表です!!

マーフシ島のご飯事情

個人的にはモルディブのご飯は、日本人の口に合うような気がします。
カレーもインドのように辛くないし、食べやすいものが揃っています。

ただ外食費はなかなかバカになりません。
割と高い金額に約20パーセントの税がかかって来ます。

メニューには税抜きの計算がされてることがほとんどなので、要注意です!!

観光客向けのディナーブュッフェは1人15ドル。(ルフィアじゃないですよ!!)

▲品数も多く、どれも美味しかったので大満足でしたが、貧乏旅にはちょっとだけキツイ。

▲サラダだけでもこれだけあって、パスタや魚のグリルはシェフが作ってくれます。

▲雰囲気もバッチリですが、ドリンクは金額に含まれてないので注意!

ビキニビーチとは反対側の海沿のレストランは少しだけお値打ちになります!!

▲安くなるのも納得の雰囲気の違い笑。

けど頼んだご飯は2品ともすごく美味しかった!!

▲フィッシュカレー 45ルフィア。

▲ナシゴレン 60ルフィア。

▲レストランのメニュー表!!やっぱりチキンより魚が安いです!!

ツアーに参加したりして外食をあまりしなかったのですが、ちょっと良いところだと1人10ドル前後、穴場に行くと5ドル前後ですみます。

とりあえず安く抑えたい方はメインの海沿いは避けましょう笑。

あと、ホテルにはケトルが置いてあることが多いです。
なのでカップラーメンですませたり、サンドイッチを作るのもお勧めです!

▲ここはお茶まで置いてあって、かなり整っておりました!!

モルディブではツナ缶がめちゃめちゃ置いてあるので、簡単にツナサンドができます。
ちなみにツナ缶は120円ぐらいで買えるので、適当にキュウリやトマトを買って挟んでます。

▲インドで買ったスプーンはキュウリも切れちゃうナイフになることを学んだww

いつもは折りたたみ式のナイフを持参しています。

 

モルディブの宿事情

どうしてもお金のかかってしまうモルディブの宿。
ローカルアイランドでゲストハウスに泊まれるとは言え、50ドル前後はしてしまいます。

良い点は、設備が整ってるということ。マーフシの宿は2ヶ所行きましたが、どちらもお湯シャワーが出ました。
冷蔵庫あって、ケトルあって、部屋が綺麗で、船着き場までスタッフが迎えに来てくれて、ウエルカムドリンクが必ず出る。

▲小さなゲストハウスのフロント。十分すぎるほど快適な宿でしたー!!

ゲストハウスという名のちゃんとしたホテルです!!
朝食付きなホテルが多いのも嬉しい!!

▲ちなみに朝食は、モルディブ全ての宿でこれです笑。

▲シンプルだけど、部屋も可愛い。

▲シャワーも綺麗でインドとのギャップが半端ないです!!ww

 

その中で、少しでも宿代を抑える方法としては、何度も予約サイトをチェックすること!

私がよく使うサイトはagodabooking.comですが、通常はブッキングの方が少し安いイメージです。
ただ、アゴダのセールにヒットすると、異常に安くなります!!

マーフシで2ヶ所目に泊まった「RAYVA INN」という宿は、2泊で50ドルという破格でした。(もちろん朝食付き)
なので、直前までこまめに見てみましょう。

あとは、グーグル検索で「マーフシ島 宿」といれると宿を表示してくれますが、たまに予約サイトに載ってないオフィシャルサイトの宿が上がってくるので、試してみてください。(マーフシ島ではないですが他の島で出てきました!!)

▲「並べ替え」というところで「価格順」にすると安い順で見れます。

マーフシ島の海、ツアー情報

それはそれは文句なしの綺麗さです!!

モルディブはイスラム教の国ということで、ローカルアイランドではビキニになれるビーチが決まってますし、そこらをビキニで歩くのは禁止なので、ご注意を!

▲NO BIKINIの文字がビキニビーチを出るところにありました。

▲ということもあり、ビキニビーチは結構人で溢れてます。

▲ブランコもいくつかあって良い感じです!!

ビーチは遠浅で、サンゴが痛めなので気をつけてください。

ビーチチェアーは目の前の大きなホテルの物なのか、自由に使って良いと見せかけて、ここに泊まってないとお金取られます。(ビーチタオルで判断されてるみたいでした。)

またマーフシ島はエクスカーションと言われるツアーがお値打ちです。
今回モルディブのローカルアイランドに3つ行きましたが、やっぱり1番安かったです。

▲ツアーではイルカも見れたし、亀とも泳げました!!

ツアーに行かなくても、もちろん綺麗な海に変わりないのですが、せっかくなら行ってみてほしいというのが正直な気持ち。

【関連記事】エクスカーションについてはこちらにまとめました!!
>>マーフシ島のエクスカーションで遊び倒そう!シュノーケルや釣りができるツアー紹介!

ちなみに1番人気のハーフデイツアーで30ドルでした。

モルディブのSIM情報

最後に、こちらはマーフシ島に限らずモルディブでのSIM情報です。
SIMはマレ空港で買えて、そのままどこの島に行こうと使えます。

▲料金表はこちら。私たちは30ドルのものを買いましたが、ネットはかなり早い印象です。電話番号もついてます。

宿にも基本的にWi-Fiは必ずあるので、SIMは必要ないとも言いますが・・・
でもSIMの方が圧倒的にスピードは早いです!!

まとめ

3日間でかかったお金
(マーフシに行くまでマレで使ったお金も含む)

食費  6430円
宿泊費 9800円
ツアー 12160円(2食分含まれる)
移動費 460円

合計  28850円(2人分) 

リッチではないモルディブだとこんな感じです笑。
安いか高いかは人に寄ると思いますが・・・。

個人的にはモルディブがこの料金で楽しめるなら安いかなと思います。
もちろん一カ国前のインドに比べたらとんでもない料金の差ですが、決して夢の世界ではないということです!

ローカルアイランドでは現地の人たちの暮らしも見れるし、むしろ貧乏旅をする私たちにはこっちの方が魅力的だったりします。

その中でマーフシ島は、コスパが良く、空港からも近く、たくさん楽しめるローカルアイランドじゃないかなと思います。

皆さんも綺麗な海、楽しんできてください!!
ぜひ素敵な旅をー!!

【関連記事】
>>マーフシ島への行き方!!マレ空港から格安フェリーで行く方法を伝授!

【人気記事】
>>LCC飛行機でもう暇とは言わせない!!機内の暇つぶしアイテムを紹介!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア