マーフシ島のエクスカーションで遊び倒そう!シュノーケルや釣りができるツアー紹介!

ジュリ
こんにちは、やっとやる気が出ましたジュリ(@jurinagaya)です

今はモルディブの小さな島にいます。
なーんにもない所ですが、なんだかんだでこーゆー場所が好きみたいです。

その小さな島はまた今度書くとして、今回はマーフシ島のエクスカーション(ツアー)について紹介させていただきます。

 

マーフシ島はマレからのアクセスもよく、程よく観光地化が進んでいる島なので、最近人気急上昇中のローカルアイランド!!

で、このマーフシ島にはお得なエクスカーションがたくさんあるのです。
最初はエクスカーションとかいう訳わかんない言葉使いやがって、と思ってましたが要するにツアーです。

他の場所に比べて安い
そしてコスパ(質)がいい。

と言うわけでマーフシで経験したツアーをシェアしていきます!!

【合わせて読みたい】
>>マーフシ島への行き方!!マレ空港から格安フェリーで行く方法を伝授!

 

ナイトフィッシング

  • 料金 1人25ドル
  • 時間 17時半〜21時半
  • 夕日を見ながら魚釣りができる
  • 釣れなくても誰かが釣った魚を食べられる(笑)

まず1つ目がサンセットを眺めながらのボート釣りです。
最近アウトドアに目覚めた我々は釣りもできるようになりたいと思い、「アウトドアは世界を救う」というブログまで作ったほどです。

というわけで、釣りに行ってきました!!
しかもこれ、釣った魚とご飯、サラダまでセットになってこの値段です。

 

それでは早速、詳細に移ります!

私たちが泊まっていたホテルは小さなゲストハウスだったので、予約はできましたが他のホテルに移動してからの出発でした。(もちろん宿までお迎えが来ます。)

▲小さいながら居心地のいいゲストハウス「RAYVA INN」というホテルに泊まってました。

 

▲ここが移動したホテル「stingray beach inn」。
入ってすぐがレストランになってて、ハンモックもあるので待ち時間はここでごろり。

おまけ

少し話が逸れますが、モルディブの宿はagodaで予約することが多かったです。

もちろんbooking.comも見ましたが、アゴダの方がセールが多く、たまたまその時にヒットすればかなり安く宿泊費が抑えられます。

上で紹介したRAYVA INNも2泊で50ドル(相場の半額ぐらい)で泊まることができました。
もちろんもっといいホテルがお値打ちで泊まれるかもしれないので、こまめにagodaチェックをおすすめします。

時間になると、徒歩で船まで向かいます。
途中にも仲間が増え、船に乗ってからもどんどん人が増え、17時半頃に出発です。

子連れの家族もいたので、お子様連れでも行けるのかも。

ポイントまで20分ほど、夕日を楽しみながらクルージング。

▲言い方を変えればサンセットクルージング、なんだか得した気分です!!

ポイントに到着して渡されたのはこちら。

▲ハンドラインという超原始的な道具。 輪っかに糸が巻かれてて、先に針があってそこに餌をつけます。

これ、単純なんだけど未熟すぎて、ちっとも魚が食いついたのがわからない。
それでも釣る人はガンガン釣っていました。

▲何者なんだ?という量を彼は釣っていました笑。

ここで魚が釣れなければご飯がないので、スタッフも手伝ってくれるんだけど、彼らもすごい勢いで、かなりでかいのを釣っていた。

そうして帰る時間になった笑。

▲獲れた魚は全部でこれだけ。15匹は釣れてたと思います。
一匹も貢献してないのでただただ感謝。 釣りの時間は大体1時間弱でした。

ここでこの魚どうやって食べるんだろー?と思っていたら、どうやら好きな魚を選んでそれを自分で宿泊してるホテル(ツアーを申し込んだホテル)まで持っていって調理してもらうというスタイル。

なにせ釣ってないのでもぞもぞしてたら、もちろん持ってって良いよって感じだったので一安心笑。

 

▲この二匹を頂きました!
私たちのゲストハウスにはキッチンがないので、最初に集合したホテルで調理してもらいました。

そして出てきたのがこちら。

▲完全にテンション上がる!!

サラダとご飯もついてるのは知ってたけど、まさかフライドライスが頂けるとは!!

他のホテルで食べてないのでわかりませんが、魚の味付けも抜群に美味しかったし、サラダもご飯も美味しい。

同じ様にゲストハウスに泊まって、どこのホテルの調理になるかわからないって方は、このstingray beach innで申し込むのが良いかも。

サンセットクルージングに、釣り体験、ディナーまで付いてこの値段は大満足となりました。

▲暗いけど、外のいい感じのレストランだったし、それも嬉しいポイント!!

ハーフデイツアー

  • 料金 1人30ドル
  • 時間 9時〜15時半
  • 1番人気のツアー
  • 亀と泳げてイルカも見れてランチも含む

本当に内容盛り沢山だったので、絶対行ったほうがいいです。
8:45に集合して、シュノーケルとフィンを借ります。(希望者はライフジャケットも無料で借りられます。)

▲ちゃんとフィンのサイズをチェックして借ります。

 

ナイトフィッシングと同じ会社で頼んだので、船のスタッフも数人一緒。
どうでもいいですが、モルディブ人はイケメンが多く、特に海の男はイケテル!!

9時過ぎに出発です。

 

1ヶ所目はBANANA REAFというシュノーケルポイント。

運が良ければマンタが見えるみたいでしたが、残念ながらマンタには会えず。

▲それでも綺麗な透明度で、大きなニモもいました。

▲ちょっと深いところには青い魚がたくさん!!

▲久しぶりのシュノーケルはめちゃくちゃ楽しかったー!!!

約45分間のシュノーケルタイムでしたが、あっという間に終わってしまいました。

ちなみにこの日、私たち以外全員泳げない笑。
インド人が多いような感じだったので、しょうがないのかも・・・海の男大活躍!!

▲ちなみに彼ら相当深く潜るし、スーパー頼りになるので泳げなくても安心。(ライフジャケットも浮き輪もあります。)

 

2ヶ所目はTURTLE REAFというシュノーケルポイント。

亀に会えるポイントってことで見れたー!!

▲逆に近すぎて焦るぐらいの距離で見れました。

亀は息するために数秒間海面に上がってくるけど、それ以外はかなり深いところにいるみたい。
それでも3回程見れたので大満足!!

▲写真で見ると可愛いけど、近づくとビビる笑。

 

そして3ヶ所目はイルカウォッチングポイント!

うじゃうじゃいました!一緒に泳ぐプランではなかったので、船の上から見るだけでしたが、ジャンプしてる姿まで見れちゃいました。

▲水族館のイルカたちは、そこまで無理やりジャンプさせられてるわけじゃないと思ったら安心した。

▲イルカがいるポイントもちょうど水色になった綺麗な海の上で、その光景もなんだか幸せなものでした。

 

4ヶ所目にサンドバンクへ行ってランチ!

到着は13時過ぎだったと思います。

▲この日は強風で何をするにも一苦労でしたが、ちゃんと屋根を立ててくれてパックのランチを食べました。

▲フライドライスとジュース。

▲そして果物はシェア! シンプルだけど、美味しく頂きました。

ここで1時間ほど自由時間だったので、島を一周。

▲少し曇ってましたが、ビーチは本当に綺麗。
風が強すぎて、とても海に入る気にはなれませんでしたが。

▲いつか海面が上昇して無くなってしまうとしたら悲しいなー。

こうして帰りは1時間ほどかけて戻り、マーフシ島に着いたのは15時半前。
港に戻るとホテルのスタッフが待ち構えてたので、シュノーケルセットを返して無事にハーフデイツアー終了です!!

▲奥の4人が頼りになる海の男達です。

マーフシ島のエクスカーション

実際に体験できたのはこの2つだけでしたが、他にも気になるものがいっぱいでした。写真だけ載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください!!

▲宿泊するホテルに必ずこんなパンフレットがあると思います。

 

▲ここで気になるのは、ビーチディナー。

マーフシ島でディナーブュッフェを食べると15ドルしますが、この雰囲気で10ドルなら破格な気がします。
実際に食べてないので何が出るかはわかりませんが、カップルや夫婦で行く方には良いかも。

 

そして写真を撮り忘れてしまいましたが、近くの高級リゾートの日帰りツアーに行くこともできます。

モルディブの中でも、この高級リゾートこそ叶わぬ夢だと思ってましたが、泊まりさえしなければかなり簡単に行けちゃうもんらしい笑。

部屋に入れるかは不明でしたが、ランチブュッフェやアルコール飲み放題などがついて大体100ドル前後でした。

 

まとめ

マーフシ島はエクスカーションというツアーが、他の島に比べて破格のようです。
安いから内容がイマイチというわけでなく、上記で紹介したものは最高なツアーでした。

モルディブでいくつか島を回る場合は、マーフシ島でアクティビティをやるのがオススメです!

皆さんもぜひ素敵なモルディブ旅をー!!

【合わせて読みたい】
>>マーフシ島への行き方!!マレ空港から格安フェリーで行く方法を伝授!

>>海外ノマドフリーランスの持ち物大公開!夏仕様のバックパッカーの服装、中身は?

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア