1日で巡るNYの定番スポット!ランチはカッツデリカッセンがオススメ!




ジュリ
どうもジュリ(@jurinagaya)です!!

 

2016.7.2
いよいよニューヨークシティ!!!!!

 

【関連記事】マドリッドからNYへ辿り着くまでの、珍事件はこちら!
>>飛行機って乗り過ごしたことある?そんな時の対処法は?

 

ニューヨークには先輩と友達が遊びにきてくれた!
なんというか、友達って素晴らしいと思えた!!

ニューヨークに着いたのは夜9時頃で、本当は夜ご飯を一緒にと思っていたが、2人もミュージカル鑑賞してて、タイミングが合わず、翌日に備える事にしましたの。

 

今回は私達4人が1日で回った名所を紹介していきます。

 

自由の女神

 

言わずと知れたニューヨークのシンボル。
ここで2人と合流!!

たったの3ヶ月ぶりなのに、やたら興奮。
恐れ多くも、先輩にほんだしとみりんを買ってきてもらった笑。

▲合流直後。感動の再会シーン。

 

まずはチケット購入。

地下鉄の駅を降りたところから、ツアーの客引きが半端ない。

簡単に言うと、短時間でたくさんの場所を回るよーみたいなやつ。
あっちのチケット売り場行くと、すごい並んでて待たされるよー的な。

でも私達は自由の女神の島で、ちゃんと船から降りて見たかったのでお断り。
そして全く並ばず、すんなりチケット購入笑。

 

チケットは

  • 王冠まで登る事のできるチケット
  • もう少し下の部分まで入れるチケット
  • 島に上陸するだけのチケット

と3種類あります。

だた上2つは人数制限があるし、事前に予約しないと到底取れるものではないのです。

私達が行った時も、もちろん売り切れ。
別に登るつもりはなかったので、入場だけのチケット(18ドル)を買ってフェリーを待つ。

バッテリーパーク(Battery Park)からリバティアイランド(Liberty Island)を目指します。

 

その間、2人が持ってきたガイドブックで自由の女神について話してくれた。
豆知識がすごかった笑。

例えば、女神が持っている本の大きさとか、有名足かせの話とか。

やっぱり携帯で色々調べるより、ガイドブックは見やすいしありがたいと実感。

【関連記事】携帯でるるぶが見れちゃうサービスあります!
>>るるぶ電子書籍が無料で読めちゃうサイトを紹介!!電子版サービスを3社比較!

▲いい感じに自由の女神とマンハッタンのビル群が見えます

 

▲遂に到着!

島におりてちゃんと見るのは初めて♪
迫力あったなー!!

 

▲やっぱやっちゃうよねー!!ポーズだけでなく鞄も持ち方も同じ笑。

 

遠くから見れる場所とかたくさん紹介されているけど、行って損はないと思います!!

 

ブルックリン橋(Blooklyn Bridge)

こちらもニューヨークの顔。
マンハッタンとブルックリンをつなぐ橋です!!

ずーっとすぐそこに見えているのに、橋の上に行く入り口がなかなか見つからないと思ったらこんな細い階段を登るみたいでした。

▲わかりづらすぎる橋の上へ行く階段

上に行くと最高の景色が待っていました。
すごく綺麗な橋で、ここから見える景色ももちろん最高です。

 

▲ブルックリン側からマンハッタンと。

 

チャリも一緒なので、それだけがすごく危なかったです。

▲歴史を感じる橋と、現代的な風景

 

▲写真にも熱が入るよねー笑。

 

カッツ・デリカテッセン(Katz’s Delicatessen)

ここは、ゆいちゃんがニューヨーク通に聞いてきてくれたお店!
凄く混んでいて、結構並んだけど行った甲斐があった!

 

▲とりあえずメニュー渡されて待ちです。

▲こちらが有名なパストラミ・サンド

サンドウィッチみたいな感じなんだけど、激ウマ!

パストラミは牛肉の赤身を薫製にしたもものらしい。
薫製にする前に塩漬けして香辛料を加えるから激ウマになるみたい。

 

とにかくすごい量だった!!
ピクルスはセットになっているんだけど、サイズ感謎!!

▲もうちょっと小さく切ってほしいピクルス

 

ここでは、空いているカウンターで注文するんだけどまずシステム分かってないし、人多すぎだし、英語分かんないしで、オーダーも一苦労でした。

▲わかりづらすぎるシステムですが、空いてるカウンターにガンガン入っていって下さい!!

 

入店時にチケットみたいなのもらうんだけど、それもハテナ。

結局注文したものをそこに書かれて、食後にレジでお会計という伝票でした。
多分説明されたんだけど、誰か言ってよ!ってなりました笑。

▲それにしてもネイルもきまってる!さすが!

とにかく料理はボリューム満点!
一人一皿は無理なのでシェアをオススメします!!

205 E Houston St, New York, NY 10002 United States of America

営業時間
月〜木  8:00〜22:45
金    8:00〜0:00
土    24時間営業
日    0:00〜22:45

結構長い時間やってます。

 

トレーダージョーズ(Trader Joe’s)

日本人にも大人気のアメリカのスーパーマーケットです!!!
日本でもここのバッグ持ってる人、よく見かけますね。

私達はお土産とか買わないので、翌日のご飯とか見ていると・・・

 

▲めっちゃ塩買うやん!ってなりました。
この後さらに増え、この店舗にあった同じ種類の塩を買い占めていました笑。

 

あと、このスーパーでは空いているレジが光るとかじゃなくて、自分のレジが空いたスタッフは、自分のレジのナンバーが書かれた札をあげます

▲10番のお姉さんみたいな感じ

 

それを脚立に乗ったお姉さんがチェックして、大声でお客さんに何番に行ってって叫ぶシステム。

 

▲赤白ボーダーソックスのお姉さんが叫んでいます。

ここにいるとスーパーのレジも相当イケてる仕事に思える。

この後たくさん塩も買って、朝から飛ばしたので一度2人のホテルにお邪魔してちょっとお昼寝。

 

五番街

その後五番街へ!

超高級ブランドが並ぶストリートです。
先輩達のホテルの立地が良く、歩いてすぐ。

 

ティファニーのブレスレットを買うか買わないか。

サンローランのかばんを買うか買わないか。

先輩が悩んでたものを一緒に見に行かせてもらいました!

▲いかにもアウトドアなリュックサックでは、なかなか気が引ける笑。

 

私は日本にいる頃から、ハイブランドにそんなに興味はなくて、この時点で3ヶ月旅行して、さらに興味が薄れていた。

アジアを回っている時は、偽物が当たり前で、もはや何十倍もの値段をかけて本物を持つ意味はあるのかと感じてました。
ブランド物には何の意味があるのかと。

スニーカーでもたくさんコピー商品が出ていたけど、現地の人はこれが何かのコピーで本物がある事を、果たして知っているのだろうかと思えるぐらい。

 

でも不思議なもので、やっぱりこーゆーオシャレな街に来ると、影響される。
ニューヨークでは、偽物のサンローランのかばんは、やっぱり持ちたくない。

自分を良く見せたいんでしょうね。
結局、本物のハイブランドを持っている事は、自己満足に過ぎないのですが。

 

アフリカに行けば、プラダの鞄は要らない、でもニューヨークなら要る。
自分の意志なく、その場に流されて生きているような気がした。

もちろんTPOとかってあるし、極端なのは分かっているけど、本当に必要で大切なものなら、アフリカでも必要じゃなくちゃ。

そう考えると本当に必要なものは限られてるんだと思う。

 

飛行機で簡単に世界へ行けるようになって、明らかに世界は狭くなったと思う。
それでも世界の格差は、とても大きい。
だからって何もできないけど、それを肌で感じられたことが本当に良かった。

 

ふと振り返ると、そんな事を思った五番街でした。

エンパイアステートビル(Empire State Building de Nueva York : entada preferente)

私達は夜景が見たかったので夜をチョイス。

展望台に行くまでに1時間ぐらい並んだ気がします。
飛行機に乗るみたいに、荷物チェックとボディチェックがあって、すごく厳重でした。

そして荷物チェックで、このボール怪しまれた笑。

▲向こう側は青っぽい色でこの顔が書かれてます。

普通に外で遊ぶ為に買ったものなんだけど、まぁ冷静に当然。
上に行く時は預かってもらって、帰りに番号札と引き換えに返してくれます。

 

カメラが良くないから綺麗には撮れなかったけど、めちゃめちゃ綺麗でした。

かなり寒かったけど、1人32ドルもしているのです。
簡単に帰る訳には行かないので、頑張って景色堪能。

▲寒さに耐えながら・・・。

 

▲エンパイアステートビルの入り口。何かウケるのは私だけだろうか笑。

 

タイムズスクエア(Times Square)

エンパイアステートビルを出た時点で夜の12時近かった思います。

でも今日は2人のニューヨーク最終日で、帰りの飛行機が、確か朝4時起きしないといけないぐらいの便だったので、寝過ごさないようにずっと遊ぼうって事で夜中のタイムズスクエアへ。

 

パストラミサンドでお腹いっぱいで、夜ご飯を食べてなかった私達はやっとお腹が空いたけど、タイムズスクエアのお店は全て閉まっていた。

やっぱ夜は暗くなるよねーと思いながら、外でホットドッグとスタバ。

▲ここでホットドッグ購入、味あり過ぎ!

これはこれで何だか良かった!!
夜中のタイムズスクエアは人は少ないものの、刺激的だった。

▲さすがに顔疲れてきてます

 

外でお喋りしながらも、ゴロウは街行く人達が履いているジョーダン鑑賞。
このスニーカー大好きおじさん(特にこの時ジョーダンラブ)には天国の街なのだ笑。

さすがに先輩も、めっちゃ靴見るよねとツッコミ。
靴の話はまた書きますねー!!

 

そんなこんなで午前2時ぐらいですかね。
2人は優雅にタクシーで、私達は地下鉄で岐路につきました。

 

▲バイバイ・・・ありがとう・・・気を付けて・・・

 

これで終わりだと思いきや、ここからちょっとした事件。

 

日本だとトイレはコンビニで行けるし、駅にも大体トイレってあって、そう困る事ないんですけど、海外だとコンビニないし駅にもないしで、夜中の地下鉄内でもよおし始めたゴロウの焦り具合笑。

今までも、むしろ日本でもヤバいと思ってからすぐトイレ行かないと本当にヤバいから、こっちも、もうちょっと我慢できるでしょ?とか言いません。

結構すぐ全力でトイレ探すようにはしてるんだけど、今回ばかりは今電車だし。

 

一旦降りて改札まで出たものの、住宅街で完全にない。
さぁどうなったと思います?

もらしてはいません、家まで我慢できた訳でもありません。
となれば残るは1つですね笑。

道端で失礼させていただきました笑。

【関連記事】ちなみに別日にもありました笑。
>>マックで失禁?ニューヨークのど真ん中で起きた3ドルの奇跡

 

皆さんも海外旅行の際はトイレに気をつけてください。
旅行中、ティッシュペーパーはリュックに常備しておく事をおすすめします。

まとめ

さすがはニューヨーク、ニューヨークしてました笑。

この日は友達が合流してくれてたこともあり、かなりハードに色々回りました。
次行った時はブルックリンの方もゆっくり回りたいなーなんて思ったりしてます!

それでは皆さんも素敵な旅を!!

【関連記事】
>>アメリカの国立公園と絶景スポット13選!!レンタカーで周ってみよう!

【関連記事】
>>夫婦半年で世界一周の費用。滞在費一体いくら?【アメリカ編】

トークライブ開催の告知

あなたは毎日ワクワクするような人生を歩んでいますか?

いつか旅をしながら仕事をしてみたい。
好きなことを仕事にしてみたい。
そんなことで悩んでいるあなたのために。

夫婦で自由なライフスタイルを送る2人が「好きを伝えてライフスタイルを変える」

その可能性をお伝えするトークライブイベントを開催します!

あなたの毎日に好きなことを取り入れて、クリエイティブな人生にしてみませんか?



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

<SPONCERD LINK>