モルディブのローカルアイランド「ラズドゥー島」が今アツい!!




ジュリ
こんにちは、日焼けによる肌の乾燥が末期状態のジュリ(@jurinagaya)です

今日もモルディブのローカルアイランドについて紹介です!!
今まで、マーフシ島(Maafushi)とボドルドゥフー島(Bodufolhudhoo)、ふたつの島を紹介してきましたが、本日は3ヶ所目、ラズドゥー島(Rasdhoo)!!

ここは日本では全く馴染みがありませんが、マーフシ島に次ぐ人気ローカルアイランドです!!

たくさんの外国人が来てましたが、まだまだローカル色が根強く残る島でした。
ぜひお早めに!それでは早速紹介していきます!!

ラズドゥー島のアクセス

マレ(Male)からは朝9時にビリンギリターミナル(Villingili)発で、火・木・日にローカルフェリーが出ています。
所要時間は3時間10分で、3.5ドルで行けちゃいます。

スピードボートだと毎日2本、10時と16時にフェリーターミナルから出ています。
NEVIとCoralという2社が運営していて、所要時間は約1時間10分、料金は40ドルです。

私たちはボドゥフルフドフゥー島からラズドゥー島に行ったので、実際には使ってませんが・・・。
どちらの船も体験しました。

個人的には曜日が合えばローカルフェリーがオススメです。
時間はかかるけど、安いし風が気持ちよく結構快適です。

かたやスピードボートは早いですが、かなり揺れが激しく結構気持ち悪いです笑。
あと意外と熱がこもって、さらに体調不良を促してきます。

ちなみに帰りは月・水・土の11時にラズドゥー発でローカルフェリーでマレに帰れます。
スピードボートだと7時半と13時45分発になります。

 

ラズドゥーのビキニビーチ

皆さんご存知、モルディブではビキニで歩ける場所が決まってます。
こんな小さな島でもイスラム教がしっかり根付いていて感心してしまいます。

ラズドゥーのビキニビーチは岩が多めで、草みたいなのがびっしり生えてます。
遠浅でずーっと足がつきます。

ここでは小さなサメや大量の魚たちが見れました。

▲潜らなくても、ばっちり見えちゃいます。

ビキニビーチ自体はとても小さくこじんまりしています。

▲木が生い茂り大部分が木陰になってますが、ここにはすごい数の蚊がいるので要注意!!ビーチチェアは無料で使えます。

 

ラズドゥー島のゲストハウス

ローカル島でもかなり観光地化が進んでるイメージで、ゲストハウスもたくさんありました。

今回泊まったのはこの宿。「 White Cotal Rasdhoo」という所です。
まだ新しい宿で綺麗だったし、スーパー快適でした!!

▲部屋は大きくないですが、木目調で雰囲気もいい!

 

▲バスタブもあって洗面も文句なしの綺麗さ!!

珍しく予約サイトよりも、公式ページの方が安く直接申し込みましたが、1泊朝食付きで40ドル!!

▲朝ごはんは安定のこちらのセット。
(モルディブは全てのローカル島、全てのゲストハウスでこの朝ごはんでした笑。)

この宿は本当にオススメです。
ぜひチェックして見てください!!

ゲストハウスに着くと、ガイドみたいな人を紹介してもらい、ツアーに行く時は彼らに頼むという感じ。

マーフシ島ではホテルで申し込んで、他のホテルで頼んだ人も一緒に同じツアーに参加するという流れでしたが、ラズドゥー島では、1組に1人ガイドが付くといった感じでした。(このホテルにはこのツアー会社と決まってるような感じ。)

彼らも最高だったのて、そういう意味でも「 White Cotal Rasdhoo」要チェックです。

 

ラズドゥー島のエクスカーション

▲この2人がお世話になったガイドさんたち。

それで今回は2つのエクスカーション(ツアー)に参加。
結局シュノーケルってなるとこんなに節約してるのに行ってしまう笑。

1つ目はサンドバンクツアー。
他の島でも行ったし、これはまぁいいかなーと思ってたけど、やっぱり行ってよかった。

▲砂浜と海が一体となってるサンドバンクは息を飲む美しさ。

ラズドゥーのサンドバンクが持つブループールにはたくさんの魚やサンゴ礁がいて、確かにこれはラズドゥーならではだったのかなと思います。

▲色の変わってる青い所が深くなっている、ブループール!!

 

前回はマーフシ島でサンドバンクに行きましたが、これはツアーで回る何ヶ所かに含まれた1ヶ所でした。
今回は1日ここで過ごすというもの。

【関連記事】
>>マーフシ島のエクスカーションで遊び倒そう!シュノーケルや釣りができるツアー紹介!

ここで本を読んだりしてゆったり贅沢な時間を過ごすもよし、サンドバンクを好きに散歩しても良し。
もちろんシュノーケルもできて、餌もくれるので大量の魚と戯れても良し。

何がよかったかって、ガイドのHussainがめちゃくちゃ良いやつで、とにかく写真を撮ってくれる。

▲島に2人しかいないドローン操縦者で、ドローンまで撮ってくれました(有料ww)

 

@maldives_local_adventure

 

@maldives_local_adventure

ただ、良い写真を撮るために少々スパルタなので、相当疲れた笑。
上の2枚は彼が撮ってくれたもののほんの一部!!

ランチも付いて、9時から15時ぐらいまでで30ドルでした。

2つ目はシュノーケリングツアー。

これも迷いました・・・マーフシ島で亀にも会えたし十分綺麗な魚見れたし・・・行くなら大金だけど80ドル払ってマンタ見に行こうか・・・とか。

でも結局そこまでお金が出せなかった我々は、2つのポイントに行くシュノーケルをチョイス。

1ヶ所目ではエイと小さいけどサメ見れました!!
2ヶ所目では大きな亀に会えました!!

亀ってゆっくりに見えて、泳ぐの相当早い。
必死に泳いでも全然追いつけずこれまた相当疲れた笑。

このシュノーケルも、通常リーフ沿いを1回泳ぐだけらしいのですが、この1回で亀に会えなかったので、Hussainがもう少し内側を通って2回目も連れてってくれました。

こんな心遣いもすごく嬉しく、めちゃくちゃ大満足なシュノーケルになりました。
お値段は1人65ドル。

ラズドゥー島のごはん

いくらローカルアイランドとは言え、せっかくモルディブへ来て失敗したくないのがご飯。
ラズドゥー島で食べたレストランをいくつかシェアさせて頂きます!!

1番美味しかったのはこちらのレストラン「Lemon Drop」。

▲2階席が気持ちよかったです。

▲ここではピザしか頼んでないですが、結構本格的なお味でした。(ピザとレモンティーで191ルフィア)

 

逆にあんまりオススメじゃないのがこちら笑。
「Cafe Ole」というお店です。

▲店の雰囲気は良いんだけど、料理が出てくるのがかなり遅いうえにあまり美味しくない。

だからドリンクだけのカフェ利用ならオススメ。

▲こちらが失敗のスープヌードル笑。選んだメニューが悪かったのかも・・・モルディブで麺類(特に汁物)は失敗する傾向にあります笑。

ちなみこのヌードルで55ルフィア。
バーガーセットは65ルフィアでした。

 

あとは島の端っこにあるレストラン「パームシャドー」も中々良かったです。

▲写真には写ってませんが、大きなフラッグが出てるのですぐわかります。

出てくるのも結構早いし、ご飯も美味しかったですが、隣でパスタを頼んでた子供は結構な勢いで残してたのでやめた方がいいかも笑。

▲フライドライスで75ルフィアでした。

▲グリルフィッシュのガーリックバター炒めは85ルピー。絶品!!

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はホテルとガイドにも恵まれて、とっても良いラズドゥー滞在になりました。

彼らも日本人をこの島で見ることはまだまだ少ないから、どんどん呼び込んで欲しいといった感じでした。

私が行った時も多くの場所が工事中で、まだまだゲストハウスやレストランが建てられ、きっとこれから次々と発展するであろうラズドゥー島。

ローカル色も強く、かと言って静かすぎる訳でもなく、とてもバランスがいい島だなーと感じました。
マレからのアクセスも、そこまで遠くないので、モルディブのローカルアイランドを考えられてる方にはオススメです。

あなたも素敵なモルディブ旅をー!!

【関連記事】
>>マーフシ島を貧乏旅行で楽しもう!3日間、2人でたったの3万円でモルディブの海を満喫!!

【関連記事】
>>モルディブのローカルアイランド「bodufolhudhoo」ってどんなとこ?

 

 

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>