寝台バスでジャイプールからジョードプルへの移動。チケット料金と出発時間。




ゴロウ
どうも!夫婦無職の旅人ゴロウ(@havefun_goro)です。

今回はインドの寝台バスに初挑戦してきました!

ジャイプールからジョードプルへの移動です。

今回の記事は

  • チケットはどこで買えばいいの?
  • 乗りごごちはどうなの?
  • 危険じゃないの?
  • 寝台電車と比べてどうなの?

そんな疑問を持たれている方のお役に立てれば幸いです。

それではどうぞ!

 

バス会社の場所と乗り場

今回、僕たちはここのバス会社さんの寝台バスを利用しました。

ヒンドゥー語表記につき、全く読めませんが、会社名は「Karan Maharaja Travels」でした!

場所はココです。

いくつかバスが出発していましたが、係の人が親切に乗るバスまで案内してくれたので安心でした。

 

チケット料金と出発時間

僕たちは宿泊していたゲストハウスで申し込みをしたので、チケットの料金は1人700ルピー(約)支払いました。

多分ちょっと高い気がしたんですが、今回は楽さを優先してお願い。

直接このバス会社さんに申し込みをすればもう少し安くなるかもしれません。

出発時間は22時の便に乗りました!

ゲストハウスの方にはいくつか時間の候補を聞かれたので、ここのバス会社なのか他のバス会社なのかわかりませんが、何便か出てると思います。

 

寝台バスってどんな感じ?

僕たちが実際に乗車した寝台バスはコチラ!

 

中に入ると、下に謎の荷物が敷き詰められていて、その上を靴でガンガン乗り込みます。

一体全体この荷物は何なんだw

 

下段が椅子になっており、上段がフラットになっているので寝ることができます。

僕たちが利用したフラット席はガラス製の窓とカーテンが各寝台部屋に付いていて、プライベート空間は確保できました。

ただ、ガラス窓がバスと揺れとともに少しづつ開いてくるw

冷房が結構効いていたのか?それとも外気なのかわからないですが、冷たい風がスースーと入ってきたのでその辺は目をつぶっておきます。

ちなみに寝台バスだから布団があるかと思いましたが、ブランケットなどのサービスはなかったので各自防寒対策をしっかりしておくと良いです。

僕たちはいつも愛用しているコクーンに包まって寝ました。

▲カバンをサイドに避けてなんとか2人が寝れるスペースは確保できます。

コイツです!

寝台列車と比べてどうなの?

実際インドでの移動をする際にバスで移動するのか?それとも電車で移動するのか?

この2択で迷われる方は結構多いかと思います。

バスのメリット・デメリット

意外かもしれませんが、バスは割と時間が安定しているので予定を組みやすいです。寝台席は仕切り窓とカーテンが付いているので、プライベート空間を作りやすいのもいいところ。

ただ、結構振動が激しいので、デリケートな方はゆっくり寝づらいかもしれません。

あと、トイレが付いてないのでもしもの時は不安ですね!休憩所のトイレも場所によっては結構キツイので特に女性は大変かもしれません。

列車のメリット・デメリット

寝台列車は何よりも雰囲気が楽しいです。日本で寝台列車ってあまりないですしね!

座席で向かい合わせで座るので現地のインド人と自然と喋る流れになるので、交流が楽しい!あと、バスに比べて振動が少ないので、安心して寝れます。

デメリットはとにかく予約を取るのが大変なこと。ネットでの購入はまだやっていないのですが、なかなか大変そうです。基本僕たちは駅の窓口で購入しています。

【関連】コルカタ→バラナシ間のインド列車。予約方法とチケットの見方まとめ

到着場所

到着場所はこの辺りです。

到着時間は朝方6時。周りもまだ暗かったです。

ジョードプルの中心地からは少し離れていますので、オートリキシャーかウーバーなどで向かう必要があります。

その時のオートリキシャーの運ちゃんが150ルピーだったんですが、ウーバーの方が安かったのでウーバーで向かいしました。

ごめんね、運ちゃん!

これを読んでくださった方のお役に立てれれば嬉しいです。

それではまた!ゴロウでした!

【関連】
>>ジョードプルからジャイサルメールに行くバス乗り場の場所と料金

>>旅して生きる方法海外ノマドが実際にしているお金の稼ぎ方5選。

<SPONCERD LINK>















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください