ランカウイ島のおすすめビーチやアクティビティ!ローカルグルメも要チェック!




ジュリ
こんにちは、ビーチ大好きなジュリです!!

今日はマレーシアのランカウイ島について!!

先日ベストシーズンや交通手段についての記事を書きました。

【関連記事】
>>【ランカウイ島】ベストシーズンや移動手段、エリアなど行く前に知りたい情報!!

なので今回は実際の島のビーチやアクティビディについて紹介させて頂きます!
貧乏旅なのでバックパッカーの方も、そうでない方にも参考になると嬉しいです。

ランカウイ島のビーチ

まず初めに私の大好きなビーチについて。
実際に行ったオススメビーチを紹介していきます!!

タンジュンルービーチ

完全に私のオススメナンバーワンです!!

真っ白なホワイトサンドビーチ、からの海、空、緑!って感じです。
ただの綺麗な海ではなく緑と岩山に囲まれた、かなり雰囲気のあるビーチ。

 

▲水中はご覧の通りの透明度

 

▲砂浜は小さな貝のかけら混じりのサラサラサンド。

 

船が行き来してますが、それでも静かで心休まる場所。
ビーチに入る前にほんの少しのお店があるだけで、他には何もありません。

▲木陰から眺めるサンセットは至福のときでした。

 

チェナンビーチ

こちらはランカウイの中で最も人が集まる広いビーチで、アクティビティも盛んです。
砂浜は綺麗ですが、海の透明度は少し・・・

▲体にまとわりつくほどの小粒サラサラサンド。

もちろん泊まるホテルによりますが、タンジュンルービーチに比べアクセスはいいので、気軽にビーチでゴロゴロしたいなーという時にはオススメです。

 

ランカウイ島のアクテビティ・ツアー

ランカウイでは自然に触れられるたくさんのアクテビティやツアーが用意されていました。
ここにはあげてませんが、近くの他の島を巡れるアイランドホッピングや、ゴルフもできるみたいでしたよ!

ケーブルカー

1番の見所と言ってもいいかもしれません。
こちらは、オリエンタルヴィレッジというテーマパークの中にあります。

▲テーマパークというと少し大袈裟ですが・・飲食店やお土産やさんが並び、メインはケーブルカーです!

ケーブルカーで登った先には、スカイブリッジと言って吊り橋を渡ることもできるそう!
値段は、大人55リンギット(約1500円)でした!

▲とにかくすごい行列、私は上ってないので残念ながら上の写真はありませんが・・・

 

マリンスポーツ

マリンスポーツは、主にチェナンビーチで楽しめます。
ジェットやパラセーリングなどなど一通り揃っている感じでした!

ちなみにランカウイ島でお友達になった人が、パラセーリングを見ながらとビーチを歩いてたら、パラセーリングのロープが腕にこすれてすごい擦り傷になってたので、気をつけてください!!

 

ジャングルツアー

カヤックでジャングルを回るツアーや、マングローブのクルーズなど。
ちょうど写真の木々の中を行く感じです。

トレッキングの看板も見ました。

自然が多く残された島だからこそ、日本ではできない体験が待ってそうですね!!

 

おまけ:バックパッカーの皆さんへ

結局有料アクティビティを1つもやっていない私笑。
やっぱりバックパッカーは楽しめないんじゃん?と思っているそこのあなたへ。

これを書いてる私もバックパッカーです。
なので私が経験したお得な情報を少しだけ。

まず宿について。
今回私たちが泊まったのは、パンタイチェナンエリアのBackstreet Monkey Backpacker Hostelという場所。

▲ここについた時は正直焦りました笑。

 

ドミトリータイプなら、1人1泊19リンギット
24時間食パン食べ放題。
熱湯もいつでもフリー。(水もあるけど結構熱めのお湯が出ちゃうw)
シャワーはいい感じのお湯。
あとは働きながら住めて多少のお給料がもらえちゃうシステムもやってました。

何より、部屋に窓がないとかベッドがうるさいってのはあったけど、泊まってる人達が素敵。
中にはうるさいって口コミもあったけど、すごくいい雰囲気でした!(地図上青のポイント!)

 

 

次はご飯について。

マレーシアの料理はインド系や中華もミックスして結構美味しいです。
ミーゴレン、ナシゴレンやカレー、ナンみたいなのもたくさんありました。

 

安いところで一皿10リンギット前後ですが、もしレンタルバイクを借りたならばぜひ行って欲しい場所が!(赤のポイント、上の方)

ケーブルカーの近く、少し外れた場所にありますが、お母さんがご飯をよそってくれてあとはセルフでおかずを盛り付けるシステムの店。

 

▲こんなに盛って5リンギットでした。(1種類だけにしたからかもですが)
美味しいご飯を安く抑えられて時の興奮てやばいですよねw

 

あと、パンタイチェナンエリアのメインストリート沿いにも安いお店があります。(赤のポイント、下の方)
ミーゴレンが5リンギットで食べられます。

▲わかりづらいですが、青い光の店の向かって右隣の店です!!

 

▲6リンギットのナシゴレンアヤム(アヤムはチキン)もオススメ!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランカウイ島は良くも悪くも自然が魅力の静かな島です。

 

なので、もし賑やかで派手なのがお好みの方には少々つまらない場所だと思う、というのが率直な感想。
その反面ゆっくりしたい、リゾートで穏やかな時間を過ごしたいという方にはとてもオススメ。

また見てもらってわかるように、自然をより満喫するにはツアーに参加する必要があります。

なので免税で安いとは言え、そういったアクティビティに結構お金がかかるなというのも感じたことの1つです。(もちろん参加しなくても、ランカウイ島の自然は十分満喫できますが!)

個人的には家族やゆっくりしたいカップルにはオススメ、友達同士ならちょっと静かすぎるかも・・・といったところです。

 

皆さんも自分の旅スタイルを考えて次の旅行先を決めてくださいね!
それでは皆さんも素敵な旅をー!!

【関連記事】
>>【ランカウイ島】ベストシーズンや移動手段、エリアなど行く前に知りたい情報!!

【関連記事】
>>ランカウイ島からペナン島まで激安で行く方法!フェリーの半額!!

 

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>