次の旅先は自然と遊べる心休まる島、ランカウイ島で決まり!?

<SPONCERD LINK>













ジュリ
こんにちは、夫婦で世界の島巡りをしてますジュリです!!

今日はマレーシアのランカウイ島を紹介したいと思います。

 

日本ですごく知名度が高い印象はありませんが、マレーシアの中では有名な観光地で自然の詰まったネイチャーリゾート・アイランド!!

アンダマン海にあるこの島は、タイからも近く私達はタイからランカウイ島に入りました。

 

人によっては少し物足りないかもしれませんが、とても心休まる静かな場所。
アジア特有のビーチでの物売りも禁止されているので、ゆっくり過ごせます!

そんなランカウイ島についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

 

ランカウイ島の魅力

免税アイランド

まずは何と言ってもこれです!!
間接税の廃止により、税金の高いお酒やタバコに税金がかかりません。

1ヶ月で1人が買える量には制限がありますが(タバコ:3カートン、酒類:5リットル)旅行で行くには十分な量かと思います。

なのでショッピングを楽しみたい方、お酒好きな方にはオススメの島です。

 

残された大自然

ランカウイ島はバイクで3時間ちょっとあれば一周できちゃう小さな島です。

この島の中で開発が許された地域は全体の35%以下
その為、ランカウイ島には綺麗なビーチはもちろん、マングローブや熱帯雨林ジャングルが多く残っています。

ジャングルツアーやトレッキングなどのツアーも多く用意されてたので、自然大好きな方にもオススメな島です。

 

数多くの高級リゾート

ランカウイ島には目移りして決められないほど、名だたる高級リゾートが建ち並びます。
残念ながら私たちは泊まってませんが、リゾートでゆっくりするというのも楽しみの1つですね。

ただし、高級リゾートエリアの周りには何もありません。
綺麗なホテルの中でゆっくりする、ということを楽しめない人には少々物足りないかもしれません。

 

ランカウイ島のベストシーズン

乾季の12月〜5月がオススメ!!
その中でも1月〜3月が最も晴天率が高くなり、年間で1番暑い時期になります。

雨季は6月〜1月ですが、1日中雨が降り続けることは少なく朝晩のスコールが多いです。

年間平均気温は27℃で、1年を通しての温度差は少なく温暖な気候が続きます。

島に行くにはベストシーズンはとても大切です!
なるべくハイシーズンの乾季を狙っていきましょう。

 

ランカウイ島のエリアマップ

 

①クアタウン

フェリーでランカウイに入る時の玄関口になります。
地元の人の生活エリアが広がり、割とローカルな雰囲気。

ランカウイは地元の言葉で「ラン=鷹」「カウイ=大理石」を意味するそうで、クアエリアにある鷹のモニュメントはすごいので一見の価値あり!!

 

②パンタイチェナン・バンタイテンガーエリア

観光の主な拠点。
バックパッカー向けの安宿が集まる場所でもあり、ビーチアクティビティのできる最も広いビーチが広がるのもこのエリア。

 

観光客向けのレストランや、お土産やさんも多く、レンタルバイクのお店も多い!!

 

③バンタイコックエリア

参照:一休.com

 

島内で最も有名な観光スポット、ケーブルカーがある場所。

また世界中から自前クルーザーで訪れた人たちの船が並んでいます。
このエリアにはリッツカールトンホテルもあります。

 

④タンジュンルーエリア

北部の高級リゾートエリア(フォーシーズンズはここ!)で、ここのビーチは本当に綺麗でした。
またマングローブもあるので、ここからマングローブツアーに出ることもできます。

またサンセットポイントとしても申し分ないロケーションでした。

 

 

ランカウイ島の移動手段

この島では電車やバスなどは走っていないので、タクシーレンタルバイクになります。

タクシー

タクシーは基本的にはこのエリアからこのエリアだといくら、というように料金が決められていました。
例えば、フェリー乗り場(クアエリア)からパンタイ・チェナンエリアまで30分ほどで1台30リンギット(約900円)

あとは配車アプリのUBER(ウーバー)、GRAB(グラブ)もあったので、事前に日本から登録して行くと便利でしょう。

 

レンタルバイク

レンタルバイクは35〜50リンギットで借りられます。

24時間ではなく、その日中に返却すると少し安くなります。
もちろん車種によっても全く異なります。

またガソリンは借りた時と同じ量にして返却します。

これはたまたまだったと思いますが、まさかの国際免許証が使えないと言われました!
車だけで、バイクOKと書いてないと。

 

他の店では日本の免許証と、デポジットパスポートで借りられました。
しかしマレーシアでは基本的に国際免許証が求められることが多いので、準備して行くことをオススメします。

 

ランカウイ島のビーチ

タンジュンルービーチ

 

完全に私のオススメナンバーワンです!!

真っ白なホワイトサンドビーチ、からの海、空、緑!って感じです。
ただの綺麗な海ではなく緑と岩山に囲まれた、かなり雰囲気のあるビーチ。

 

▲水中はご覧の通りの透明度

 

▲砂浜は小さな貝のかけら混じりのサラサラサンド。

 

船が行き来してますが、それでも静かで心休まる場所。
ビーチに入る前にほんの少しのお店があるだけで、他には何もありません。

▲木陰から眺めるサンセットは至福のときでした。

 

チェナンビーチ

こちらはランカウイの中で最も人が集まる広いビーチで、アクティビティも盛んです。
砂浜は綺麗ですが、海の透明度は少し・・・

▲体にまとわりつくほどの小粒サラサラサンド。

もちろん泊まるホテルによりますが、タンジュンルービーチに比べアクセスはいいので、気軽にビーチでゴロゴロしたいなーという時にはオススメです。

 

ランカウイ島のアクテビティ・ツアー

ランカウイでは自然に触れられるたくさんのアクテビティやツアーが用意されていました。
ここにはあげてませんが、近くの他の島を巡れるアイランドホッピングや、ゴルフもできるみたいでしたよ!

ケーブルカー

1番の見所と言ってもいいかもしれません。
こちらは、オリエンタルヴィレッジというテーマパークの中にあります。

▲テーマパークというと少し大袈裟ですが・・飲食店やお土産やさんが並び、メインはケーブルカーです!

ケーブルカーで登った先には、スカイブリッジと言って吊り橋を渡ることもできるそう!
値段は、大人55リンギット(約1500円)でした!

▲とにかくすごい行列、私は上ってないので残念ながら上の写真はありませんが・・・

 

マリンスポーツ

マリンスポーツは、主にチェナンビーチで楽しめます。
ジェットやパラセーリングなどなど一通り揃っている感じでした!

ちなみにランカウイ島でお友達になった人が、パラセーリングを見ながらとビーチを歩いてたら、パラセーリングのロープが腕にこすれてすごい擦り傷になってたので、気をつけてください!!

 

ジャングルツアー

カヤックでジャングルを回るツアーや、マングローブのクルーズなど。
ちょうど写真の木々の中を行く感じです。

トレッキングの看板も見ました。

自然が多く残された島だからこそ、日本ではできない体験が待ってそうですね!!

 

おまけ:バックパッカーの皆さんへ

高級リゾートがどうなの、ツアーがどうなの言われて、バックパッカーの自分が楽しめるはずもないと思っているそこのあなたへ。

これを書いてる私もバックパッカーです。
なので私が経験したお得な情報を少しだけ。

まず宿について。
今回私たちが泊まったのは、パンタイチェナンエリアの「Backstreet Monkey Backpacker Hostel」という場所。

▲ここについた時は正直焦りました笑。

 

ドミトリータイプなら、1人1泊19リンギット
24時間食パン食べ放題。
熱湯もいつでもフリー。(水もあるけど結構熱めのお湯が出ちゃうw)
シャワーはいい感じのお湯。
あとは働きながら住めて多少のお給料がもらえちゃうシステムもやってました。

何より、部屋に窓がないとかベッドがうるさいってのはあったけど、泊まってる人達が素敵。
中にはうるさいって口コミもあったけど、すごくいい雰囲気でした!(地図上青のポイント!)

 

 

次はご飯について。

マレーシアの料理はインド系や中華もミックスして結構美味しいです。
ミーゴレン、ナシゴレンやカレー、ナンみたいなのもたくさんありました。

 

安いところで一皿10リンギット前後ですが、もしレンタルバイクを借りたならばぜひ行って欲しい場所が!(赤のポイント、上の方)

ケーブルカーの近く、少し外れた場所にありますが、お母さんがご飯をよそってくれてあとはセルフでおかずを盛り付けるシステムの店。

 

▲こんなに盛って5リンギットでした。(1種類だけにしたからかもですが)
美味しいご飯を安く抑えられて時の興奮てやばいですよねw

 

あと、パンタイチェナンエリアのメインストリート沿いにも安いお店があります。(赤のポイント、下の方)
ミーゴレンが5リンギットで食べられます。

▲わかりづらいですが、青い光の店の向かって右隣の店です!!

 

▲6リンギットのナシゴレンアヤム(アヤムはチキン)もオススメ!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランカウイ島は良くも悪くも自然が魅力の静かな島です。

 

なので、もし賑やかで派手なのがお好みの方には少々つまらない場所だと思う、というのが率直な感想。
その反面ゆっくりしたい、リゾートで穏やかな時間を過ごしたいという方にはとてもオススメ。

また見てもらってわかるように、自然をより満喫するにはツアーに参加する必要があります。

なので免税で安いとは言え、そういったアクティビティに結構お金がかかるなというのも感じたことの1つです。(もちろん参加しなくても、ランカウイ島の自然は十分満喫できますが!)

個人的には家族やゆっくりしたいカップルにはオススメ、友達同士ならちょっと静かすぎるかも・・・といったところです。

 

皆さんも自分の旅スタイルを考えて次の旅行先を決めてくださいね!
それでは皆さんも素敵な旅をー!!

 

【お近くの島・タイのスリン島情報】
>>スリン島でのピースフルなライフスタイルを紹介します!!

【パーティー好きにはこちら!!】
パンガン島フルムーンパーティーの楽しみ方や注意点、2018年の日程も!

<SPONCERD LINK>













夫婦ブロガー相談室開催中!

こんな方を応援してます!

  • 好きなことを活かして生きていきたい!
  • 世界一周してみたい!
  • ブログを初めてみたい!

旅しながらブログを書くことで月収10万稼ぐ夫婦が、あなたが好きなことで生きていけるために相談にのります。
現在5名の方のブログ相談に乗ってきました!
あなたも、僕たちと一緒に好きなことで生きていきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA