【ランカウイ島】ベストシーズンや移動手段、エリアなど行く前に知りたい情報!!

ジュリ
こんにちは、夫婦で世界の島巡りをしてますジュリです!!

今日はマレーシアのランカウイ島を紹介したいと思います。

 

日本ですごく知名度が高い印象はありませんが、マレーシアの中では有名な観光地で自然の詰まったネイチャーリゾート・アイランド!!

アンダマン海にあるこの島は、タイからも近く私達はタイからランカウイ島に入りました。

 

人によっては少し物足りないかもしれませんが、とても心休まる静かな場所。
アジア特有のビーチでの物売りも禁止されているので、ゆっくり過ごせます!

そんなランカウイ島についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

ランカウイ島の魅力

免税アイランド

まずは何と言ってもこれです!!
間接税の廃止により、税金の高いお酒やタバコに税金がかかりません。

1ヶ月で1人が買える量には制限がありますが(タバコ:3カートン、酒類:5リットル)旅行で行くには十分な量かと思います。

なのでショッピングを楽しみたい方、お酒好きな方にはオススメの島です。

 

残された大自然

ランカウイ島はバイクで3時間ちょっとあれば一周できちゃう小さな島です。

この島の中で開発が許された地域は全体の35%以下
その為、ランカウイ島には綺麗なビーチはもちろん、マングローブや熱帯雨林ジャングルが多く残っています。

ジャングルツアーやトレッキングなどのツアーも多く用意されてたので、自然大好きな方にもオススメな島です。

 

数多くの高級リゾート

ランカウイ島には目移りして決められないほど、名だたる高級リゾートが建ち並びます。
残念ながら私たちは泊まってませんが、リゾートでゆっくりするというのも楽しみの1つですね。

ただし、高級リゾートエリアの周りには何もありません。
綺麗なホテルの中でゆっくりする、ということを楽しめない人には少々物足りないかもしれません。

ランカウイ島のベストシーズン

乾季の12月〜5月がオススメ!!
その中でも1月〜3月が最も晴天率が高くなり、年間で1番暑い時期になります。

雨季は6月〜1月ですが、1日中雨が降り続けることは少なく朝晩のスコールが多いです。

年間平均気温は27℃で、1年を通しての温度差は少なく温暖な気候が続きます。

島に行くにはベストシーズンはとても大切です!
なるべくハイシーズンの乾季を狙っていきましょう。

 

ランカウイ島のエリアマップ

 

①クアタウン

フェリーでランカウイに入る時の玄関口になります。
地元の人の生活エリアが広がり、割とローカルな雰囲気。

ランカウイは地元の言葉で「ラン=鷹」「カウイ=大理石」を意味するそうで、クアエリアにある鷹のモニュメントはすごいので一見の価値あり!!

 

②パンタイチェナン・バンタイテンガーエリア

観光の主な拠点。
バックパッカー向けの安宿が集まる場所でもあり、ビーチアクティビティのできる最も広いビーチが広がるのもこのエリア。

 

観光客向けのレストランや、お土産やさんも多く、レンタルバイクのお店も多い!!

 

③バンタイコックエリア

参照:一休.com

 

島内で最も有名な観光スポット、ケーブルカーがある場所。

また世界中から自前クルーザーで訪れた人たちの船が並んでいます。
このエリアにはリッツカールトンホテルもあります。

 

④タンジュンルーエリア

北部の高級リゾートエリア(フォーシーズンズはここ!)で、ここのビーチは本当に綺麗でした。
またマングローブもあるので、ここからマングローブツアーに出ることもできます。

またサンセットポイントとしても申し分ないロケーションでした。

 

ランカウイ島の移動手段

この島では電車やバスなどは走っていないので、タクシーレンタルバイクになります。

タクシー

タクシーは基本的にはこのエリアからこのエリアだといくら、というように料金が決められていました。
例えば、フェリー乗り場(クアエリア)からパンタイ・チェナンエリアまで30分ほどで1台30リンギット(約900円)

あとは配車アプリのUBER(ウーバー)、GRAB(グラブ)もあったので、事前に日本から登録して行くと便利でしょう。

 

レンタルバイク

レンタルバイクは35〜50リンギットで借りられます。

24時間ではなく、その日中に返却すると少し安くなります。
もちろん車種によっても全く異なります。

またガソリンは借りた時と同じ量にして返却します。

これはたまたまだったと思いますが、まさかの国際免許証が使えないと言われました!
車だけで、バイクOKと書いてないと。

 

他の店では日本の免許証と、デポジットパスポートで借りられました。
しかしマレーシアでは基本的に国際免許証が求められることが多いので、準備して行くことをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
ランカウイ島は行く人によってはすごく静かに感じる島でした。

もちろん言い換えばゆっくりできる島。
みなさんもぜひ免税アイランドを楽しんで来て下さい!!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア