シンガポールに行けないバックパッカーはジョホールバルからバスで行こう!

ジュリ
こんにちは、ジュリです。

本日はマニアックな記事です笑。
お金持ちの方には完全に用無しの記事です!

すでにこんなの読む人いるのかなと思ってますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

今日は「お金がないけど、シンガポールに行きたいあなたへ」というお題です。

シンガポールは行けないと思ってるバックパッカーって多いと思うんですよね。

確かに物価が高いから。
1番は何と言っても宿代ですよね・・・1泊1500円程度しますからね。

私たちは夫婦で旅してたので1泊3000円はかなりの痛手です。

そこで今日は、マレーシアのジョホールバルからシンガポールに遊びに行くという技を紹介します!

ジョホールバルってどこ?

響きはいい感じですよね、ジョホールバルって!!
ここはマレーシアの先っちょで、バスで簡単にシンガポールに行けちゃう街です。

橋1つ渡ってしまえばもうシンガポールなのです。

そう!
もうお分かりの通り、ジョホールバルに滞在しつつ、シンガポールに行くというなんともケチな手作戦です笑。

▲向こう側がシンガポール!!

ジョホールバルはマレーシアですから、物価は半分以下です。
逆にこんなに近いのに、なんでこんなに差があるのか不思議なくらいです。

凡人にとって、ジョホールバルは結構何にもない街です笑。
でもこのあと紹介する宿がかなり居心地いいので、いい感じに過ごせます。

ただお金持ちにとっては、シンガポールという先進国に近い、でも物価が安いという点で注目の場所みたいです。これからきっと開発が進むんでしょうね。

ジョホールバルからシンガポールへのバス

もちろん国境を越えるのでパスポートが必要です。
ちゃんとスタンプも押してもらいます。

現地の人もマレーシア人はシンガポールへ働きに、シンガポール人はマレーシアへ買い物へ。
シンガポールの学校へ通ってるマレーシア人の子供もいました。

みたいな感じでこの間の行き来はすごく激しいです。

つまり時間帯によってはイミグレが大混雑しかなり時間がかかります。

ただバス一本なのでやること自体は簡単。(途中で入国がるのでちょっと面倒ですが)

バスの料金

シンガポールとジョホールバルを結ぶバスは2社あります。

  1. コーズウェイリンク→黄色
  2. JBエクスプレス(星柔快車)→赤色

コーズウェイリンクの料金表は下記のようになってます。

▲ジョホールバルからシンガポール行き。メインのクイーンズストリートまでだとキャッシュで3.4RM(約100円)

 

▲シンガポールからジョホールバル行き。同じルートで3.3SGD(270円)。

国が違えばもちろん通貨が違うのでややこしいですね。
マレーシアから出るほうが当然安い、これも不思議なもんです。

▲シンガポールからジョホールバルに帰るときなぜか3.5SGDになってた笑。
よくわからんけど安いからおっけー!!

赤色のJBエクスプレスの料金表は撮り忘れましたが、金額の差はなく2社が時間をずらして交互にバスを出してるような感じでした。

▲JBエクスプレスでジョホールバルに帰るときも3.3SGDでした。

バスの乗り方

それでは早速ジョホールバルからシンガポールへの行き方を説明します。

ジョホールバルの乗り場はJBセントラルです。
バスに乗る前にまず出国審査です。

▲大きな駅ですが正面からグングンWoodlandsめがけて進みます!

 

▲青色のWoodlands行きへ進みます!

 

▲安定のWoodlands行きです。

このウッドランズって何?って感じですが、シンガポールの地名です。
ずっと木のなんかだと思ってました笑。

この後時間によってはすごく長蛇の列ができてますが、出国審査をすませます。

▲出国審査のあとはこんなゲートを進みます。

 

▲階段を降りるとバス停になってますので、バスに乗り込みます。

 

▲金額は3.4RM。これはこの後も使うので無くさないように持っててください!!

 

▲橋を渡ればシンガポールなので、荷物を全部持ってバスを降り、次は入国審査です。

 

▲入国審査を終えたら先ほどのチケットと同じ会社のバスに乗ります。
同じバスに乗らなくても大丈夫で、同じ会社に乗ればおっけーです。

レーンごとに分かれてますので、並んで待ちます。

▲今回の場合だとCW2のレーン、CW1はクランジ駅行きです!

 

▲ここから30分ほどバスに揺られれば到着。

 

▲こちらがシンガポール・クイーンズランドのバスターミナルです。

ジョホールバル格安宿「Memory GuestHouse JB」

最後にジョホールバルでオススメの宿を紹介させていただきます!

すごく綺麗ってわけではありませんが、この値段でこんなに行き届いた宿はないんじゃないかと思うぐらい!

お父さんと息子さんでやってるアットホームで旅人思いの宿でした。
居心地良すぎて、もはや住んでる謎のおっさんがたくさんいました笑。

▲彼が息子さんのガン。

金額は1人1泊23RM(635円)!!
キッチンも冷蔵庫もあるし、近くに美味しいご飯屋さんもミニマートもあってシャワーもお湯。

▲通路にベッドが並べられる面白いつくりw
でもカーテンはちゃんとクリップで止められるようになってる。さりげなく嬉しい!

 

▲枕元に棚と、タコ足のコンセント、マイコップ、タオルまでついてる!

 

▲個室に泊まった時は2人で1470円。この広さかと思ったら・・・

 

▲ここも使っていいよってなった笑。(同じ部屋でカーテンで仕切るようになってる)
つまり4人部屋を2人で使わせてくれたのです。

この家の中にクーラーはないけど、扇風機が大量にあるので大丈夫!
限界の時はデパートに行きましょう!

▲外がリビングみたいな感じ、キッチンも外。コーヒー紅茶は飲み放題!

写真よりだいぶ良い宿でした。

▲可愛いんだけど猫アレルギーの人は辛いかも・・・。

まとめ

バックパッカーの誰か1人でもこの記事を読んでくれてたら本当に嬉しいです笑。
それぐらい切ない記事です。

だってシンガポールに泊まれば早い話ですから笑。

シンガポールは確かにめちゃめちゃいい街でした!
でもジョホールバルにも愛着が湧いてくると思いますよ!!

人もすごく素敵な街だったので。

あと、日本という島国ではなかなか味わえないことだし、ベトナムからカンボジアに陸路で渡るのとはまた違って、二カ国間の差を肌で感じられるのでオススメです!

というわけで皆さんも素敵な旅をー!!

【関連記事】
>>ノマドに快適なクアラルンプールの宿から世界遺産の街マラッカへ移動。

【関連記事】
>>外貨の両替はどこがお得?クレカの海外キャッシングがオススメな理由。

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア