【セブ】 ランタウフローティングレストランの予約は日本語でもできるのでオススメ!

ジュリ
こんにちは、ジュリです。

今日はセブ・マクタン島のおすすめご飯屋さん「Lantaw」をご紹介!
正式名称は「ランタオ・フローティング・ネイティブ・レストラン」長い!!

セブには全部で3店舗あるらしく、セブ市内に2店舗と、今回私たちが行ったコルドバ店(マクタン島)。

私はコルドバ店しか行ってないけど、水上コテージでめちゃめちゃいい感じだったのでおすすめです!
それでは早速紹介していきます。

実際に行った日の日記はこちら
>>栗林さん、ゆいちゃんありがとうツアー第2弾!inセブ島

Lantaw コルドバ店の雰囲気

水上コテージという話をしましたが、天気が良ければ綺麗なサンセットが拝める特別スポットでもあります。

長い橋を渡った先にお店の入り口があり、この日はなんだかすごい人でした!
地元の人もたくさん来るみたいで、大人数で誕生日会などしてたので、ちょっとリッチな日に来るところなのかも。

▲少し雲はかかっているけど綺麗なサンセットが見れました。

 

席は大人数用の個室みたいなコテージと、屋根なしのちょっと雰囲気いい感じのテーブル、あとは地元のレストラン感漂う席。

▲こちらが個室みたいな大人数用コテージ。

 

▲ちょっと暗いけど、おしゃれなテーブル席。

 

▲庶民のレストランぽいけど、席数多めで賑わってます。

私たちは幸運にも地元レストランの中でも、サンセット側の角の席に座ることができ大満足となりました!

 

Lantawのメニュー

いくら雰囲気がいいとはいえ、料理がまずければ話になりません。

でも個人的には大満足のご飯でした。
正直フィリピン料理をいまいち好きになれずにいましたが、ランタオは美味しかった!

フィリピン料理の嫌なところの1つに、ご飯が出てくるのが遅いっていうのもあったんですが、それもなくスムーズ。
安いし、量も多くて、味もよし!!

実際に頼んだものはどれも美味しかったので紹介させていただきます。

▲コルドバエクスプレス(145ペソ)ランタオの名物料理でココナッツの実も入っていて美味しかった!!ココナッツの器に入ってます。

 

▲adobong kangkong(80ペソ)空心菜の炒め物、安すぎです!!

 

▲buttered chicken(150ペソ)鳥の唐揚げ、一皿5ピース。

 

▲spicy scallops(148ペソ)ベビーホタテの前菜、そこまで辛くなかったです。

 

▲lechon kawaii(185ペソ)豚肉を揚げたもの、めちゃめちゃ美味しかったです!

 

▲ガーリッスライス ハーフ(100ペソ)4人でハーフを頼みましたが十分!5人以上なら普通サイズでいいかも。

 

▲tuna belly(175ペソ)マグロのステーキ、食べちゃってますがもう少し大きいです。

とにかくどれも美味しい!
ハズレがないという印象です!!

4人で1850ペソだったので、1人1000円もせずにお腹いっぱい食べられました。

詳しいメニューはこちらからどうぞ!!
>>Lantawのメニュー

Lantaw Floating Native Restaurant コルドバ店の場所

地図で見ていただくとわかる通り、結構離れています。
これがなかなかのくせものですが、行く価値ありです!!

私たちはマリバゴウォーターフロントからメータータクシーで行きましたが、所要時間は約40分、310ペソでした。

 

Lantaw Floating Native Restaurant コルドバ店からの帰り方

帰りはタクシーが捕まらないから待たせるといいという記事をたくさん読みましたが、この値段が高い!

ホテルで呼んでもらったタクシーでしたが、私たちの行き先を知って車内で早々待つよ〜という交渉。運ちゃんも知ってますねー。

最初は英語がよくわかんなかったから安いと勘違いしてたけど、待つなら3000ぺソだと言っていたのです。
4人で乗って4で割るにしても高すぎです。

というわけでこちらはお断り。

そのタクシーを降りた時、他のタクシーの運ちゃんが「3000なんてありえんよ!帰りもここにいっぱいいるから大丈夫」みたいなこと言ってました!

で、帰り、たくさんいるタクシーの運ちゃんにマリバゴまでの値段を聞くと2000!
ここまで300で来たのに悔しい。

とういうわけでこちらもお断り。

地元民の乗り物で帰ることにしました!!しかもチャリとバイクを乗り継いで!
でもこれ、せっかくだからこんなのも経験してほいしいし、なかなかいいもの!

まずは大きな交差点までチャリ(ペディキャブという名の人力三輪車)で、1台60ペソ。
4人で2台だったので120ペソ。

▲こちらがペディキャブです!

そこからこれのバイクバージョンに乗り換えて、ホテルまで4人で200ペソ。(大きい人がいるとキツイかも・・・)
合計320ペソで行きのタクシーとほぼ同じ値段で帰ることができました。

時間も1時間ぐらいだったので、そこまで大差はありません。
しかも気持ちいい風に当たりながら、いい経験ができたので皆さんもぜひ!

 

Lantaw Floating Native Restaurantの予約

私たちは夕日も見れる時間にと思い5時半過ぎぐらいに到着しました。
前に3組みほど待っていて、お店に入れたのは6時頃でした。

大した待ち時間ではなかったので良かったですが、帰りはすごい人だったのでできたら予約をオススメします!

私たちは、ホテルでタクシーを頼んだ際に、フロントで予約できるか聞いてもらいましたが、その日の予約分は既に埋まっていて、あとは来た人順に案内していくというものでした。

なので当日ではなく、事前に予約できたら1番ベストですね。

英語での予約はネットからもできるみたいです。

英語で予約ができるか心配という方は、グルヤクからの予約ですと日本語で予約ができるので安心ですよ!

(※ご来店1ヶ月前よりの予約受け付けになります。)

 

ちなみに当日待つ人のために、お店の受付にスープが用意されてました。
こんな心遣いもなんだか嬉しいです。

▲飲んでないので何味かは不明w

 

Lantaw店舗情報

住所:Day-as Cordova, Mactan, Cebu, Philippines
電話番号:(032) 514 2959
営業時間: 月〜木: 10:00 am – 10:00 pm
      金・土: 10:00 am – 11:45 pm
                   日: 10:00 am – 10:00 pm

 

まとめ

いかがでしたか?

場所は少しだけ不便ですが、安くて美味しいオススメの店です。
他の店舗も雰囲気が良さそうだったので、そちらにも行ってもう一度ここのご飯を食べたいぐらいでした。

とにかく量が多いのでくれぐれも頼みすぎには注意してください。

それでは皆さんも素敵な旅を!!

 

【関連】
>>【体験レポ】セブのアイランドホッピング定番はナルスアン島&ヒルトゥガン島!

【関連】
>>《セブ島動画》ソニーα6000・MavicPro使用!モデルがいいと動画もいい!

 

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア