パタヤ→チャーン島→バンコクの行き方(バス+船編)を解説!

ジュリ
こんにちは、島好きなジュリです!!

今日はタイで最後の楽園と称賛される、チャーン島の行き方を紹介します。

チャーン島は日本ではあまり馴染みがないからか情報が少なく、島自体についても、もちろん行き方などについても調べるのにとても苦労しました。

でもこのチャーン島、実際に行ってみて個人的にはめちゃめちゃ大好きな場所でした。
なのでぜひ皆さんにも行ってもらいたいなと思います。

わかりやすく「島の情報」「行き方」について記事を分けて情報をシェアさせていただきます。

「島の情報」については、すでに別の記事にて紹介していますのでそちらをご覧ください!!

【関連記事】合わせて読みたい!
>>島ツウが教えるタイの離島「チャーン島」の穴場スポット・ビーチまとめ

 

パタヤからチャーン島の行き方

今回は行きはパタヤからチャーン島帰りはチャーン島からバンコクに向かったので実際に私が使ったルートを紹介させて頂きます。

バンコク ー チャーン島
パタヤ ー チャーン島

の参考になれば嬉しいです!!

パタヤからはツアーがベスト

自力で行こうと思えば行けるみたいですが、パタヤからはツアーで行くのが良さそうです。

私たちはパタヤのジョムティエンビーチという中心地からは少し離れたところに泊まりましたが、ちゃんとツアーデスクがあり、そこで申し込みました。

 
乗り物:ミニバン(ホテルまでお迎え)/船 + チャーン島の港から宿
料金:600バーツ +100バーツ前後
時間:5時間〜6時間

チャーン島まではもちろん船に乗る必要があります。
港までのミニバンと船がセットで600バーツです。

パタヤの宿からミニバンでアーオタマチャート港まで

▲SANDY TOURで8時に出発でした!

 

▲お迎えはこちらのミニバン。

 

出発して1時間半くらいして休憩がありました。

▲休憩時間は20分程度です。

 

アーオタマチャート港から船に乗り込む

約4時間半後、12:40頃に港に到着です。
ここは車から降りて歩いて船に乗り込みます。

ここで注意ですが、港に着いて船に乗る前にお姉さんがホテルまでの足はあるかと聞いてきます。

600バーツはチャーン島に行くまでの値段で、そこからホテルに行くまでのタクシー代は含まれていません。

 

もちろんないので「ない」と答えるとロンリービーチ付近だと1人150バーツで、乗って来たようなバンでホテルまで送るサービスがあるよとオススメしてくれます。(ホワイトサンドビーチ付近だともっと安いです。)

▲ここのデスクでチャーン島到着後の港から宿までのバンを頼めます。

あっちでのソウテウ(乗合タクシー)の金額を把握していなかったので、私はここで申し込んでしまいましたが、結論から言うとチャーン島の港にたくさんソウテウが待機しているので、ここでは頼まなくて大丈夫です!

 

自分のミスにまだ気付いていないので、船からの景色を楽しみます!!

▲フェリーなので車もたくさん乗り込みます!

 

▲こんな感じの売店や、コンビニみたいなお店もありました。

 

チャーン島から宿までの移動手段

13:30にようやくチャーン島到着です!

▲手前のがソウテウで、写真には写っていませんがたくさん待機しています。

この島は電車やタクシーはないので、このソウテウが移動手段となりますが、着いてからこれに乗れば1人100バーツで宿まで行くことができました。

なのでホテルまでのバンは頼まず、港に着いてからソウテウに乗ることをオススメします!

▲ちなみにこちらがミスってお願いしたミニバンですw強いて言えばクーラーがあることがメリットですかね。

ロンリービーチ付近の宿だとここから約1時間かかります。

 

またはここからいきなりモーターバイクを頼む方法もあります!
港以外で借りても料金はほとんど一緒です。(街中で安いと1日200バーツで借りられます。)

▲参考までにある一社の料金表を載せておきます。

 

チャーン島からバンコクの行き方

距離的にはパタヤの方が近いのに、バンコクの方が安く行けますし、移動手段も様々です!!チャーン島での宿の場所、バンコクでの宿の場所から考えてどの方法がいいか考えましょう!

①パックツアー

バンコクといっても広いですが、今回はカオサンロードまでのツアーを申し込みました。

私たちはカオサンに宿を取っていたのと、チャーン島の中でも遠いところに泊まっていたので、このツアーを申し込みました。

乗り物:港までのミニバン(ホテルまでお迎え)/ 船 / バス
料金:500バーツ
時間:7時間〜9時間

チャーン島の宿からミニバンでセンターポイント港まで

来る時はここの距離に150バーツかけてしまいましたが、パックツアーならホテルまでお迎えが来るのでソウテウに乗る必要がありません。

宿にお迎えが8:40でした。

▲安定のいつも通りのミニバンの車内。

 

センターポイント港から船に乗り込む

来た時とは違う港に到着。
この二つの港の使い分けはいまいちよくわかりませんw

▲手前がチャーン島、奥が本土でそれぞれ二つの港があります。

ちなみにパタヤ来た時はアーオタマチャート港、バンコクへ帰る際はセンターポイント港でした。

 

9:30にはセンターポイント港に着いてたんですが、10:30に船が出航しました。

▲相変わらず絶妙にボロいフェリーですw

 

▲行きとは船内の様子が少し違いました!

 

港からバスでカオサンロードまで

アジアでよくある「VIP BUS」とやら言うやつでカオサンロードまで向かいます。

まず本島の港に着いたら、無料のシャトルバスが走っているのでそれに乗り込みます。
船の到着に合わせて何本か行き来しています。

▲何本もあるって知らなかったので、ぎゅうぎゅう詰めになりながらこれに乗り込みました!

 

▲その先は船乗り場の出口になってます。

 

▲そして頼んだツアー会社のチケットを見せると、係の人が案内してくれてバス乗り場へ到着です。

 

▲もうチケット持ってるのに、なぜかさらにバスのチケットに交換する必要がありますw

 

▲そしてこちらがVIP BUS。二階建ての確かにVIPでした。

 

ただ指定席ではないので早く乗り込まないと、並びの席がとれません。
私たちは隣に座ることができず、まさかの1階と2階に別れてしまいましたのでお早めに!!

11:30頃バスが出発して休憩は15:00頃でした。

▲帰りは30分の休憩が1回、ご飯を食べる余裕もありました!

 

▲カオサンのメインロードまで歩いて3分のところに到着しました。

 

8:40にチャーン島の宿を出発して、17:50に到着。
およそ9時間!お疲れ様でした!

 

②自力で行く方法

もちろん全て自分で手配も可能ですが、時間が読めないのとそんなに値段も変わらないので、①がオススメです。

乗り物:港までのソウテウ/ 船 / バス
料金:100バーツ / 80バーツ / 300バーツ
時間:

最後のバスは300バーツだとエージェントに頼むような感じになります。
そうでない場合だと片道250バーツぐらいみたいでバンコクのエカマイ駅まで帰れるみたいです。

この方法の難点は時間があまり読めないことです。
フェリーの時刻表もありましたが、本当にこれに沿っているのかいまいち不明w

その後のエカマイ駅行きのバスは本数が限られてるので、フェリーがずれることによりバスに乗り遅れる心配がどうしても出て来ます。

チャーン島の宿からソウテウで港まで

▲港行きはソウテウの前にこのボードがありますので、これに乗ってください!

 

フェリーのチケットを買う

▲片道車なしで1人80バーツです。
往復で買っても値段は変わらないみたいですね。

 

▲チャーン島の港で主要な駅までのバスをお願いできます。
この料金が300バーツです。

上にも書いたように、到着後このエージェントのバスではなく自力でバスチケットを買えればその方法が1番安いと思います。

ただその場合はエカマイ駅に到着となります。

エカマイはバンコクでも少しはずれにあるので、結局そこから宿までの移動を考えると、エージェントに頼んでもいいかなーという気がします。

 

まとめ

今回は行きと帰りでルートが違ったので、少し分かりづらい部分もあるかと思いますが、パタヤとバンコク両方の参考になれば幸いです。

チャーン島は日本ではあまり聞かない島ですが、本当に好きな島でした。
今見ていただいた通り、決して簡単に行ける場所ではありませんがぜひ!!

苦労した分、素敵な景色が待っていると思います!
それでは皆さんも素敵な旅を!!

【関連記事】合わせて読みたい!
>>タイのパタヤにあるジョムティエンビーチは移住やのんびり生活にもってこいの場所だった!

【関連記事】合わせて読みたい!
>>カンボジアのビーチリゾート・ロンサレム島で贅沢な時間を過ごす。

 

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア