【ギリシャ料理】ギロス(gyros)は肉とポテトが入ったケバブみたいなご飯。

最近は、アパートメントホテルと言って、料理のできるキッチンがついたホテルに泊まる事が多いです。

そこで、お米を鍋で炊いておにぎりを作ったり、

醤油と塩こしょうで野菜炒めを作ったり、簡単な料理を作ってます。

 

なぜかって、それがやっぱり、なじみのある安定した味だから!

ただ、毎日それはつらい。

そして、安く外食が食べられるのなら、外食したい!

 

ってことで、ギリシャ料理、ギロス『gyros』を食べよう!

 

これです!

 

ジャーーーン。

 

結構、見た目普通です。

 

食べた感じは、ケバブにすごく近いです。

ギロスとケバブとの違い

  • 生地がふわっとしてるところ。
  • 肉が、スライスした肉かそのままのガッツリ肉の塊のままか選べる。

 

というところです。

ただ、2ユーロ(230円)激安です!

日本のケバブももっと安くなってほしい!

海外を回っていると

ケバブが一番安くてうまい最高な食べ物に思えてきます。

 

ホテルに帰ったら巻き舌対決が待っていた

さて、ホテルに帰ると同じ部屋のアメリカ出身の若者が、

夜は屋上で酒飲もうぜっ!的なノリで誘ってくれたので、

 

あまりお酒は強くないですが、

ハイネケンを2人で2本買い、夜を待ちます。

 

日が沈むと彼が帰ってきたので、ポップコーンとハイネケンを持ち、

屋上に向かいます。

 

屋上からは、パルテノン神殿のライトアップが見えます。

なかなかいい雰囲気です。

(ちょっと画像が荒いですね。。w)

 

 

そして、

屋上にさらに2人組(オーストラリア)、シングル(ブラジル?)、

2人組(アルゼンチン)が集結し、自分とジュリを含め8人体制に。

 

軽く自己紹介をしながら、団らんは進みます。

 

なんとか片言英語でついていきましたが、

 

気づいたら、僕の口を開けるインターバルは

1秒、10秒、1分、

気づいたら、5分と喋らず、

口の中ではポップコーンを噛み締める音だけがむなしく響きわたってます。

アメリカVSオーストラリアの『巻き舌R対決』を前にした僕たちは

完全に敗北でした。

 

普段の英語圏じゃない人との英会話でもギリギリですが、

英語圏内のいたって普通の英会話は難しかった。。。

 

いまなら、スピードラーニングの超速でも聞き取れるんじゃないかと思うほど、

アメリカ人の普通の会話は遠い世界に感じた。

 

もっと勉強がんばります。

【人気記事】
>>世界旅行記おもろいの集めました!

【合わせて読みたい】
>>クアラルンプールで食べたい、知らないと損するコスパ最高のローカル飯!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア