【アテネ】ピレウス港からサントリーニ島行き高速船と料金!「High speed 6」

ゴロウ
こんにちは、ゴロウです!6月17日 遂にサントリーニ島へ向かいます!

今泊まってるこの地域(omonia駅近辺)は、眠るということを知らないようで、外のカフェやクラブは朝5時30分頃まで音楽が流れ続けてます。

うるさいから窓は閉めたいけど、暑いから全開。
そしたら蚊が入ってくる。そしてうるさい笑。

朝6時頃ようやく静かになる。

結果、計30分ほどしか眠れず、なんとも言えないテンションでサントリーニ島へ向かうハメになりました。

 

ピレウス港からサントリーニ島までのフェリー料金

サントリーニ島行きの船は、ピレウス港という港から出ています。
ここまでは地下鉄で来ることができます。

こちらのフェリーは予約必須なので、事前に予約しましょう。
僕たちも2日前にピレウス港まで来て、予約しました。

港の前の道にずらっと船会社が並んでます(写真なくてすいません。)

そしてこのフェリー『高速船』と『ゆっくり船』があるのですが今回は高速船で行きます!

運賃は1人56ユーロ(6600円)と、少しお高め。
ゆっくり船は40ユーロ(4700円)でしたが、前々日でも売り切れていたので、早めの予約必須です!

もちろんたくさんの船会社が有り、出発時間や料金、かかる時間も様々です。
一度こちらのサイトで確認してみるといいかもしれません。

>>Direct Ferries

フェリー「High speed 6」の様子

▲今回はこちらの『High speed 6』に乗って行きます。名前も見た目も速そう。

 

▲フェリーの中はこんな感じです。わりと、豪華な作りで安定感もあります。

 

▲お店があって食べ物、飲み物も豊富に取り揃えております。

 

▲席はきちんと指定席なので安心です。

 

▲中にはバックパックを置くスペースも!!

 

▲途中イオス島(Ios)により、計4時間半後にサントリーニ島のアンティニオス港へ到着!

 

サントリーニ島のローカルバス

ここからは、今日の宿があるカマリ(Kamari)までローカルバスに乗っていきます。

「ピレウスからサントリーニ島」というタイトルとは関係ないのですが、着いてからローカルバスでかなり苦戦したので記載しておきます。

バスがよくわからなかったので、運転手さんに「カマリ行き?」と聞いて、「そうだよ!」と言ってくれたバスに乗り込みます。(2.3ユーロ)

いくつかのバス停に寄りながら、しばらくすると、フィラのバス停に到着です。

▲こちらがフィラのバス停。

ここで、全員が降りたので、この次はKamariに行ってくれるのかな?と心配しながら乗っていると、なんとそのまま、今来たアンティニオス港まで、戻ってしまいました。

 

運転手さんに、「このバスは、カマリ行きだよね?」と聞くと、「お前ら、何でそこにいるんだ?カマリはこのバスでは行かねーぞ!」「頭おかしいのか?」という勢いでなぜかめちゃめちゃ怒鳴られた笑。

気まずい雰囲気のまま、大型バスは2人だけ乗っけて、また同じ場所に戻っていきます。

 

再度、アンティニオス港に到着すると、運転手さんが近寄ってきて、「これはカマリに行かないから、降りろ!」と。

ココで降りては、大事な運賃が無駄になってしまうので、「カマリに行くって言ったから、このまま乗ってる!」と、伝えると、運転手さんはぶつくさ言いながら、運転席に戻っていきます。

とりあえず、このまま乗ってれば、またフィラに行けるので、そこからカマリに行くには多分乗り換えだろうと思い、再度また、フィラのバス停へ。

あー、無駄な時間を過ごした_| ̄|○

 

なので、サントリーニ島へ行く方、特にフィラ以外へ行く方、港からのローカルバスに注意してください!

基本的に、『アンティニオス港→フィラ、フィラ→アンティニオス港』のように、フィラを中心に同じ場所をずっと往復しているバスがほとんどです。

カマリに行く場合は、『アンティニオス→フィラ(2.3ユーロ)、フィラ→カマリのバス(1.8ユーロ)に乗ってくださいね!

▲とにかくフィラを中心にローカルバスは動いています。

サントリーニ島 カマリでの宿

さて、無事カマリに到着!
今回の宿はココです。苦労してきた甲斐あって、めっちゃ良い^o^

▲キッチンも付いて、広いバルコニーも付いて、1部屋1泊28.5ユーロ(3350円)!

 

ビーチや、スーパー、レストランも、歩いて5分、めっちゃオススメですよ^o^

▲バルコニーからは隣のちょっとリッチなプールつきホテルが見えますww

ホテル名はVilla Ostria(Kamari Santorini)!!予約サイトBooking.comで、出てきます!
静かにまったり過ごしたい方、ぜひ泊まってみて下さい。

明日からは、存分にサントリーニしてきます(^^)
それでは今日もHAVE FUNしていきまっしょい。ゴロウでした。

【関連記事】
>>サントリーニ島イオ(AIO)の夕日が世界最高の理由が分かった!

【関連記事】
>>【ヨーロッパ編】夫婦で半年間の世界一周!費用は一体いくら?

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア