めっちゃ簡単!国際免許をとるための準備と方法!!

ゴロウ
どうも、海外で原付乗るのが大好きなゴロウです。

今日は国際免許証の取得方法について!
めっちゃ簡単なんですが、色々忘れ物した結果無駄に時間かかりました笑。

実際海外に行くと、国際免許証でなく日本の免許を持っていれば、原付なら簡単に借りれたりします。

もちろんアメリカやオーストラリアで車を借りる時は必ず必要です。
それでは早速紹介していきます。

【関連記事】
>>オーストラリア縦断!1週間で3700キロを爆走してウルルに行って来た!

国際免許を取得するために必要な物

 

  • 免許証(期限切れに注意。1年切ってると危ないです。)
  • パスポート(期限切れに注意!)
  • 写真1枚(サイズに注意!縦5×横4 6ヶ月以内)
  • 手数料 2400円

 

以上です!

 

最寄りの運転免許試験場に行って頂ければ、1時間ほどでしてくれます。

 

ただ、今回の発行は、難関がありまして、

 

①免許更新も同時にする。

②免許を紛失している。←これっ特にっ!

③しかも、パスポート忘れた!

 

本来めっちゃ簡単なはずなのに、難関が多すぎます笑。

 

が、行ける方法あります!

 

では、順番に取り方を説明していきます。

 

免許更新と国際免許証を同時に発行

①の更新手続きに関しては、いつも通り2時間の講習(違反者ですので)を受け無事に終了です。

 

②の免許紛失に関しては、本来なら再発行するのに手数料が3500円かかりますが、
更新と同時に新しい免許が手に入るので、再発行の必要はなく、違反運転者の手数料3850円だけで良かったです。

これでようやく国際免許証をゲットする資格を手に入れました。

 

国際免許証取得でパスポートを忘れたら

からの③パスポートを忘れるという面白いミス笑。

 

受付の方に相談した所、Eチケットがあれば良いとのことですが、もちろん、Eチケットも持っているはずがなく、、、

『何か、旅行を証明するものありますか?』と聞かれ、

 

旅行の日程が確か、世界一周堂さんからメールできてたので、それをみせれば、行けるぞと!

 

期待しながら、受付の方に見せると、これが印字してないと困るんだよねー。。。と。

 

近くのサークルKまで、ダッシュ!!

 

コピー機で印字した紙をさしだすと、、、

 

『本人が確認できる名前が載ってないねぇ。。。』

 

先に、言ってくれよと、思いながら、えさを求め目をうるうるさせたワンコのように懇願すると、、、

 

奥の方へ、相談しにいってくれ、

 

今回は特別ですよ。

次からは、絶対、パスポートと印鑑も持ってきて下さいねと。

 

きたーーーーーーー!!

 

待ちに待った、国際免許が目の前に。

中は、こんな感じです。

 

今回の難関、なんとかくぐり抜けれましたが、

みなさんは、持ち物さえ持っていけばめっちゃ簡単に取れますので、ご安心を。

 

それでは皆さんも素敵な旅をー!!

【関連記事】
>>オーストラリアで宿泊費も移動費もいらないリロケーション生活スタート!

【関連記事】
>>アメリカの国立公園と絶景スポット13選!!レンタカーで周ってみよう!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア