【いなかの風キャンプ場】標高3000m級のアルプスを一望できて最高だった!!

ジュリ
ここ最近キャンプに目覚めましたジュリ(@jurinagaya)です!

今日は長野県飯島市にある、『いなかの風キャンプ場』をご紹介。

ここは「ほんとうに気持ちのいいキャンプ場100」という雑誌に掲載されたこともあるそうで、その通り、とーっても良い場所でした!!

【合わせて読みたい】
>>バックパッカーが旅に持って行くべきキャンプ用品【軽量・コンパクト】

いなかの風キャンプ場のドローン映像

 

キャンプサイトと料金

どうやら2017年から変更になっているみたいなので参考になれば幸いです。

▲キャンプ場サイトマップ

 

地図の上の方が高台になっていて、下に行けば行く程景色も見づらくなります。
また写真の左の方は、前に木々が多く、こちらも景色は見えづらいです。

なので薄い黄色のオートサイトAが、良い場所になります。

▲下りすぎるとアルプスが見えなくなります。

 

この日はたまたま私達ともう一組のみだったので、選びたい放題でした!
実際にこの地図を渡され、歩いて場所見て決めて下さいという感じでした。

 

金額は時期と場所に寄って、かなり細かく設定されています。
詳細はコチラから確認して下さい。

基本的にはキャビン、ペットサイト、オートサイト、テントサイト、フリーサイトの順で安くなりますが、これも季節によって変動します。

ハイシーズンのキャビンで1450円、フリーサイトで4500円とかなり幅があります。

また別で一人200円かかります。

▲キャビン。
私達が出るとき、お布団干してました。

▲オートサイト5番です。

ここで私のオススメサイト情報です!!!

ずばりテントサイト1!!!!

今回4人で行って2テント張りましたが、テントサイトで十分な広さでした。
車もすぐ下の駐車場に止めれるので、荷運びもそこまで苦ではありません。

またなんといってもこのサイト一カ所だけ、木陰になる木があります。

タープを持ってなかったのもありますが、日陰ができる点、少しの雨ならしのげる点、
これは大きなメリットでした。
(この日も夜に少しだけ雨が降りました)

トイレと炊事もそんなに遠くなく、何と言っても値段が安いのでオススメです!

 

チェックイン&チェックアウト

チェックインはどのサイトも14:00〜17:00です。
チェックアウトはキャビンだけ10:00で、その他は11:00です。

管理棟が8:00〜17:00しかやっていないので、チェックアウトは基本8時からになります。

▲チェックインの時ちょっとしたサービスで1人1つガムを頂きました。

 

キャンプ用品のレンタル

レンタルも品揃えが良かったので、一色揃えるのはちょっと・・・という方はコチラでレンタルしても良いと思います。

▲調理グッズから毛布まで揃ってました!

▲レンタル金額表です。

 

 

▲販売の食料や、調味料、電池なども置いてありました。

 

▲氷やアイスも売ってます!

 

いなかの風農園

「ほんものの自然体験をしよう」というコンセプトで、実際に田植え体験もできるそう。

また、近くの農家さんもこの敷地で野菜などを育てているそうで、コミュニティの場としても使われています。

そんな「いなかの風」では、できてる野菜は自分で収穫して食べて良いのです!
しかもカンパ金だけ入れればオッケー!

 

▲竹でできたカンパ金入れ

 

▲その奥には立派なトマトがなってました。

実際に普段口にするものを自分たちで育ててみよう、という想いから用意された、農作業を体験する農地で、タイミングが合えば農作業を体験させてもらって、ありがたみを感じようというもの。

私達が行った7月はブルーベリーとトマトが綺麗になってました!!

▲ブルーベリー畑です。

 

▲濃い色の実は食べ頃です。

ちなみにブルーベリーは100グラム、100円で売ってました。
でも隣に試食用の木があって、食べさせてくれます!

設備チェック

炊事場

▲お湯も出る綺麗な炊事場です。
油物が多くなるのでありがたいですね。

▲網や鉄板などはこちらのコンクリートで流して下さい、となってました。

 

▲10時に消灯されます。

トイレ

写真忘れましたが、水洗の綺麗なトイレです。
炊事場と同じく何カ所か用意されているので、どこに泊まってもそこまで不便に感じることはないと思います。

ダンプステーション

ゴミの分別は結構細かいですが、そこまで苦ではありあません。
管理棟に裏手にダンプステーションがあります。
生ゴミはバケツに入れて、そのまま置けば大丈夫です。

お風呂

今回は利用しませんでしたが、棚田になっている1番上にありました。
この日はシャワーだけの利用になると言われました。
金額は200円です。

どうしても湯船につかりたかったのと、自然に考慮して髪の毛がバサバサになるシャンプーか石けんしか使えないとのことだったので、やめましたw

 

周辺案内

近くにスーパーもコンビニもあり不便はないです。

お風呂も20分程車を走らせれば、「こぶしの湯」という9時までやっているお風呂があります。
(8時までに入れば大丈夫です)

夏だと7時過ぎまで明るくて、ずっとバーベキューしながら外で過ごしたくなるので、この時間までやってるお風呂は貴重です。

いなかの風キャンプ場のアクセス

〒399-3703 長野県上伊那郡飯島町日曽利43

名古屋から約2時間で着きます。
中央自動車道 駒ヶ根IC、松川ICを降りて約20分です。

この日は少し雲多かったですが、山に沈んでいく夕日が綺麗でした!!
水平線に沈む夕日も良いですが、山も良いものです!!

それでは、皆さんも良いキャンプを!!

【関連】私たちが使っているキャンプグッズの紹介です!
>>バックパッカーが旅に持って行くべきキャンプ用品【軽量・コンパクト】

【関連】海外キャンプは規模が違う!
>>アイスランド一周!絶景を巡るキャンプ生活8日間の旅!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア