キベラスラム街体験談。ナイロビの裏側に広がる生活は危険だったのか?




今日はケニアのスラム街について書こうと思います。

ケニアの首都ナイロビにはアフリカ最大のスラム街「キベラ」があります。
旅行に行く前から、このスラム街は行ってみたいと思ってた所です。

 

たまたま、サファリツアーで一緒になった日本人のHARRYさん(日本名は今野さん,HARRY POTTERに似てるとかで)が
行くということなので、一緒に連れて行ってもらうことに。

ハリーさんは少し前にナイロビに住んでいたみたいで、友達の友達がキベラでガイドみたいなことをしているそう。

こんな機会を得られて本当にラッキーでした。

 

 

先進国の私達が、お金のない人達の生活を、わざわざお金を払って見に行く。
(今回は紹介でツアーでは無かったですが、もちろんガイドにチップ渡しました。)

こっれてなんか違うような、不謹慎な気もしましたが、ただ見てみたかったのです。

 

世界では、どんな人達が、どんな所で、生きているのか。

キベラスラムのガイドと合流

まずはタクシーでハリーさんとの集合場所まで行き、そこからはケニア発のバスに乗ることに。

ガイドブックなどには、バスは乗らない方が良いと書いてあったんですが、恐る恐る乗ってみます。

 

HARRYさんが写真は撮らない方がいいと言ってたので、写真はありませんm(__)m

 

GPOというナイロビの郵便局から30分ほどすると近くまで到着。

3人でフライドポテトとチキンを食べてると、HARRYさんの友達(ケニア人)登場。

そこからその友達の紹介で、実際にキベラに住む3人が、私達1人に1人ガードマンみたいな感じでガイドについてくれました。

▲知り合い合流して、人数多いですが笑。

携帯持ってる真ん中の方がキベラのボスだって言ってました。
他の方は今回のツアーで一緒に回ってくれたガイドの方達です。

みんなこの、キベラに住む方達です。

彼ら無しでこの街を歩くことは不可能です。

 

初めはすごく不安でしたが、この方たちを信頼していくしかありませんでした。

 

キベラスラムの実態とは?

このキベラ、狭い範囲に400〜500万人ほどの人々が住んでいます。
僕の地元、愛知県の人口が300万人切るので、相当な数に当たります。

その数は今も年々増え続けているそう。
1階部分は埋まってしまったから、2階部分ができ始めてるとか。

 

一言でキベラと言っても、この広さですからいくつかの村みたいに、ちゃんと地域が別れています。

 

ここにいる人は、ケニアの地方から、出稼ぎに来ている人達です。
出稼ぎと言っても平均月給9000円です。

日本では一日で稼げてしまう給料を、食べ物を売ったり、電気機器を売ったり、髪を切ったりして稼いでいます。

そして、このキベラ地区で稼いで、ナイロビのきちんとした場所に移り住むという事を夢見て、キベラにやってくるそうです。

しかし、たいていの人が夢叶わず、そのままキベラに居続けるか、地元に帰る事を余儀なくされるそうです。

さて、いよいよキベラの中へ入っていきます。

▲この橋を渡って住宅地に入っていきます。

 

キベラの街を進むと、とにかく汚いです。
臭いも結構キツいです。

 

▲KEEP CLEANの文字が虚しい。
家の壁は、ゴミと泥を混ぜたものもありました。

▲子供が子供の世話

 

▲この汚い水で何が洗えるのでしょう・・・

 

今回、学校にも連れて行ってもらいました。

▲簡易的な小屋の小学校

良い環境とはとても言えませんが、みんなとても良い笑顔です。

手前のニット帽の子は挑発すらしてくる元気さです。

学校は月3000円するそうです。
平均月収は9000円ですから、キベラの中でも全員が学校に通える訳ではありません。

 

学校で寝ていた自分、何だったのでしょう。

 

▲この子達、隣のゴミ山におしっこをします。

トイレの話も聞きました。
政府が作ったきれいなトイレがありますが、みんなその辺でしてしまうらしい。

トイレ使うのにお金払ってられないから。
そりゃここが綺麗になるはずがない。

▲ちなみにこの線路ちゃんと電車が走ってます。
みんな時間を把握してました。

線路脇には、お店が並びます。
どこからともなく入手してきたモノを売って、生活しています。

▲この家族もモノを売って生活しています。

▲高台から見たキベラスラム街

あとはキベラに住むアーティストが集まる場所にも連れてってもらいました。
彼はDJとラップを歌ってるって言ってました。

▲さすがラッパー、イケてますね!

他にも絵を描いてる人や、ものづくりしてる人などがいました。
実際に絵を描いた方から、絵の紹介もしてもらいました。

 

まとめ

今回キベラを歩かせてもらって、スラムに住む人はかわいそうってのはちょっと違うなと思った。

好きでココに住んでる人もいると聞いたし、子供達の笑顔も素敵だったから。

ケニアはものすごい貧富の差で、富裕層は日本と同じぐらいの物価で生活しています。

その格差は、キベラに住む人達にとって、キベラの居心地を良くしてしまっているんだろうなと思う。

彼らには彼らの生活があって、きっと日本に住むより、ナイロビに住むよりキベラは良い所なのかもしれない。

現状を知って、何かできる訳ではないけど、世界を知れて良かった。

世界は本当に近くなったと思う。
ケニアだって日本から1日もあれば行けちゃうんだから。

一日中ごろごろテレビ見てる間に行けちゃうってこと。

それでも、人や文化や言語も全然違うからおもしろい。
もっともっと色んなものを自分の目で見てみたいなと思う。

こんな欲も、日本という先進国に住む人間の、わがままなのかもしれないけど。

 

皆さんも素敵な旅をー!!

 

【関連記事】
>>ケニア・マサイマラ国立公園を行くサファリドライブ。現地ツアー料金と内容。



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>