下北半島一周ドライブ観光で絶対したい3つのこと!絶景に美食あり!




ジュリ
お久しぶりです!ジュリ(@jurinagaya)です

先日東北4大祭りに行った際に、青森の下北半島をぐるっと一周して来ました!
名古屋に住む我々にとっては、相当遠い。

青森でも十分遠いのに、そこからさらに下北半島に繰り出すのは迷いどころでしたが、大間のマグロめがけて先端まで行って来ました!!

かなりの走行距離でしたが、行ってよかったーと思える素敵な景色が広がっていたので、私たちのドライブコースを紹介させて頂きます!

ぜひ参考にしてみてください!!
それではどうぞ。

1.恐山で死後の世界を見る

ここは比叡山と高野山と並ぶ「日本三大霊場」のひとつです。

温泉が湧き出て硫黄の匂いがプンプンする地獄のような場所と、綺麗な湖が広がり、まるで極楽に見えることから「極楽浜」と呼ばれる天国の世界、両方が見られる場所です。

▲地獄ゾーンはこのような具合で、もくもくと煙を出すところもあって、確かに地獄っぽい。

 

▲ここにだけは送られたくない「重罪地獄」

 

そこを抜けると宇曽利山湖という、美しい湖が出現!!(ここを宇曽利山湖 極楽浜と呼びます。)

▲海みたいな色ですが、湖なのでもちろん波がなく静かでまさに極楽の世界。

 

▲素敵な場所に東日本大震災の慰霊碑がありました。

死んだ後、こっちに来れる事を願うばかり。

ちなみに湧き出ている温泉には入れます。

▲無料で入れる温泉で(恐山への入場料500円は必要)、恐山に入るとすぐに小屋があって、普通に温泉になってます!

 

▲写真は男湯ですが、女湯も同じような感じで、手前が脱衣所になってます。

 

あと、あっちの世界とこっちの世界を分ける三途の川もあるので、下見を忘れずに!笑。

▲恐山の入場口より手前にありますので、立ち寄ってみてください!

 

▲極楽浜へと繋がっています。

恐山の施設詳細 

  • 入山料 大人500円
        小・中学生200円
  • 入山時間 午前6時〜午後6時

2.大間のマグロを食べる

下北半島へ行くなら必須項目です!
お昼ご飯で食べれるように行きましょう!

残念なことに、大間のマグロが食べられるのは限られた期間で、私たちの行った8月は大間のマグロのシーズン外でした。

お店には正直にそう書いてあって、食べたのは近海で獲れたマグロ。
本物を食べるには9月〜11月中旬に行く必要がありそうです。(観光に行ける期間や価格の高騰も考えて)

ただです、普通にめちゃくちゃ美味しかったです!!
マグロ丼は大トロ、中トロ、赤身がのってましたが、本当においしいマグロは赤身が美味しい。

 

▲トロントロンなマグロ丼2500円。さしの入り方がやばいです。

 

▲他にはこんなメニューがありました。

大間で獲れたものではないかもしれないけど、こんなに差があるなら大間産にこだわる必要もないかもと思いました。

今回美味しいマグロ丼をご馳走になったのはこのお店。

▲宿泊もできる「海峡荘」というお店です。

 

▲店内はこんな感じのお座敷になってます。

食後にコーヒーサービスも付いてるし、他のお店と比べてもちょっと安くてオススメですよ!

海峡荘の施設情報

  • 営業時間 10時半〜15時(ネタ無くなり次第終了)
  • 住所 青森県下北郡大間町大間平17-734
  • TEL 0175-37-3691
  • 定休日 不定休
        11月〜4月頃は休業(電話で要確認)

3. 仏ヶ浦で絶景を堪能

たくさんの変わった形の岩が、仏様が並んでいるかのように見えるから仏ヶ浦。
正直このネーミングはよくわかりませんが(笑)本当に綺麗で素敵なとこでした!!

なんたって、このエメラルドグリーンの透き通った海。

▲よく見るとウニがたくさんいます。

 

▲それと大迫力な岩と、不思議な白さ。
かなり神秘的でパワーをもらえるスポットでした。

 

▲潮が満ちてくると、水位が変わって濡れずに来れたところにも水が!(基本的にはちゃんと舗装されています。)

 

▲透き通る海と白のコントラストがすごく綺麗でした。

 

難点は駐車場からここへ降りるまで、もちろん帰りも、かなり大変。

▲片道15分~20分くらいは歩く必要がありますが、翌日は足がガクブルしちゃう感じなので覚悟して行ってください。

 

番外編①大間崎で無料キャンプ

番外編は車中泊やキャンプで回ってる方へ。
私たちは日程の都合で利用することはできませんでしたが、大間崎に無料キャンプ場があります。

大間は本州の最北端の地ですが、ここでキャンプできちゃうのです!

▲長く旅行してる人って先端に行きがちですよね笑。

炊事棟やトイレも整ってました。
実際は風通し良すぎて、風がかなり強かったので大変かもしれませんが、こんな素敵なとこに泊まれたら良いですよねー!

お時間ある方、ぜひ泊まってみてください。

まとめ

正直結構時間のかかる下北半島ドライブ。
今回紹介した観光地の移動距離はそれぞれ1時間ずつぐらいなので、そこまで大変ではないです。

ただ、最初に恐山に行くまで、最後に仏ヶ浦からぐるっと回って青森まで戻るのが長距離です。

みなさんも運転気をつけて楽しんできてください!
それでは素敵な旅をー!!

【関連】四国を巡る旅!
キャンプと車中泊で過ごす日本を巡る3週間の旅スタート!

【よく読まれています】
>>海外夫婦ノマドが旅しながらブログ月収10万稼ぐために意識してきた7つのこと。

 



海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>