有馬温泉の小都里(ことり)のレポ!素泊まり5,650円で温泉付き!




ジュリ
こんにちは、世界中のホステルに滞在してきたジュリ(@jurinagaya)です

先日行った神戸旅行の際に泊まった宿が、とっても良かったのでシェアさせて頂きます!!

場所は神戸から近い温泉街、有馬温泉に泊まってきました。
温泉宿と言えば豪華な旅館で、なかなか泊まれないイメージですが、こちらの宿はリーズナブルで素敵な空間でした。

『小都里』と書いて『ことり』と読みます。
和室6室、洋室2室の計8室しかない二階建ての小さい宿でしたが、静かで落ち着ける旅館でした。

金額は素泊まりで一人5,650円(入湯税込み)。

早速紹介させていただきます!!

小都里の外観

▲温泉街からは少し坂を登った所にあります。

▲正面玄関。入って右のカウンターでチェックインです。

おうちみたいな感じのアットホームなお宿です。

駐車場も完備されていました。
また車ではなく、バスで来られる方は駅まで送迎があるようでした。

ロビー

▲家具も絨毯もモダンな感じで私は好きでした。

建物に入ってから、お部屋の中でもそうでしたが、鳥のさえずりが聞こえてきます。
これが一日歩き回って、運転して、疲れた体を結構癒してくれます。

▲鳥モチーフのカワイイこんな置物もありました。

入ってすぐの入り口でチェックインを済ましてから、ソファにかけて館内案内をしてくれます。お菓子も出して頂き、有馬温泉名物の炭酸せんべいでした。

▲飲み物はコーヒー、お茶、水がセルフサービスで飲み放題です。
紙コップを使えばお部屋に持って行っても大丈夫みたいです。

▲この写真の手前が先程のモダンな絨毯のスペースです。

今回私達は夕食も朝食も無しにしていましたが、朝食はこちらのスペースで頂けるみたいです。ちなみに夕食は近くの旅館まで行って、そちらで出してもらえるそうです。

近くの旅館は歩いて1分の「花結び」という旅館です。

客室

私達が泊まったお部屋は和室の「めじろ」というお部屋。

▲一部屋ずつ名前が違いました。

夕食は無しで、6時頃のチェックインで、既にお部屋に布団が敷かれていました。

▲和室と言ってもモダンなお部屋で、壁紙が可愛かったり、畳が円形になっていてオシャレでした!!

▲壁一面がこんな風になっていました。

▲部屋にトイレとお風呂はありませんが、洗面所はあります。
畳の向こう側にソファと洗面台があります。

▲ここから見える景色がまた最高です。
温泉街でも高台に位置している事もあって、建物自体は二階ですが、綺麗な夕日が見えました。

化粧水などは「POLA」で揃えられていました。
男性用もありました。
また、ドライヤーや歯ブラシ、クシなどのアメニティも一通り揃っていました。

▲金庫もちゃんとあります。この押入のクロスも可愛い!

小都里の温泉

有馬温泉は「金の湯」と「銀の湯」があることで有名ですが、小都里にあるのは銀の湯です。
さすがにお風呂の写真はないですが、こじんまりしたお風呂で朝利用しました。

▲男女入れ替わります。

金の湯には入れない?と思った方も見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

先ほど夕食は「花結び」でと紹介しましたが、温泉も提携しているようで、そちらも自由に入ることができます。そこの温泉が金の湯なのです!!

なので2種類にちゃんと入れちゃう訳です!!

確か夜は11時が門限なのでそれまでに戻るように温泉に行きましょう。

▲お部屋には温泉へ出かけるとき用のかばんもちゃんと用意されていました。

まとめ

高級旅館をイメージしていると、あれ?となるかもしれません。
温泉は外に出ないと行けないし、靴は自分でしまわないといけないし、二階に上がるエレベーターも無いし・・・。

でもご飯無しとはいえ一人6000円もしない事を考えると、とっても素敵な旅館だったと思います!!

年配の方には少し辛いかもしれませんが、オススメです!!
有馬温泉に行った際はぜひ行ってみて下さい(^^)

 

有馬温泉からすぐの淡路島の観光についての記事は下記よりどうぞ!
ちなみに私も小都里に泊まった翌日は淡路島に行って帰りました。

 
 
 
 

 

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>