台湾のネット環境!グローバルWi-Fiと亜太電信SIMを比較!




ジュリ
こんにちは、ジュリです!!

皆さんは海外旅行行く時って、ワイファイルーター借りてますか?
それとも、SIMを入れてますか?
公共ワイファイだけを使って旅行してますか?

今回私はワイファイを借り、更にはSIMを入れて台湾へ行くという、なんとも無駄な実験に取り組みました笑。

果たしてその結果はどうだったのでしょうか?
早速紹介していきます!!

台湾でネットを使う方法

上でも少し触れましたが大きくは4パターンです!

  1. 公共ワイファイだけを使う
  2. SIMフリーの携帯にSIMを入れる
  3. ワイファイルーターを借りる
  4. 今の携帯で海外パケットプランを使う

 

正直台湾ではどこでもワイファイが通っていて、公共ワイファイだけでもやっていけそうです。
店に入らなくても、街中で繋がるのはありがたい!!

ただやっぱりもっとスムーズにと思うと、自分の手持ちでネット環境があった方が良いですよね!!

そうなった時に4番の海外パケットプランはアホみたいに高いので除外です。
(1日3000円ぐらいします・・・)

となると、ワイファイルーターかSIMの2択、となって今回の実験に至りました。

ワイファイルーターとSIMどっちが良い?

結論からいうと、SIMフリー携帯持ってるならSIM!!

 SIMのメリット

  • 安い
  • 荷物少ない

まず料金ですが、SIM入れた方が安いです。
今回日本から購入していった「亜太電信」は5日間無制限で740円!!安すぎ!!

グローバルワイファイは同じ期間、3GLTEで約4500円。

また荷物が増えないのもメリット!
結構重いので、チェックインカウンターでポケットに入れてかばんを軽くしないと、手荷物が重量オーバーになりかねません。

SIMのデメリット

  • 頼むのが遅いと届かない
  • 自分で設定する必要があるので、うまくいかないかもしれない 

まさかのどちらも経験笑。

アマゾンで頼みましたが、お急ぎ便にして無事に届きました。(+250円)

また簡単ではありますが設定が必要で、ちゃんと説明書を読んでなかったので、うまくいかず初日は使えませんでした笑。

こちらは日本で購入するSIMの話をしていますが、もちろん台湾の空港でもゲットできます。

値段は日本で購入するより高く、プランによって異なりますが5日間なら1000円から1800円ほどで入れられます。

ツアーで行くとこの時間がないので、オススメではありませんが、設定までしてくれくれるので、私のように使えないという心配はありませんね。

あと、ワイファイは5台までシェアして使えるのでグループで旅行に行く場合はルーター借りても良さそうですね!!

電波の速さは、ルーターもSIMも大差はなくどちらもスムーズでした。

SIM:亜太電信の体験レポ

  • 5日間
  • 無制限(低速なし)
  • 3G LTE
  • 740円

アマゾンで注文しました!!
お急ぎ便を使って翌日に届く予定が、ヤマトのミスで2日後に。とりあえず届いてよかった。

▲中身はわかりやすい説明書とSIMカード本体。

この説明書があったにも関わらず初日使えなかった自分が怖い笑。
(私の携帯は自動設定されず、APN設定する必要がありました・・・)

説明書にある通り、使い始めたその時が1日目としてカウントされます。
(夜11時から使っても1日としてカウント。)

▲アイフォンの人はSIMカードを抜き差しするピンを忘れないように!!

SIMカードは、ちゃんと説明書を読めば誰でも使えます。
思ったより簡単なので、シムフリー携帯の方はこちらがオススメです!!

 

Wi-Fiルーター:グローバルワイファイの体験レポ

  • 5日間
  • 250MB/日
  • 4G LTE
  • 4607円

受け取りも、返却も超便利!!
手軽さは抜群によかったように思います。

 

▲私は名古屋のセントレアから飛びましたが、受け取りはこのボックスの中。

▲事前にメールでロッカーのナンバーとQRコードが送られてきます。
受け取り方法はこのQRコードをかざすだけ。

手軽とはこのこと笑。

▲中身もシンプルでわからないことはないですね。説明書もばっちり。

▲画面も見やすいです!!

ただ重いので、LCCに乗る方で預け荷物がない方は要注意です。

返却はカウンターの返却ボックスに入れるだけ。
スーパー簡単です。

そして毎日通信量がメールで届きます。

▲1日、カフェのWi-Fiに繋がってと勘違いしてユーチューブ見すぎた日がありますが笑。
(いちよ1日250MB)

それでもそんなに低速になったようには感じず、少し遅いですがわりとスムーズに使えました!!

SIMとWi-Fiルーター 速度比較

上で両者の速度にそんなに違いはないと言いましたが、計測したので参考までに!!

ポイント

  • PING→ 数字が小さい方が良い
  • アップロード→数字が大きい方がいい
  • ダウンロード→数字が大きい方がいい 

 

▲士林夜市でのSIM(左)、グローバルWi-Fi(右)
これだとグローバルWi-Fiの方が良い数値です。

▲空港でのSIM(左)、グローバルWi-Fi(右)
項目によって良し悪しですね。

まとめ

台湾のネット環境について少しでも参考になれば嬉しいです。
ちなみに桃園空港のWi-Fiは登録などもいらず、超快適Wi-Fiが繋がります!!

シムフリー携帯なら亜太電信のSIM!
そうでないなら、もしくはグループ旅行ならグローバルWi-Fiがおすすめです。

皆さんもサクサクネット環境で、素敵な台湾旅行をー!!

【関連記事】
>>タイガーエア(tigerair)の荷物制限・オプション・チェックイン方法まとめ!

【関連記事】
>>小林髪廊(長春店)で座る台湾式シャンプーを体験!300元で女子力アップ!

 

 

 

 

 

 

<SPONCERD LINK>













トークライブ決定!名古屋・東京!

旅ブロガーが語る情報発信の活かし方をトークライブ形式でお伝えするイベントです。

ぜひ、こんな方に来て頂きたいです!

  • 好きなことを活かして生きていきたい!
  • ブログを始めてみたい!
  • ブログのメリットを知りたい!

旅しながらブログを書くことで月収10万稼ぐ夫婦が、情報が多い今、発信力を武器に好きなことで生きていくコツをお伝えします!

プロフィール ゴロウ&ジュリ

2016.4.1〜 夫婦で世界一周を達成!

2017.11.1〜 夫婦無職になる。

2018.6.27〜  無料ブログコンサル開始!

初訪問の方へ:最初に読んで欲しい10記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください