タイガーエア(tigerair)の荷物制限・オプション・チェックイン方法まとめ!




ジュリ
こんにちは、未だに飛行機好きなジュリです!!

みなさんはLCC活用していますか??
私はここ最近LCCしか乗っていません。

先日もタイガーエアで台湾に行ってきましたが名古屋から往復25000円でした!!
セールを狙えばもっと安く行けちゃいます。

ということで、今日はLCCのタイガーエアをご紹介。

日本からもたくさん便が出ているので、要チェックです。
まだ乗ったことない!とか、なんか不安!という方の参考になれば嬉しいです。

タイガーエア

元々はシンガポールの会社で、最近はスクートと統合し、スクート・タイガーエアとなったらしい。(スクートもシンガポールの会社。)

【関連記事】
>>スクート(scoot)のチェックイン方法・荷物制限・オプションまとめ!!

タイガーエアの中でも、タイガーエア台湾やタイガーエア・オーストラリアなどがあり、どうやらセブパシフィックも提携航空会社みたい。

日本からはダントツでタイガーエア台湾が便利で、地方空港からも台湾に行けちゃうのが最大のメリットだと思う。
マカオやタイのバンコクにも片道2万円前後で行けるのは魅力。

▲予約サイトがかなり完璧な日本語ページになってるのも嬉しい!!
タイガーエアは、ネコなのかトラなのか不明な可愛いキャラクターがポイント。

荷物・オプション

タイガーエア台湾の嬉しい特徴とも言えるのが、機内持込み荷物が計2つで10キロまでオッケーなこと!!

大抵は2個で7キロまでというのが多いですが、タイガーエアは2個で10キロまで大丈夫です。
サイズだけは気をつけましょう!!

機内持ち込みサイズ
 54cm×38cm×23cm未満
(このサイズは車輪及び取っ手など外部に突出している部分を含みます)

こちらは、パソコンなども全て含みます!!

またタイガーエアは手荷物の重量に厳しいという口コミを多く見ましたが、ばっちり計られました。

セントレアから行く際、カメラを首からぶら下げて、パーカーを着て、ワイファイルーターをポケットに入れて、ってやったら9.8キロでいけたので良かったですが、オーバーしてた人は荷物の整理をしてました。

ただ台北からの帰りは10.1キロでしたが、何事もなく普通に乗れました。

なので日本から出発するときの方が厳しいのかも。

 

オプションはこんな感じです。

▲名古屋から台北行き

+3400円で受託荷物20キロ分と、座席指定。(タイガースマート)
+6300円で更にご飯が付くのと、選べる座席が増えるといった感じ。(タイガープロ)

ちなみに単品だと20キロの受託荷物で3400円するので、20キロ必要なら座席指定がセットの方がいいですね。
15キロなら3000円です。

座席指定は隣合わせを選択するのに800円、足元が広い席を選ぼうとすると2600円。
これはさすがに高い!!笑。

また、タイガーエアの搭乗券がクーポンになるという、おもしろい企画も発見。

▲台湾だとこんなことろで、割引が受けられる。

実際これを目当てに飛行機に乗ろうという人は少ないと思うけど、あるとなんか嬉しい。
チェックしておいて、もし行く場合はぜひとも活用したいところ!!

タイガーエアの機内食

実際には食べてませんが、美味しいと評価が高いタイガーエアの機内食!!

▲ご飯で1000円ちょっと、サンドイッチで800円ぐらいですかね。

▲ドリンクやお菓子ももちろんあります!!

基本的には機内に食事や飲み物の持ち込みは禁止されていますが、これが没収されることはまずないと思います。
ただ、機内アナウンスでも飲食物の持ち込みは禁止と流れていたので、ちょっと気まずいかも。

チェックイン方法

残念ながらウェブチェックインというのはありません。
タイガーエア・シンガポールではあるみたいですが、日本初のタイガーエア台湾では対応していませんでした。

チェックイン時間は2時間半前から45分前まで。

個人的には早めに空港に行って、ラウンジに行くのが好きなのですが、この日は並ぶことなくスムーズだったので、ラウンジでもゆっくり時間が取れました!!

【関連記事】
>>無料でラウンジが使えるプライオリティパス付帯のクレカおすすめ3選!

必要なものはパスポートと、帰りの便がわかるもの。

(世界一周してるとき、その国から出国する便を取らずに入国することはよくありました。例えば陸路で移動する予定の場合もそうです。そういう時は、ビザ切れても航空会社は責任持ちませんよというサインを書かされるか、説明を受ければ帰りの便はなくても大丈夫でした。)

手荷物の重さを計って、機内持ち込みのものにはタグをつけてもらい、チェックイン終了です。




実際の搭乗記録《名古屋⇄台北》

写真は名古屋から台北へ行くときの機内です。

行きも帰りもでしたが、まさかの横2席が空席の快適座席でした。

▲足元も広々してて、個人的には全く問題なし。

またエアアジアは寒いと有名ですが、飛行機で初めて全く寒くないと思ったかもしれません。
それぐらい快適な機内でした。

ちなみに、タイガーエアの制服撮り忘れましたがあまり可愛くありません笑。
黄色のシャツに黒のパンツ、ベルトの代わりにトラ柄のスカーフを巻いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
少しはタイガーエアに乗るときの不安が減っていると嬉しいです。

この時代にLCCに乗らないのはやっぱり勿体無いように思います!!

特に台湾は日本から3時間もかからない近場です!!
近距離ならなおさら乗るべきです。

みなさんもLCCを活用して素敵な旅を!!

関連記事】
>>LCC飛行機でもう暇とは言わせない!!機内の暇つぶしアイテムを紹介!

【関連記事】
>>小林髪廊(長春店)で座る台湾式シャンプーを体験!300元で女子力アップ!

 

<SPONCERD LINK>















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください