深夜バスでロンドンからパリへ!ユーロスターより安いメガバス(FlixBus)で国境越え!

ジュリ
こんにちは、ジュリ(@jurinagaya)です

今回は『メガバスでロンドンからパリへ移動する』の巻です!!

ロンドンからパリへは、飛行機・電車・バスの3種類がありますが、今回は1番安いバスを選びました。

ちなみに電車だとユーロスターという新幹線みたいなので100ユーロ前後です。
距離的には東京-大阪ぐらいで2時間半ぐらいで行けます。

日本と大差なくコスパもいいような気がしますが、バックパッカーにとって100ユーロは大金!
というわけで、今回はそんな激安バスを紹介していきたいと思います。

 

メガバスの料金

バス会社も何社かありますが、今回はメガバスをチョイス。
このメガバスは、早期予約すると、たった1ポンドで旅行できちゃうってのを売りにしている会社です。

車体は青に黄色の、気持ち悪目のおじさんが書かれています!www

 

時間も様々でもちろん昼間に移動できるものもありますが、今回は深夜バス。
夜10時にロンドン発、6時にパリ着です。

料金は1人40.5ポンド(約6400円)でした。
早く予約すればするほど安いですが、2日前に予約してこんなもんでした。

追記

今現在(2019年9月)ヨーロッパ大陸のメガバスはFlixBusという会社に売却されたようで、ロンドン-パリ間のメガバスを予約しようとしてもフリックスバスのページに飛びます。

でも嬉しいのはだいぶ安い!!
15ユーロ〜25ユーロぐらいで買えそうです!

【FlixBusのHP】

メガバスでロンドンからパリへ

ロンドンの出発地駅は、ヴィクトリアコーチステーション(Victoria Coach Station)
ヨーロッパ各地へのバスが発着する、巨大バスターミナルです。

バスの中は綺麗だったけど、リクライニングが無かった気がします。
もちろん充電やWi-Fiも完備されています。

▲照明も無駄にいい感じです

トイレもあり、すごく綺麗。
今回体調を崩しての移動だったので、この綺麗なトイレにはかなりお世話になりました!

 

普通の深夜バスと違う所は、途中ドーバー海峡を渡る為、バスごとフェリーに乗る。
船に乗っている間は、バスから降りて、船内へ移動する。
要するに必ず起きなければいけないという事です。

普段、船に乗る事は少ないし、わくわくポイントとも言いますが、もう12時も回っているし、眠いし苦痛でしかありません。

▲フェリーの中の様子はこんな感じ


船内の様子はというと、すごく綺麗でスタバもあって、とってもリラックスできました。
みんなソファ席で寝たり、普通におしゃべりしたり。

▲じゅりはこのようにグロッキーです。
この感じ結構寒かったと思います。季節は5月中旬です。

船に乗っているのは約90分。
フランス側のカレー港に到着。

またバスに戻り、パリを目指します。

 

到着は朝6時にパリのガリニエターミナル。
中心部からは少し離れますが、すぐに電車の駅なので意外と便利です。

 

まとめ

メガバスについては、散々な情報をたくさん見ましたが、私達の時はスムーズに移動する事が出来ました!!
ただ半年間の旅行中、この日が1番辛かった。

早朝にチェックインできるはずはない、ただ眠い、気持ち悪い、今日はパリの友達と遊ぶ約束をしている。
という事で、この後ホステルの共有スペースで、堂々と寝るのでした。

【関連記事】
>>【ヨーロッパ前編】世界一周中に夫婦2人が泊まった宿まとめ

【関連記事】
>>バックパッカーが教える!物価が高いロンドンを低予算で楽しむコツ。

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア