バックパッカーが教える!物価が高いロンドンを低予算で楽しむコツ。

アメリカのキャンプはまだ続くのですが、
今回は都会のヨーロッパ編いきます。

 

私達がヨーロッパで1番初めに入ったのが、イギリス・ロンドンです。

ケニア・ナイロビからブリティッシュエアーでロンドンへ。
到着したのは朝6時。

ヨーロッパの前はアジア・アフリカを回っていたので、急に都会になっちゃって
空港に着いた瞬間から、なんだかそわそわしちゃいました!!笑。

大都会で、久しぶりの電車に乗るにも緊張!

そんで街の人オシャレ!!ていうか自分たちがダサすぎ!笑。
みたいな感じでスタートです。

物価の高いロンドンで、バックパッカーは楽しめない!
決してそんな事はありませんませんでした!!

 

皆さんもたまにはホステルどうですか?

とりあえず、ださすぎて無理、着替えたい!
というのと、荷物を預けたいので、今日のホステルへ。


↑これでロンドンの街に降り立った自分に拍手笑。

駅の名前はパディントン(padinton)、
↑こちらの熊の名前です、聞き覚えありますよね。

宿の名前は「Equity Point London」2人で二泊、約11000円(79ポンド)。
オーノー!物価高い・・・それでも8人相部屋。
↑1番手前の入り口がホステルです。外観めちゃめちゃオシャレ!!


↑中に入るとこんなフロント。


↑ホステルの朝食スペース!ゆで卵が置いてあって感動。
海外の方は、こーゆーホステルの個室に、家族で泊まるのも普通みたいです。

探せばもっと安い所はあるけど、平均価格だったと思います。
肝心の部屋の写真撮り忘れました。

 

ロンドン旅行でオイスターカードは必須!?

ロンドンの交通網はとても発達しているので全く困らない!
そしてオイスターカード(日本で言うスイカとかマナカみたいな感じ)を使えば、
全ての乗り物に乗れて、通常料金の半額ぐらいで乗れる。↑オイスターカード!相当助けられました!

私達は電車よりバスの方が安いし、あの赤いバスにも乗りたいしで、ほぼバス移動。
またオイスターカードを使えば、ある一定の金額で上限になり、
その日1日、乗り放題になります。バスだと、上限は4.4ポンドです。

↑二階建てバスからの眺め、いかにもヨーロッパ!

ちなみに1回の運賃は、現金だと2.4ポンドかかるのに、
オイスターカードだと1.45ポンドですみます。

バックパッカーはオイスターカードで、バス移動すべしです!!

 

お金のかからない観光名所

基本的に中に入ったりすると高すぎるので、外から眺める必須です笑。
これとっても重要です!

大英博物館(British Museum)

こちらは中に入れます!何故無料?というとても立派な博物館。
必ず行くべきです!
私達が気になったのはエジプトの展示。少し前に行ってたから、どうしても目に留まる。
行った行った!みたいな。日本のものも展示されていました。

IMG_9199
↑ラムセス2世、エジプトで完全に顔インプット笑。

常設提示だけでもものすごく多いので、一日で全てを見るのは不可能だと思います。
それだけ、たっぷり楽しめる場所です。

毎日営業(10:00〜17:30)金曜は開館時間を延長しています。

ナショナルギャラリー(National Gallery)

ここもどうしてお金を取らないのか、貧乏旅行の私達でさえ、そう感じる美術館。
絵がありすぎるほどある。
1番有名なのはゴッホの「ひまわり」でしょうか。
人も多すぎるが、無料でこの規模の美術館に行く事は他では出来ないから、
立ち寄るべきです。

毎日10:00〜18:00、金曜のみ10:00〜21:00

ポートベローマーケット(Portobello Market)

毎週土曜に開かれる蚤の市。西ロンドンに位置するアンティーク・マーケットです。全長2キロもあるみたいで、売り物によって場所が決められています。
Notting Hill Gate駅から看板が出ていますので、それに従っていけば着きます。

アンティーク物からお土産、服、食べ物もたくさんありました。
ここではいちご(2ポンド)とパエリア(6.5ポンド)を食べました。服も買いました。
↑絶品パエリア(約1000円)高いけど、美味しかった!

買わなくても面白いし、パフォーマーもいて賑やかだし、必ず楽しめます。

↑確かにすごいけど、もの凄い時間をかけてリンボーダンスします。

可愛い建物とか、オシャレなウォールアートもあるので、フォトスポットにも
お勧めです!!

↑メインストリートから1本それるとこんな街並みで女子ウケ抜群です。


↑かと思えばこんなストリートな感じの所もあります

ちなみに着てるシャツ、この時購入しましたが、
この後かさばりすぎて苦労する、デニムシャツです。(4ポンド)

 

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)


↑門も高級感があり、もの凄く高いです。

今でも実際に使われている王宮として有名です。
なのでそもそも中に入ったりは、限られた期間しかできません。
けどここで有名なのは護兵交代式です。


↑奥の建物が宮殿で、護兵交代式の時は、この辺り一帯が人で埋め尽くされます
私達は見てないけど、こちらもタイミングが合えば行くべきです!

夕方、ウェディングフォトを撮ってるカップルもいました。

↑パンプス黒って日本には無いですねー!!

 

ロンドン・アイ(London Eye)


ヨーロッパ1大きい観覧車らしい。
1カプセルでなんと、25人も同時に乗る事が出来ます。

これに乗るのに結構たくさんの人が並んでいました。
もちろん乗るはずは無いけど、この辺りは公園になってて賑わっていて
大道芸の人もたくさんいて、ちょっとしたお散歩にはちょうどいいと思います。

 

ビッグベン(Big Ben)


言わずと知れた超有名な時計台。
隣のウェストミンスター宮殿は国会議事堂になってます。
初めにお伝えした通り、中に入らず外から見るのが重要ポイントです笑。
それだけでも価値のある、有名な場所ですから!

 

ウエストミンスター寺院(Westminster Abbey)

キャサリン妃が結婚式を行った場所。
営業時間を過ぎていたので中を見る事は出来なかったけど、
前職、じゅりはブライダルタイリストだったので、やっぱり気になる場所。
当時キャサリン妃が着たウェディングドレスの影響で、
長袖ブームが到来したが、それにはなかなか苦しめられたものです笑。

 

キングス・クロス駅(King’s Cross Station)


↑ハリーポッターの撮影で使われた駅として有名。
とはいえ、正直そんなに好きじゃないから、そうなんだ程度笑。
でもロンドンの名所ですから、一見の価値有りです。

 

公園


↑会社の昼休憩の人とか、学生さんとか年齢層色々!

印象ではそこら中に芝生の公園があって、ゆっくりできます!
暖かい天気のいい日なら、サンドウィッチ持ってひなたぼっこ最高です!
なんだかんだ、こんな時間の使い方が、1番贅沢で幸せだったりします。

 

余談

ロンドンでどうしてもやりたかった事は、
あっちに住んでる友達に会う事。

なみはロンドンを拠点にメイクアップの仕事をしていて、
凡人には到底理解できない世界で、頑張ってる。
気付けば、なかなかすごい人になってて、本当に尊敬する。

スーパーアーティストは忙しく、私達が着いた日、
スコットランドに仕事に行くことになっちゃって、その日一緒に遊ぶ事はできなかったけど
空港で、なみが出発までの1時間ぐらい会うという、地味にオシャレな再会をしました!!

 

でもその二日後、私達のロンドン最終日に、なみとその彼とご飯に行けて、
フィッシュ&チップスを、結婚祝いという謎の名目で御馳走になりました。


ちなみに彼、ていじさんもヘアメイクの仕事している。アーティスティックな2人。
かっこ良すぎるヤツです。
今回は多目にチップ払ってないから店員さんに写真頼みづらいね、
とかって話もかっこいい笑。
そーゆーもんなん?みたいな。

少し前にバックパッカーの先輩がチップなんて払ってたらキリないよ、
と教えてくれていた。
彼はチップ制度のあるアメリカ出身なのに、さすが旅人!違うなーと思っていたけど、
この2人の大人な考え方もさすがだなーと思った。

 


2人に御馳走になった後は、格安移動バスの『メガバス』で次の国へ!!
激狭、リクライニングなし、途中で船に乗る為バスから降りる、
更には油食べ過ぎて気持ち悪い、等々地獄の旅路でパリへ向かいます!

【合わせて読みたい】
>>バスなのに船?ロンドン→パリの国境をメガバスで越えてみた!

>>旅して生きる方法。海外ノマドが実際にしているお金の稼ぎ方5選。

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア