仁川空港でプライオリティパスが使えるラウンジ「Sky Hub Lounge」を紹介!!

<SPONCERD LINK>













ジュリ
こんにちは、ジュリです

今日はラウンジシリーズ。

先日名古屋からフィリピンのセブ島へ行くのにチェジュエアーを使いました。
韓国でナンバー1のLCCです。

なので乗り換えはマニラじゃなくて、韓国の仁川空港でした!
仁川空港はアジアの巨大ハブ空港として、シンガポールのチャンギ国際空港や、マレーシアのクアラルンプールと名を連ねます。

というわけで、仁川空港のラウンジについて。
今後、仁川での乗り継ぎも増えると思うので参考になれば嬉しいです。

【関連】年会費399ドルのプライオリティパスがタダでもらえるクレカはコチラ!!
>>無料でラウンジが使えるプライオリティパス付帯のクレカおすすめ3選!

プライオリティパスが使えるラウンジ(Terminal 1)

今回はターミナル1の利用だったので、ターミナル1の情報をお届けします。
ターミナル1に、プライオリティで行けるラウンジは全5ヶ所あります。

  1. Matina(2ヶ所)
  2. Asiana Business Lounge
  3. Sky Hub Lounge(2ヶ所)

ターミナル1はイーストウィングと、ウェストウィングに分かれてるので、MatinaとSky Hub Loungeはそれぞれ左右に1ヶ所ずつ位置するような形になります。

▲Matinaはホテルの中にあります。

▲そして今回私たちが使ったのはSky Hub Loungeのイーストウィングの方です。
イーストウィングのMatinaもAsiana Business Loungeにも行きましたが、いっぱいで入れませんでした!

Sky Hub Lounge(イーストウィング)

場所

▲場所はゲート11の向かい側にあるスカレーターを上がって、4階に行きます。
仁川空港のラウンジは緑の看板で表示されてるので、わかりやすいです。

▲4階に上がるとTransfer Deskがあるので、その奥へ進むとラウンジがあります。

▲すぐ行った右手がSky Hub Lounge、突き当りがMatinaです。

料理・ドリンク

他のラウンジには行けなかったのでわかりませんが、少なくともここの料理は絶品でした!
種類も豊富で個人的には大満足!

韓国はトランジットで出国してませんが、韓国料理をたくさん食べられたので旅行した気分になれましたw

その代わりと言ってはなんですが、軽食と言える物が少なくがっつりご飯が多かったので、お腹が空いてない人にはヘビーかもしれません。

▲今取り分けようとしてる、写真左のお肉が絶品!おかずだけでなくポテト、ペンネ、チャーハンもありました!

▲冷菜もこの通りです。色が赤いものはやっぱり予想通り辛いw

▲自分でビビンパ作れるようにもなってました!

▲そして韓国と言ったらこれ!!辛ラーメン!大人から子供まで、みんな面白いぐらいに食べてましたw

▲パンやコーンフレークもありました。

▲ジュースはお手軽缶タイプ。ピンクの缶のマンゴージュースが美味しゅうございました。

▲コーヒーメーカー、左のはなんだかすごそうなやつ。もちろんビールやワインもあり!

ラウンジの雰囲気

空港自体にも人が多く、他のラウンジもいっぱいだったし、当然このラウンジにもすごくたくさんの人がいました。

私たちが行ったのは、午後6時頃から二時間弱で、ちょうど混み合うタイミングだったかもしれませんが8時前に出るときもたくさんの人が並んでました。

ラウンジ自体はそんなに広くありません。お手洗いもラウンジの外にありました。

▲でもソファ席にも小さい丸テーブルがついてるのは嬉しいです。

▲空港を見渡せる窓際はカウンターになっていて、パソコンが置かれてました。

Sky Hub Loungeの営業時間

午前7時〜午後9時半
午後10時〜午前6時

夜の9時半から10時、朝の6時〜7時がお休みでそれ以外はずっとやってます。

また通常は3時間のところが多いですが、こちらは最長5時間いられるのも嬉しいですね。

シャワー情報

トイレもラウンジの外にあるぐらいですから、中にはありませんでしたが、外にシャワールームがありました。

いくらで使えるのかよくわかりませんでしたが、トランジットの人なら無料です!!
トランジットの時しか浴びないので、これは嬉しい!

▲日本語での案内もばっちりですが、いくらかはわかりませんw

仁川空港で空港泊

これはおまけですが、ターミナル1では空港泊もばっちりできそうです!
もちろんトランジットホテルに泊まるという選択肢もありますが、無料で寝るのもお安い御用なスペースがありました。

その名もナップゾーン。

▲ここは空港泊する人にとっては極楽ゾーンです!

▲中はこんな感じで、誰でも入れるし照明も暗くなってて寝やすさも抜群。
夜にはすごい競争率になってるのかもしれませんが・・・。

もしいっぱいならこちらもオススメ。

▲デジタルゾーンとありましたが寝放題ですw

▲作業したい人は、こんなオシャレな場所も使えます。カフェが併設されてますが何も頼まなくて座れます。

まとめ

仁川空港は巨大ハブ空港なんだということを、とても実感。

エンターテイメント性もあって、チマチョゴリを着たお姉さんが楽器を弾いたり歌を歌ったり。
かと思えば、韓国ドラマでよく見る感じの行列が歩いてきたり。
と思ってるとクラシックの演奏が始まったり。

▲こちらが突如現れた行列!w

▲韓国の伝統扇子を作ろうって体験がコーナーがあって、やっちゃってる我々がいたり笑。

トランジットでしたが、とっても韓国を味わえる空港でした。
Sky Hub Lounge に行けば韓国料理も味わえてハッピーです。

それでは今日はこの辺で、皆さんも素敵な旅をー!!

【関連記事】
>>無料でラウンジが使えるプライオリティパス付帯のクレカおすすめ3選!

【関連記事】
>>海外夫婦ノマドが旅しながらブログ月収10万稼ぐために意識してきた7つのこと。

<SPONCERD LINK>













夫婦ブロガー相談室開催中!

こんな方を応援してます!

  • 好きなことを活かして生きていきたい!
  • 世界一周してみたい!
  • ブログを初めてみたい!

旅しながらブログを書くことで月収10万稼ぐ夫婦が、あなたが好きなことで生きていけるために相談にのります。
現在5名の方のブログ相談に乗ってきました!
あなたも、僕たちと一緒に好きなことで生きていきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA