パンガン島観光まとめ。ビーチに夕日!フルムーンパーティだけじゃない!

ジュリ
世界中の島に行きたいと思っています、ジュリ(@havefunjuri )です!!

今回はフルムーンパーティで有名なタイ・パンガン島についてです。
この島はパーティーアイランドとして知られていますが、それ以外にもたくさん魅力が詰まった島です。

【関連記事】 フルムーンパーティーに行かれる方はこちらもぜひ!
>>【完全攻略】パンガン島フルムーンパーティーの場所・日程・楽しみ方・注意点!

フルムーンの翌日何するか、はたまたフルムーンじゃない時にパンガン島に行かれるという方!
今回はたっぷりとパンガン島の魅力をお伝えできればと思います!!

【関連記事】 行き方はこちらを参考にしてください。
>>バンコクからパンガン島までの行き方まとめ!【電車・バス・飛行機】

 

パンガン島の遊び場

①Paradise Waterfallで緑を感じる

パンガン島には海しかないと思い込んでいる皆さん、大間違いです!
この島には緑が多く残り、たくさんの滝もあります!!

今回紹介する滝は、すごく壮大な滝なわけではなく、静かにマイナスイオン浴びるって感じの場所です笑。
ちょっとしたラグーンのようになってるので、普通に入ることもできます。

▲写真の手前側がラグーンになってます。

大きな滝ではないけどこの滝をオススメするのは、先日のフルムーンパーティが嘘だったかのような静かな時間を過ごせるから。
もちろん、フルムーンに行ってない方も心洗われると思いますよ。

またここに行くまでの道のりが結構大変で、探検気分を味わえるのも個人的には楽しかったです。

▲こうして険しい道を進んで行きます!!

入り口から滝までは歩いておよそ15分ぐらいです。
入場料は20バーツかかりますが、ペットボトルの水を1本くれます。

ビューポイントまでは1時間ぐらいあるようなことを言われ、やめましたw

壮大な滝がお好みの方はタンサエット国立公園入口(Thansaet National Park)を抜けるとある、ペーン滝(Phaeng Waterfall)が凄そうでしたよ!!

②Secret Beach(Haad Son Beach)でまったりする

シークレットビーチという名の、ハードソンビーチ(Haad Son Beach)
地元の人にはシークレットビーチでは通じない場合もあるみたいです。

ちなみに前日のフルムーンで行ったのはハードリンビーチ(Haad Rin Beach)がメンズ達のトイレと化していたあの海ではとても泳ぐ気にならず、ここへ行き着きました笑。

▲全体はこんな雰囲気で木陰もあっていい感じです。

正直シークレットというには、少し人が多いような気もしましたが、こじんまりしたビーチでゆったり過ごすには最高な場所。

▲ビーチの長さもそれほど長くなく、砂浜の面積が狭い感じが、シークレット感出てました。

ここでは気ままに過ごす人が多く・・・

▲羽子板みたいなんで遊んでる人たちもいたり。

▲アクロバティックな人もいました。

透明度はスーパークリアという訳ではありませんでしたが、十分綺麗!!
ここでのんびり過ごすのも、なかなか贅沢な時間です。

③リーラビーチ(Leela Beach)でまったりする

もう1つ紹介したいビーチがあります。
だいぶ先端のはずれになりますが、余裕があったらオススメです!!

ここは綺麗な宿泊施設に、オシャレなカフェが一軒だけある全然人のいないビーチです。
夕日も綺麗に見れるので、ここでサンセットを見るのもいいです!

▲この日は雲が多めでしたが、綺麗な夕日が見れました。

▲後ろに見えてるのがThe Cabin Beach Resortで、家族づれで泊まってるところもありました!

▲こちらは誰でも利用できる、オシャレなおカフェ。

▲サーフボードからシャワー出るやつ!!

あと、ここで働いてるベンは日本が大好きで、完全なるヒイキをしてくれます笑。
みんなに優しいのかもしれないけど、とにかく日本についてよく喋る笑。

▲ちょっと暗いですが、一番左がベン。

そんな彼に会いに行くも良し、ビーチに遊びに行くも良し、はたまた宿泊するのも良しです!
次はここに泊まれたらいいなーと思うような綺麗な場所でした。

④アムステルダムバーでサンセットを見る

超人気スポットなんですかね?めちゃめちゃ人いました!!

海沿いではなく高台にあって、ここからサンセットを眺める。
運転じゃければ一杯やっていい気分になれますよ!

なんていうか、雑な感じの席もいい雰囲気出してます。
早く行かないと席ないし、前の方には絶対座れませんが、後方から見る全体の雰囲気もすごく良かったです。

▲こちらが雑な席です。ある意味日本の宴会みたいな笑。

バーの名前の通り、タバコじゃない匂いのタバコを吸ってる人がたくさん。
完全キマってる人も多々笑。

そういう意味では結構衝撃な場所。

▲日が沈むと明かりが灯って、また違ういい雰囲気出てました。

お酒以外にも普通にご飯や、軽食みたいなのもたくさんありました!!

 ⑤屋台でローカルフードを食べる

パンガン島にもたくさんのタイフードがありますが、マイトマーケットで食べるご飯はローカルな雰囲気を味わえてちょっと楽しくなります。

私たちが行ったのは「Pantip Night Food Market」
たまたま通りかかった場所でしたが種類も多くてオススメです。

ご飯物から、屋台で串、クレープ、アイス、などなど。

▲ドラえもんはタイですごい人気!!こういった屋台もあり。

▲フードコートみたいになったお店もあり。

食べませんでしたが、虫もあり。

▲定番のフライドライスも、安定の美味しさ!!エビ入れても200円ぐらいです!!

それにしてもタイ料理は美味しいし、安いし病みつきです!!

⑥Haad Rin Beachでもう一杯!

先ほども紹介しましたが、ここはフルムーンパーティの会場になってるビーチで、フルムーンの時じゃなくても夜になるとお店が並んで、音楽が鳴り出します。

余韻に浸るもよし、行かれてない方はちょっとだけ雰囲気味わうもよし、海風感じてもういっぱいやるのも悪くないです。

謎にペイントもやってました!

▲そんでやる人がいるから驚き笑。

▲ビーチのお店だけでなく、ビーチ沿いの建物の二階で飲んだりもできます。

私たちは冬に行きましたが、結構寒かったのでそれだけ注意してくださいね!!

 

パンガン島観光スポットマップ

上に紹介したものを地図でまとめてみたので、よければ参考にしてください。

緑・・・Paradise Waterfall
水色・・・Secret Beach
オレンジ・・・Amsterdam Bar
黄色・・・Pantip Night Food Market
紫・・・Haad Rin Beach
青・・・Leela Beach

パンガン島の移動はレンタルバイク

移動手段は2通りです!

  1. レンタルバイク
  2. 乗り合いタクシー(ソンテウ)

フルムーンの日は危ないのでもちろんソンテウに乗るべきですが、こうやって1日遊ぶ日はレンタルバイクを借りましょう!!

 

料金は島中一律で250バーツという激安料金で借りられます!基本的には24時間です。
ガソリンもビン1本(約1ℓ)大体40バーツぐらい。

タイで国際免許証を出したことはなく、パスポートがあればレンタルできるので手軽です。

とはいえ、日本と違って道もよくないし、あんまり運転したことない女性の方は気をつけてください!

タイではびっくりするぐらい、松葉杖とかびっこ引いてる人がたくさんいます。みんなバイクです。
ちなみに私もこけました笑。

なのでくれぐれも慎重に!!

まとめ

いかがでしたか?
私は行くまで「パンガン島=フルムーンパーティ」のイメージしかありませんでした。

でも行ってみると、意外と自然が豊かな綺麗な島でした!!
もちろん年中、そこら中でパーティしてるみたいでしたがw

フルムーンパーティに行かれる方も、そうでない方もパンガン島楽しんで来てください。

それでは皆さんも素敵な旅を!!

 

関連記事!!
>>>>【検証】タイに持って行くべきWi-FIはどれ?実際に3社持って試した結果は?

関連記事!!
>>>>【完全攻略】パンガン島フルムーンパーティーの場所・日程・楽しみ方・注意点!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア