ロウアー・アンテロープ・キャニオンへ個人旅行で行く方法!!

アンテロープ・キャニオンにはアッパーとロウアー、二箇所あるのをご存知ですか?

どちらかというとアッパーの方が有名で、中に広い空間があって、
光が差し込むこの写真が超有名ですね。

参照:travel book

ロウアーはより深く狭く、閉所的ですが、基本的には同じです。

私たちは予約がギリギリになってしまい、アッパーの予約が取れなかったので、ロウアーに行ってきましたが、
十分すぎるほどの絶景でした。

なので今回はロウアー・アンテロープ・キャニオンについて。

<SPONCERD LINK>

 

 

個人旅行での行き方

できれば事前にオンラインで予約して、現地へ行く!!
以上ですw

場所もオンライン予約したら、地図付きでメールをくれたし、看板も出てるので迷うこともないと思います。

▲この火力発電所が目印です。

ツアー会社

ロウアーの方では、2社がツアーを開催しています。

こちらの2社です。

料金

どちらもほぼ同じ内容です。

一般ツアー:25ドル
写真ツアー:47ドル
(ナバホ公園への入場料8ドル別途必要)

値段も同じでした。
(一般ツアーでは三脚を持ち込めませんので、本格的な写真を撮りたい方は写真ツアーがオススメ)

▲でもなぜか、私たちが行った時、一人20ドルでしたw

時間

時間も同じでした。

夏時間(3月〜11月の第1週)8:00~17:00/最後のツアーは16:00
冬時間(11月の第2週〜2月)9:00~16:00/最後のツアーは15:00

どちらも20分おきにツアーは出発します。

私たちの予約は15:10でしたが、1時間から45分ほど前にきてくださいというメールだったので、早めに行ったら14:10のツアーで出られるけどどうする?と言われ、結局1時間前に出発できました。

ツアー自体は1時間ちょっとです。
レセプションの小屋から、10分ほど歩いて実際に中へと入っていきます。

ツアーの内容

今回はDixie Ellisの方で予約したので、そちらのツアー内容ですが、
内容もほぼ同じと思われます!!

で、感想は素晴らしいの一言でした。

入ったところはガイドさんと一緒じゃないと入れません。

で、このガイドさんもはやカメラマンみたいな働きをしてくれます。
なので二人で行って、二人の写真もたくさん残せました。

またiPhoneの設定を教えてくれたり、特殊な魚眼カメラでとってくれたり、大満足です。

▲上から見た感じ、どこがそうなのか一人じゃとてもわかりません。

 

▲入り口はこんな長い階段をくだって、かなり深いところまで行きます。

 

▲ガイドさんがポーズまで指定して、魚眼カメラで撮ってくれました。

 

▲これ全部水が削ってできたものらしいです!!

 

▲ここにいるときは夢中であまり感じませんでしたが、結構狭いですね!

 

▲ただただ「すごい」を連発する1時間でした。

持ち物

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • スニーカー

こちらも予約完了メールに書かれていますが、念のため記載しておきます。
とにかく日差しが強いってことですね。

あと足元は決して言い訳ではありませんので、サンダルは避けましょう!!

まとめ

アッパーの方に行けずに少し残念だな〜って思ってましたが、全然そんなことなかったです。

アッパーのビームと呼ばれる日差しも、限られた時間しか見られず、それも必ず見れるわけじゃないので、初めからロウアーに来れて良かったとも思えます。

とにかくかなり不思議な空間です。
半年の世界一周で写真が多い場所上位3位に入ってると思います。

あとここまでレンタカーで来られるかたはモニュメントバレーもオススメですよ!!
[]kanren postid=”7103″]

皆さんも素敵な旅をー!!

<SPONCERD LINK>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です