【完全版】クスコからマチュピチュ村への行き方!あなたはどのルートで行く?




ジュリ
こんにちは、ワイナピチュに登ったことを死ぬほど後悔したジュリ(@jurinagaya)です。

今回はマチュピチュについて。
楽しみにしていたこのマチュピチュ、チケット取るにも、行き方選ぶのも、金額も、色々大変な観光地です。

きっと皆さんもありすぎる情報に振り回されて、疲れ果てているのではないでしょうかw
実際私がそうでした。

なので今回は、その中でも調べるのにかなり苦労した行き方、【クスコからマチュピチュ村】の部分についてまとめてみました。

皆さんのお役に立てれば幸いです!!

 

クスコ(Cusco)からマチュピチュ村(Machu Picchu)までの行き方

大きく3通りの行き方があります。
細かく分ければ、もっとたくさん方法はあるのですが、そーゆー余分な情報があるからややこしいんですよねw

なのでこの3通りの中から、ご自身にあったものを選ぶと良いと思います。

位置関係位を簡単に地図にしてみたので、参考にしてください!!

ルート① クスコ→ポロイ→マチュピチュ村 
ルート② クスコ(パビトス)→オリャンタイタンボ→マチュピチュ村
ルート③ クスコ→水力発電所→マチュピチュ村

ルートは上にあげた3つがメインになりますが、詳しく見ていきます!!

 

ルート① クスコ(ポロイ)→マチュピチュ村《便利だけど高い》

この行き方の注意点は、クスコといっても、実際はポロイ(Poroy)という町から電車が出ている為、ポロイまではタクシーかコレクティーボ(相乗りバス)に乗る必要があります。

ただクスコからポロイはタクシーで10分ほどです。
その後はペルーレイル(Peru Rail)という電車(赤い線
で乗り換えも無く1本です。

もちろん楽なだけあって、値段も高いです。
最安でも約8155円です。

この方法を選ぶ方はコレクティーボではなくタクシーに乗られると思うので、クスコからポロイまでのコレクティーボでの行き方は割愛させて頂きます。
(②番の行き方でこの部分は説明します!)

参考までにポロイ駅からマチュピチュ村までの時刻表と金額です。

※こちらは往復で買った時の金額表示です。(片道だけで買うより安くなります。)
※時期によって時間・料金は変動しますので、必ずペルーレイルのHPから確認してください。

またこの表をみて、金額の違いにびっくりされる方も多いと思いますが、ペルーレイルには全部で3つ、列車の種類があります。

その3種類を簡単に説明させて頂きます。

ペルーレイル・エクスペディション(Peru Rail Expedition)[片道65ドル]

こちらは1番お値打ちな種類です。
これでもパノラマ列車になっていて、十分綺麗でした!!

▲簡単なスナック菓子と飲み物も出ました。

 

ペルーレイル・ヴィスタドーム(Peru Rail Vistadome)[片道105ドル〜115ドル]

エクスペディションとの違いは天井までガラス張りになってる、
スナック菓子ではなく、軽食が用意されている。

と書いてありましたが、エクスペディションでも上の写真の車内だったので、ちょっとハテナです。

▲電車はウルバンバ川沿いを走っていきます!

私はエクスペディションに乗ったので、ヴィスタドームの写真はありませんが、観光客に1番人気はこちらの列車みたいです。
(個人的にはエクスペディションで十分だと思います。)

 

ペルーレイル・ハイラム・ビンガム(Peru Rail Hiram Bingham)[片道450ドル]

参照:ペルーレイル

こちらはセレブが乗られる列車です。
往復で10万円弱かかります!!高すぎて笑えます!!

行きはブランチ、帰りはカクテルディナーが楽しめるという、動く超豪華レストランって感じですかね。

写真のようにラウンジ車両みたいなのも用意されてるみたいです。

ルート② クスコ(パビトス)→オリャンタイタンボ→マチュピチュ村
《値段はそこそこで便利で早い》


合計で片道6055円です。

クスコからオリャンタイタンボ(Ollantaytampo)まではコレクティーボで行って、その後電車に乗る方法です。
①に比べて安いし、乗り物に乗ってる時間は短いです。

最初のコレクティーボは、パビトス(Pavitos)という所から乗れます。
パビトスからポロイ、ウルバンバ(Urubamba)を経由してオリャンタイタンボまで着きます。

(なので①番の方法で、もしコレクティーボに乗る場合は、パビトスからポロイまで乗ってください。)

▲乗り場付近に行くと、行き先ごとの札を持ったおじさん達が、かかんに営業をかけてきます。

クスコのコレクティーボの乗り場は「パビトス」にある

 

▲こんな感じの車で行きます。

 

▲こちらがオリャンタイタンボ駅です。

ちなみに私たちは11時半頃、オリャンタイタンボ駅に到着して、次の電車がまで1時間ほどあったので、ここで昼食を食べました。

▲こんな感じのプレハブみたいなお店が数件並んでて、ご飯が食べられます!

 

▲ご飯はこちら、10ソル(約330円)でした。

ここまで結構激しいデコボコ道ですか、駅まで着いてしまえば、そのあとは電車で1本です。
電車はペルーレイルと、インカレイルという2つの会社から選べますが、ペルーレイルの方がお値打ちなのでペルーレイルがおすすめです。

ペルーレイルの値段と時刻表

※こちらは往復で買った時の金額表示です。
※時期によって時間・料金は変動しますので、必ずペルーレイルのHPから確認してください。

①と同じように、電車の種類によってこちらもだいぶ値段が違いますね!!

 

ルート③  クスコ→水力発電所→マチュピチュ村《安いけど辛い》


往復チケット買えば、片道680円です!!

これはほとんどのバックパッカーが選ぶ方法で、スタンドバイミーコースと呼ばれてるものです。
圧倒的に安いです!!

徒歩という無料区間があるので、当然安いですが、10Kmも歩くので辛いのは確かです。

                  
はじめのクスコから水力発電所は、現地のツアー会社で申し込むので、交渉次第だったり、旅行会社によって値段が多少異なります。(地図ではコレクティーボとなってますが、おそらくミニバスです。)

一般的には昼食がついてるみたいです。

こちらは、バスで左端の水力発電所まで行って、ピンクのルートを歩きます。

このルートがずっと線路沿いなので、スタンドバイミーコースを名付けられてる訳です。

まとめ

いかがでしたか?
少しは情報が整理されたなら嬉しいです。

あなたの好みに応じて行き方を選んでね!

  • とにかく楽な方法で行きたい人は①
  • お金払いすぎも嫌、辛い思いして歩くのも嫌な人は②
  • とりあえず安く済ませたい人は③

 

といったところです。

私は②を選びました。お金はなかったけど、どうしても歩きたくなかったのですw

 

実際はこのマチュピチュ村から、マチュピチュへ行くのも、バスで行くか徒歩で行くか選べます。
マチュピチュの入場チケット買うのも何だか一苦労でしたが、この道のりを調べるのが1番大変でした。

皆さんもご自身にあった行き方を選んで、ぜひマチュピチュを楽しんできてください!

 

【村でゆっくり滞在するのもアリ!】
>>【保存版】まるで日本の温泉街?マチュピチュ村での過ごし方完全攻略!

【コチラもよく読まれてます】
>>クスコ空港のプライオリティパスラウンジはインカコーラが飲み放題!!

 

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>