【ピピ島】格安現地ツアーの申し込み方法と料金!封鎖したマヤベイとは!?




ジュリ
こんにちは、夫婦で世界一周を始めた最初の国はタイでした!!

タイという国にはたくさんの島があって、綺麗な海が広がっています!
今日はその中でも皆さんご存知ピピ島について。

行ったのはもう2年ほど前になりますが、最近は観光客が増えすぎて、マヤベイに入れなくなってるみたいです。
一時的の処置みたいなので、また入れる日が来るとは思いますが。

ということで、さっそくピピ島について。
当時書いたブログを使いながら紹介していきます!!

プーケットからピピ島へ行く

タイ、プーケット2日目。(2016.4.6)
「ザ・ビーチ」の舞台となったピピ島へ船で行く。

プーケットから、ピピ島へ船で行けるという事を知った僕たちは、ピピ島ツアーを申し込むことに!

調べていくとピピ島には、色々な名所がある。
マヤベイ、カイ島、ラグーン、モンキーベイ、などなど。

基本的には日帰りで、往復できるコースが多く、ピピ島に宿泊するプランなどもあります。
今回は、日数的に日帰りツアーに決定!

ツアーの申し込み方法と料金

一言で日帰りツアーと言っても、いろんな種類があります。
上で挙げた名所のどこに寄るかです。

ピピ島の中で最も有名なのが、マヤベイ(maya bey)という場所。
こここそが、あのレオナルドディカプリオ主演の『ザ・ビーチ』で、一躍有名になった場所です。

映画は見てなかったのですが、ミーハーな僕たちは、『やっぱり、そこは行かなきゃ』ってことでマヤベイは決定!

もう一つ、ラグーンというところが、絶景とのことだったので、その2つが入ってるところを探してみることに!


ここで大事なポイントを発見!!

マヤベイは、ほとんどのツアーに含まれてるのだが、

①上陸するか
②海から眺めるか

この2択があることに気づきます!

やっぱり上陸しなきゃ!ってことで、『マヤベイ上陸&ラグーンコース』に決定!


ネットで、さらに調べてみますと、
沢山でてきます。

上陸するかしないかで値段も違ってくるようで、通訳付きの日本人経営者がやるツアーなども、2000〜3000バーツ(6000〜10000円)ほどであります。


通訳なしで探してると、『マヤベイ上陸&ラグーンコース』1800バーツまで見つけられたので、
ここに申し込もうと思ったのですが、、、

よくよく考えると、現地の人のツアーに交渉した方が安くなるんじゃないか?!ということで、ホテルの下にある、ツアーコーナーに行ってみることに。

▲こんな感じで、街にはそこら中にあります。


そこでの値段は、3300
バーツ(10000円ほど)!!

高い!!

これは交渉の余地あるなと思い、1800バーツ以下にしたかったので、他で1500バーツだったから安くできる?と交渉すると、困った顔をしながら、1500バーツOK!

おぉ、下がるねー!

再度、交渉。

日本語通訳付きで1500バーツだったけど、「ここでは、通訳つくか?」と聞いてみると、付かないと。

それなら、もうちょっと安くしてよと、伝えると、ピピ島入園料金なども含まれてるから、それ以上できないと。

結局1500バーツ(4800円ほど)になりました。

まぁ、上出来でしょう。

 

ピピ島ツアーの内容

さて、前日に申し込み、ついに、出発当日。

大体の内容と順番はこんな感じ!!

ピピ島ツアーの流れ

・マヤベイ
・ラグーン
・モンキーベイ
・シュノーケル
・ランチ
・カイ島

朝7時30分集合です。
朝が苦手な僕たちには少々つらいのですが、良い眺めを見るために我慢です。

まずは、ピピ島へ出発する船乗り場まで、車で1時間ほど行きます。

▲アジアの移動といえばこれ、というバンですね!!

▲港に到着すると、朝から、物凄い人だかり!!

もしかして、全員ピピ島に向かうかと思うと、ゾッとします。

代表者のような人が大声で、こっちに来いと、呼び、①番のシールを貼られます。

 

▲ここにいる人たち、ほとんど①番です。

なかなか多いなぁ。。。

さて、集合がかかり説明を受けます。

半分何言ってるかわかりません。

 

▲わかったことは、フィンが欲しい人は100バーツ(320円ほど)払えということ。

2人とも泳げるので、パスすることに。

そして、舟に乗り込みます。
今回は、スピード船というやつらしく、かなり早いらしいです。

▲全員乗り込むと、ぎゅんぎゅんです。この中心の人が代表者『サン』です。


かなり、テンション高めの、元気ハツラツ体育会系です。
わりと乗客との温度差ありですww

それでもめげず、彼は説明を続けます。

そして、いよいよ出発!

聞いてた通りのスピード感、気分爽快!

No.①の僕たちの舟に続き、後続船がやってきます。

そして50分ほどすると、マヤベイに到着!

マヤベイ(mayabay)

やっベーーーーー!

これは、ヤバイです。

マジで、綺麗です。

▲ザ・ビーチの世界がそこに広がっていました。


早く上がりたいなと、思ってたところ、
よーく見ると、めっちゃ人いるー(°_°)

ピピ島はすでに超人気観光地になっており、見渡す限り、人!人!!人!!

▲ザ・ビーチならぬ、ザ・ピープルです笑。

海一切見えない。笑。
これは入れなくなるのも納得です。

▲それでも場所を移動し、良い写真も撮れました。

 

▲ついついはしゃいでしまう僕です。

ラグーン

お次は、ラグーンです。
ここは、絶景が取れる有名スポット。

▲ここも、ヤバいです!

 

▲これぞ、エメラルドグリーンと呼ぶにふさわしい海。波がなければ、そこが見えるほどの透明さ。

 

▲鬼が島みたいな雰囲気なとこも通ります。

 

モンキーベイ

鬼が島を後にし、お猿さんがいるモンキーベイに。

▲たくさんの猿がお出迎え。

しつけもされているそうです。

サンがお水を投げるとおいしそうに飲んでおりました。
猿ものどが乾いてるんですね。

下に猿が落としたペットボトルが散乱してたのは、なんとも言えない気分になりましたが。

▲移動合間に、サンと一緒にパチリッ。

 

シュノーケル

次はシュノーケルスポットに向かいます。

▲なぜか、自分だけ救命胴衣を装着し、シュノーケル開始です。

▲魚も人懐っこく、近づいてきてくれます。

さて、次のピピ島中心部に向かいます。

▲サンのパートナー、ちょっかいかけてくるおもろい人でした!

ランチ

ピピ島中心部に到着です。

▲ボートの数もすごいです。

 

遊び疲れたところで、ご飯です。

▲バイキング式になっており、お腹いっぱい食べれます。

今回のツアーに料金は含まれています。

食べ放題は嬉しい!!

▲右に写ってる生姜焼き的なものがもの凄くおいしい!

ビーフンはあいかわらず、細すぎて水分奪われます。

▲ご飯をたべる場所もすごく眺めが良いです。

▲浜辺から3分ほど歩くと、宿泊施設も道なりにたくさん並んでおります。

次は、島で1泊2日とかも最高です!

 

カイ島

最後の島、カイ島に到着!

ここも、かなり、ヤバめです!

▲周囲がすごく小さく、歩いても回れそうな雰囲気。

砂浜が、円形になってるのが特徴。

 亀仙人ハウスのちょっとでかくなったバージョンですね。

▲ベンチに座って良いよとサンが言うので座ってみると、150バーツ取られました。。やられた。。

 

▲ここは遠浅になってるので、浜辺から、数十メートル歩けます。

 

▲気持ちいい時間を過ごし、遊び疲れた所で帰宅の時間です。

 

▲今日1日頑張ってくれたサンに、チップをあげる時間です。

やたら、僕たちのことを気に入ってくれてたので、僕たちも100バーツあげました。

まとめ

いかがでしたか?
帰ってからザビーチを見ましたが、まさにその世界でした。

ちなみにこの映画、なかなか考えさせられるので、オススメです!

今(2018.9月)はマヤベイだけ入れないみたいで、他のスポットには行けるそうです。
少し残念な気もしますが、せっかくなのでピピ島楽しんできてください!

それでは皆さんも素敵な旅を。

最後に、まさかの日本で予約しても、現地より安いツアー発見したので今行かれる方はぜひ!
なぜだ?!笑。

 

【現地でお得な情報調べるならネット環境は必須!】
>>タイに行くなら知っておくべきWi-Fi事情!![モバイルWiFi紹介]

【荷物を軽くする方法】
>>【ノマド女子の持ち物】預け荷物なしバージョン!!7Kgって何持ってく?

月間9万PVブロガーのブログコンサルやってます!

あなたはブログで困っていることはありませんか?

僕もやり始めた当初はなかなか結果が出てこなくて苦労したものです。

それでもコツコツ続けることで最高月間9万PV読まれるブログにまで成長しました。

そんな僕の経験を通して、あなたが悩んでいることを解決するブログコンサルを開設しましたので、気になる方はをご覧ください。



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>