タイからカンボジアへ。VIPトランスポートバスを使って陸路で国境越え!!




ゴロウ
こんにちは、夫婦で世界一周しましたゴロウです!!

前日にプーケットから、バンコクに戻ってきた私たちは
タイ・バンコクから、カンボジア・シェムリアップまで、 バスで国境超えを目指します。

飛行機や電車でも行けますが、ここは1番安いバスで。

このVIPバス、なんといっても「VIP」だし期待できますw
早速紹介して行きます。

道に迷わないようにネット環境は必須!
もうカンボジアのWi-Fiで迷わない!おすすめWi-Fi 4社徹底比較!!

 

実はこの時、陸路での国境超えは初めてだったので、ドキドキでした。

朝一番、お世話になった宿を出発し、カンボジア・シェムリアップ行きのメコンバスが出ている、
モーチットのバスターミナルまで、タクシーで向かいます。

今回はホテルのスタッフさんが、親切にもモーチットのバスターミナルの住所が記入された紙を用意してくれたので、
その紙を運転手さんに、見せるだけでオッケーです(^^)

ラッキー!

 

無事タクシーを捕まえ、モーチットのバスターミナルに、到着です。

 

▲モーチットのバスターミナル、めっちゃ広いです!!

 

▲こんだけ広いと、どこだかさっぱりわかりません。

 

チケットに書いてある番号、106番をてががりに探してると、ありました!!

▲1周ぐるりとしてようやく発見、早めに行く事オススメします!!

 

出発15分前ぐらいに、バスが到着しました。

▲BANGKOK−SIEMREAP まちがいなし!

 


荷物を預けようとすると、何か、みんな紙を見せている!!

ただ、チケットではないのは確か!

 

よくわからないまま、とりあえず、荷物を預けることに。

そしたら、『この青い紙無いのか??』とやっぱり言われる。

 

青い紙?そんなの知らないよ、と思っていると奥さんのパスポートに、ホッチキスで、止めてある青い紙を発見!

イミグレーションカードのことだった。


つまり、入国の時に必要な用紙。
それなら、俺のもパスポートに入ってるはず!

と、自信満々にパスポートを開いてみると無い(°_°) しかも破れた後が。。。

▲明らかに付いてたのになくなった形跡。。。

 

いや!?破られた?

焦って探す僕。

もう一回全部見直しても、無い(°_°)

終わった。。。

ホッチキスだけが、虚しく残ったままの、僕のパスポートを片手に、

荷物入れの兄ちゃんに、無いと説明すると、『スロー‼︎』と言われる。

スロー?ゆっくり?慌てるなってこと??

パスポートに無いよ、と見せても、

『スロー!』

意味がわからない。

そして、しまいには、手に『slow』と書かれる。

▲いや、聞こえてるし、綴りもわかった上で意味がわからないのだ!!

 

全く意味が分からない。

とりあえず、大丈夫なのか?

と聞いてみると、

『スロー!ノープロブレム!』

もう、ちんぷんかんぷんだが、問題無いってことなので、とりあえず大丈夫ということで、バスに乗っちゃおう!

▲さっきのスロー兄さんを信じてバスの中で待っていると、

 

       ▲スロー兄さんも、一緒に乗ってくれて出発したので、なんとか、なりそうな感じ^o^ 

 

と思う。。。

 

▲とりあえずこの番号だけ写真撮っておけと言われ、意味も分からず撮っておきます。
胸ポケットにクリップで挟まれた番号・・・笑。

 

そして、スロー兄さんがこの黄色いのを首にかけろと
5回ぐらいしつこく言ってくるので、しょうがなくかけます。

 

今回乗ったこのメコンバスは、長距離バスの中では、少し割高ですが、(といっても、プラス2〜3ドルぐらい)
評価が、すごく良いです。

何てったって『VIP』と、バスの正面などに堂々と掲げるぐらいなので、楽しみにしていると、

▲早速、水が配られました。

 

ありがたい(^^)

が!ぬるい。

 

まぁバスだししょうがないかと待っていると、
さらに・・・

▲缶コーヒーが配られます。

 

ドリンク2本もサービスとはさすが、『VIP』と、思っていると、
さらに・・・

▲紙袋が配られます。

 

この感じ、朝食かな〜っと思って、開けてみると、

オレンジジュース‼︎

また、水分!笑

▲朝からドリンク3本もくれます。

 

さすが、『VIP』!!

めんどくさいから、まとめて配っていると思われる。
(普通なら何時にコーヒー配って、何時に水配って、とかやりそうなもんだけど)

袋の中を見てみると、もう一つ、中にクッキーのようなものが入ってました。

▲これが朝食かな?


むしゃむしゃ食べながら、
ピクニック気分で、バスはどんどん進みます。

途中一回休憩をはさみ、トイレを済ませ、お菓子とジュースを購入。
(あんなに言っといてジュース買うw)

 

しばらく進むと、なぜか、写真撮影が始まります。

▲なんか修学旅行みたいでおもろい!!w

 

カンボジア入国の際ビザが必要で、そのビザを持ってない人は写真がいるとのこと。

僕たちは『E-VISA』という画期的な物をすでに取得済みなので、撮影はしなくてOK!

わざわざ、写真を撮ってくれ、印刷までやってくれてたので、とても親切なスロー兄さん。
たぶん40バーツぐらい?お金渡してました。

 

さて、お昼ご飯の時間です。

▲見た目質素ながら、なかなかダシが効いていて美味しい。

 

そして、今回のメイン!

陸路での出国、入国手続き。
果たして、イミグレーションカードなしで大丈夫なのか?

 

バスの中でよくわからない名簿を書きます。

その後バスを降り、どこに向かったらよいのかわからないので、とりあえず、それっぽい人の後をついていくことに。

 

ゲートの管理人に怒られながらも、探していると出国ゲート発見!

中は撮影禁止となってます。

厳粛な雰囲気とは言え、審査官、イヤフォンしながら仕事してる。

 

適当だなー。

奥さんは、先に無事ハンコを押してもらい、タイ出国完了!

 

さぁ、紙なしで、いけるのか?

適当そうだし行けるっしょ!

 

結果行けなかったー(°_°)

 

 

が、同じ青い紙を渡してくれて、必要事項を記入すれば、バッチリ出国できました!

▲自然と得意げな笑みがこぼれますw

 

 

結局、バスに乗ってすぐ撮らされた、胸ポケットについた番号は、バスの便を証明する番号でした。

 

さぁ、お次は、カンボジアへの、入国手続きです。

▲絶妙な建物ー!!

 

カンボジアはビザが必要たが、先に『E-VISA』をネットで取得済みなので、ビザ代金は、取られないはず。


またもやイミグレーションカードらしきものを記入して、
無事、詐欺にも合わず、無駄なお金も払わず、手続き完了!

 

もう一度、バスに乗り込み、いざ、アンコールワット遺跡の街、シェムリアップへ!

運転手さんは、相変わらず、プープー、クラクションを5分に一回ほどのペースで、鳴らしながらバスは進みます。

 

こちらの国は、抜かしていくときに、
『後ろから抜くぞ!危ないぞ!』って意味で、鳴らすようです。

国が違えば文化も違いますね。
さて、あと、もうちょいで着くぞと言うところで、渋滞です。

何だか、人だかり。

 

▲何かを見てます。

 

▲この人も、

 

▲みんな見てます。

 

みんなが見守る先は事故でした。

これだけ、危ない運転してれば、事故も多いだろうなと感じます。
どうか、無事に到着してくれますように。

 

7時間予定でしたが、予定より1時間遅れぐらいで、無事到着。
長距離バスは、ほぼ、遅れると思って間違い無いです。

そして、今まで車酔いをほとんどしなかった2人ですが、すこし酔い気味。

到着した所では、準備よくトゥクトゥクのにいちゃん達が、待ち構えてます。

ラッキーマンという、名前の28歳。
明日、アンコールワット遺跡も、頼むという前提で値切ることに成功!

 

明日から楽しみにしていたアンコール遺跡!!

皆さんも素敵な旅を!!

【カンボジアで遊ぶにはネット環境は必須!】
>>もうカンボジアのWi-Fiで迷わない!おすすめWi-Fi 4社徹底比較!!

【合わせて読みたい】
>>アンコールワットを3日間の現地ツアーで回る!個人旅行でおすすめの回り方!

月間9万PVブロガーのブログコンサルやってます!

あなたはブログで困っていることはありませんか?

僕もやり始めた当初はなかなか結果が出てこなくて苦労したものです。

それでもコツコツ続けることで最高月間9万PV読まれるブログにまで成長しました。

そんな僕の経験を通して、あなたが悩んでいることを解決するブログコンサルを開設しましたので、気になる方はをご覧ください。



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>













2 件のコメント

  • こんにちわ。
    とてもわかりやすい記事で参考にさせていただきました
    さらに詳しいことをお伺いしたいのですが
    十二月頭くらいにバスで
    タイ、カンボジア、ベトナムをバスで回りたいと思っています

    所要時間
    価格
    注意すべき点
    問題が起こった時の対処法
    安く済ませるコツ
    その他入国前にするといいこと

    これらの内容を教えていただければ
    嬉しいです
    よろしくお願いします

    • こんにちは、コメントありがとうございます!!
      そうなんですね、私達も1ヶ月かけて同じ国を回りましたよ!!
      (バンコク、プーケット、シェムリアップ、ロンサレム島、プノンペン、ホーチミン、ダナン、ハノイ)

      もう2年前のことになるので、参考になるかわかりませんが・・・。

      所要時間は7時間から8時間
      価格は確か1000バーツ弱だったと思います。
       
      注意すべきことは特筆するほどかわかりませんが、わからないことがあったら、周りに聞きまくることです!!
      必ずみんな教えてくれるので、聞きまくることですw
      問題が起きた時も同じです!!

      あと安く済ませるコツと入国前に調べることは、次の国の相場を調べておくことです。定価のない国ではすごく大事です。
      相場を知らないと、ふっかけられても気づきませんし、値下げ交渉のしすぎも失礼になります。
      なので、入国する前にネット環境のある場所で、ホテルへの行き方など調べておくと良いです。

      ちなみにシェムリアップに着いた瞬間、良いホテルを予約してればお迎えが来ますが、そうでなければ必ずトゥクトゥクに乗る必要があって、かなり待ち構えられていますw
      私達はバス停から宿までと、翌日から3日間のアンコールワットの観光を含めて、2人100ドルでお願いしました。
      いまだに正解かわかりませんが、参考にして下さい。

      https://yujinagaya.com/archives/2157

      それとカンボジアはe-VISAとっておくと便利です!!

      少し記憶が曖昧な部分があって申し訳ないですが…参考になると嬉しいです。
      アジア旅、ぜひ気をつけて楽しんで来て下さい!