バンコクからエジプト・カイロへ!エジプト人がめっちゃ優しかった!




ジュリ
どうも、夫婦で世界一周したジュリです!

今回はアフリカについてです!
エジプトとケニアの2カ国しか行ってませんが、かなり濃い2週間になりました。

まずはエジプトから!

【関連】WiFi 準備して旅行を快適に!

>>2017年 エジプトで使えるポケットWi-Fiはエクスモバイルがオススメ【4社徹底比較】


▲カイロ空港

4/27の朝9時にバンコクから、ドーハ経由でカイロへ飛びました。
ちなみにこのドーハ、サッカーの「ドーハの悲劇」でしか聞いたことなかったのですが、
カタールの首都です。

そんでカタールってお金持ちなんですね。
よく空港はその国の裕福さを表すと言いますが、めちゃめちゃ綺麗でした。
トランジットで外には出てませんが。

▼ちなみにプライオリティパスで行けるラウンジも、かなりリッチです!
カタール・ドーハ空港にある、シャワー付きラウンジへプライオリティパスで潜入!

そしてドーハから飛び立った時に、飛行機から見えた景色がこれです。

完全に何じゃこれです!!
テーマパークみたいになってます!!

▲あとちなみにカタール航空のイメージキャラクターは、サッカーチームのバルセロナ。

映像の中でメッシとかネイマールなど、バルサの選手が最初の安全説明してくれました。
面白くて普通に見ちゃいました!

 

カイロからギザへバスで移動

着いたのはカイロ空港。夕方の5時に着きました。
そこから、ギザまでバスで行くことに。
グーグルマップで調べるとこの間は車で約1時間。

地下鉄という案もあったけど、空港まで地下鉄がのびていないので
1本で行けるバスで行くことに。

そして問題のバス!
とりあえずWi-Fiなし。

携帯が使えないとけっこう不安なので事前に準備しておくことをオススメします。

【関連】合わせて読みたい!

>>2017年 エジプトで使えるポケットWi-Fiはエクスモバイルがオススメ【4社徹底比較】

まずインフォメーションでバス停の場所を聞くも全く英語がわからん笑。
透明の壁越しにマイクを使って話してくるタイプなんだけど、

1、そもそも英語よくわからん
2、マイクがこもっちゃって何を言ってるかさっぱり
3、とにかく早口で、聞き直したら溜息とかついてくる

てな具合で、ゴロウが分かんなかったから、次私が聞きに行ったけど当然わからんw
聞き取れるのは同じところだけw

とりあえず意地で、空港の敷地内を走ってるシャトルバスに乗って、
バス停までたどり着けた。

そもそもそのシャトルバスも、本当に来るのか不安でしかなかった。
でバス停に着いたものの、次はどのバスか不明!

▲カイロ空港敷地内にあるバスターミナル

思ってた番号のバスは一向に来なかった。

おかしいと思い、近くにいたお兄さんに聞いてみると、
ボクも同じバスに乗るから来たら教える的な雰囲気。

▲バスの切符。2人で50円ぐらいかな(4エジプトポンド)

こうして無事にバスに乗り込むことができました。

▲この方が心優しいお兄さん、その名もターヘルさん!

が、渋滞時間に突入!
まさかの二時間以上バスに揺られていた。

カイロ空港に着いてから、ギザの中心地まで何時間かかったのだろう・・・。
4時間は余裕でたっていたと思う。

ただ道中のカイロはとっても栄えていてビックリした。

こうしてギザの中心地まで到着。

そして次なる災難。
完全に自分のせい!
初めて宿を予約していなかった。

目星は付けてたけど何だか謎過ぎて予約していなかったのです。

もう完全に夜なのにその状況も重なって、もう嫌だったw

 

ギザの中心地から宿まで

バスを降りた場所から目星をつけた宿までは、
タクシーに乗る必要がある。

空港でもそうだがこのタクシーの客引きが本当にしつこい!
さすが3代ウザイ国(インド・エジプト・モロッコ)に名前を連ねているだけある。

ここまで携帯は動いておらず・・・何も調べられないって辛い。

ギザも普通に栄えているし、SIMを買おうと思ったけど失敗に終わった。

途方に暮れていると、あるおじさんが話しかけてくれた!

「ココに行きたい」と宿を見せると、
残念ながら分からないと言われ。。

でも近くに自分の会社があるから、明日にでもおいでみたいな感じだった。

この人は本当に親切だった。

住所のメモまで渡してくれた。
結局行けなかったけど、エジプト人て良い人じゃんという印象になった。

で、このおじさんがタクシーを拾ってくれて、宿まで行くことに。
タクシーの運転手さんも全然わかっていない笑。

タクシーで20分程走って、近くまで行ったところで、
運転手さんが急に窓を開けて何やら話している。

こんな所に友達?みたいなテンションだったけど、
まさかの道を聞いていたw

おいっw

色んな人に聞いて、聞いて、
そしたらわかるから一緒に行くよ!という人が出て来た。
そしてまさかの助手席にw

日本なら絶対あり得ない光景。

みなさん、想像してみて下さい。

旅行で東京に行ってどこどこホテルまでお願いします。
と伝えたら、

運転手さんが迷いだし、
通行人に道を尋ね、

そして、その通行人のおじさんが乗って一緒にホテルに行く。

おいっ!ってなるでしょw

それが、この国の普通なんです。

考えようによっては、
みんなで助け合える良い国ってことだね!

もう今日はタイから出発して、長過ぎる1日で、
疲れ果てて泣きそうだった。

言葉も分からないし、宿に全然着かないし、
初めてこんなに不安だった!

しかもそこが満室だったらどうしようとか!

けど最終、救世主とまさかの4人乗りになって無事に到着w

もちろんドライバーさんはその人にお礼を払っていた。
部屋も空いていた。

何か未知の国過ぎたけど、とりあえず一安心。
バス50円に対して、タクシー1500円程かかったけど、着いたからとにかくオッケー。

宿の人も超良い人だった。
荷物持って部屋まで上がってくれて、屋上でチェックインというオシャレなスタイル。

▲帰りの写真だけど、こちらが宿の人。

そしたらなんと!!!!!!!!

ピラミッド!!!!!!


▲暗い中ですが、うっすら。みなさん、見えますか?

何か思ってたより大きくて、夜のピラミッドはイメージがなくて恐かった。
けど感動!

宿から見えるなんてね!

この後、お茶出してもらってゆっくりしながら
明日のピラミッドツアーに申し込んで就寝。
本当に疲れた。

とりあえず長い長い一日の移動日ブログでした。

みなさんは、安全で楽しい旅をお過ごしください!

それではまた!!

【関連】WiFi 準備して旅行を快適に!

>>2017年 エジプトで使えるポケットWi-Fiはエクスモバイルがオススメ【4社徹底比較】

 



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>