板取川のオススメスポット!川遊びだけじゃない名所をご紹介!

ジュリ
こんにちは、ジュリです^^

皆さん、いかがお過ごしですか?
海外への旅行はまだまだ厳しそうですが、国内旅行は徐々に緩和されてきてますね!

と言うことで、今回はお隣岐阜県へ、ちょっくらキャンプに行ってきました。
近場にしか行けなくなった代わりに、近場にこんないいとこがあったんだと再発見できる機会となりました。

今日紹介するのは、岐阜のキャンプといえば!という「板取川」!!

まだ川に入るには寒くて、残念ながら川遊びはしてませんが、この周辺で素敵なスポットがいくつかありましたので、シェアさせて頂きます。

今回紹介する場所の地図を先に載せておきますね!
板取川の結構上流です!

 

21世紀公園の森 株杉の森(青ピン)

つまるとこ、すごい森です笑。
株杉って聞いたこともなかったのですが、この巨大な株杉がたくさん生えてるとこが21世紀公園の森の中にあります。

株杉というのは何かと言うと、こんな感じに株になってる部分から伸びてる杉です。

▲どうやらいろんなタイプがあるみたいですが、正直みてもどのタイプかの判別は難しいです笑。
とにかくすごいということです笑。

 

ここは、この株杉を見れるように、森の中にぐるっとコースが作られています。

▲もっと奥まで行くこともできて、燕山の山頂を目指すこともできるみたいでした。

 

とにかく大自然を感じられる場所で、めちゃめちゃいい場所でした。

▲上から差し込む太陽の光と、声の泣き声と、真っ直ぐに伸びる杉。

 

▲人と並ぶとサイズもすごいです。

自然を感じて、心洗われる場所でしたので、ぜひ行ってみて下さい!!

 

川浦渓谷(かおれ渓谷)(黄色ピン)

私も板取キャンプ場までしか行ったことがなかったのですが、奥にこんないい場所があったとは!

名前の通り渓谷なんですが、水の色が半端なく綺麗です!
また水の勢いで削られた岩の感じも見入ってしまいますし、高さのある滝も圧巻です。

▲ぜひ生で見て頂きたい色です!

道路沿いの橋の上からでも十分に綺麗な景色が拝めますが、少し歩いて渓谷にそって行くと、また別の角度からの綺麗な板取川が見られるので行ってみて下さい。(車では入れません。)

 

▲この写真は歩いて奥の方まで行って撮った写真です。

 

少しお話しさせてもらった夫婦の方は、お弁当を持って歩いて行かれました。
奥に東屋があったので、そこでランチされたんだと思いますが、めちゃめちゃ素敵!!

 

ちなみに、歩いて10分ほどで突き当たります。

板取地域の中でも結構奥になるので、行く人も少ないのかなーと思ったんですが、時間を作ってぜひ!
モネの池とかで引き返してる場合ではありませんよ笑。

 

吾妻清水(紫ピン)

こちらは、川浦渓谷のさらに上流、めちゃくちゃマニアックですが、美味しい水が汲める場所です!
特に見るものではないのですが、もし川浦渓谷まで来たならあと少しなので立ち寄ってみて下さい。

ちなみに、川浦渓谷から吾妻清水の出る場所まで10分もかからないぐらいですが、電気が1個もついてないめちゃめちゃ怖いトンネルがあるのでお気を付けて笑。

そして、肝心なお水はどうかと言うと、とても冷えててまろやか!
とゴロウは言ってました。

▲こうやって飲むだけで美味しく感じる説ww

正直私は水の味とかよくわかんないのですが、冷えてて飲みやすく、美味しいっぽい水ということはわかりました笑。

ペットボトル1本分の水を頂いて引き返しました。

 

おまけ : うだつの上がる町並み(オレンジピン)

板取からもし美濃の方に戻って来るなら、美濃市にある「うだつの上がる町並み」もオススメです。

まだコロナの影響か、平日だったからか、やってるお店が少なく閑散としていましたが、逆にそれが良かったのかも、と今になって思います。

 

ちなみに、うだつって何や?とこの時私も思ったのですが、どうやら屋根の両端を一段高くした防火壁のことらしいです。

▲こちらが話題のうだつです。

この「うだつ」はお金持ちしか建てられなかったので、現在「うだつが上がらない」は金銭的に恵まれないことを意味する言葉になったそう。

とにかく渋くてかっこいいお店が立ち並んでいます。

▲美濃は和紙が有名です!

 

▲こちらは古民家を改装しためっちゃお洒落なホテルだそうです!

 

まとめ

今回、板取川の上流の方ではキャンプはしませんでした。
理由は料金が高いから笑。

でも神洞ほたるの里公園という、板取川の下流にある場所で無料キャンプしました!!
そちらの様子は別ブログに記載してますので、興味ある方は見て下さい。

【関連記事】
>>神洞ほたるの里公園で無料キャンプ!6月には板取川で蛍も見られる贅沢!

 

この辺ではやっぱり「モネの池」とか、「バーデェハウス」とかが観光名所でよく挙がってくると思うのですが、個人的にはもっと奥の方まで行って大自然を満喫してきて欲しいなと思います。

 

板取川沿いの一本道は「あじさいロード」という名前がついており、6月に行けば満開のあじさいを見ながらドライブできます。

みなさんもぜひぜひ素敵な岐阜旅をー!!

 

【関連記事】岐阜のプロボクサー応援してます!
>>世界チャンピオン田中恒成選手と斉トレーナーの練習を見学!〜親子の絆と覚悟を学んだ日〜

【関連記事】岐阜のオススメカフェ!
>>【四角家カフェ リトルムッシュ】可児市の隠れ家カフェで贅沢ランチ!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア