世界チャンピオン田中恒成選手と斉トレーナーの練習を見学!〜親子の絆と覚悟を学んだ日〜

ゴロウ
どうも!強く優しい男になりたいゴロウ(@havefun_goro)です!

あなたは覚悟を持った人生を歩んでいますか?

先日覚悟が決まりきっている方にお会いしてきました。

その方とは、ボクシングWBO世界チャンピオンの田中恒成選手と父、田中斉トレーナーです。

元々、ボクシングファンでも何でもなかった僕みたいな人間さえも虜にしてしまう、世界チャンピオン田中恒成選手と父斉さん。

今回は、なんと、彼ら親子の練習風景に突撃してきました。

 

また、夜の会でもその貴重なお話が聞けたので、今回吸収してきたことをお伝えしていきたいと思います。

それではどうぞ!

世界最速3階級制覇!WBO世界チャンピオン田中恒成選手

知っている方も多いでしょうが、紹介させて頂くと、WBO世界フライ級チャンピオンであり、世界最速タイ記録となる、プロ12戦目での3階級制覇を達成したDream Boy、田中恒成選手。

 

今年になり、WBOからスーパー王座に認定されたが返上。今は指名挑戦権を獲得し、井岡選手との戦いが期待される中、4階級制覇を狙っているボクシング界の期待の星だ。

僕は正直、ボクシングのことは全然詳しくないのだけど、彼の試合を会場で何度も見て、そのとんでもない強さを素人ながら感じてきた。

実際に、2018年9月24日に行われた、WBO世界フライ級王者、木村翔選手と対戦し、判定勝ちを収めたときの試合は、年間最高試合を受賞するのも頷ける、壮絶な試合だった。

この試合は本当に会場の誰もが鳥肌立ちながら観戦したであろう、素晴らしい試合だった。

 

僕は、彼の試合を見ながら、その強さに少しづつ魅了されていきました。

ど素人の僕なんですが、ご縁あって、これから4階級制覇を目指す彼の貴重な練習に今回お邪魔させていただくことになりました。

 

 

世界チャンピオンが練習する畑中ボクシングジムに

初めて入るボクシングジム。

畑中ボクシングジムに到着すると、父、斉さんが優しく出迎えてくれた。

 

恐る恐る中に入ると、空間の半分以上の面積を閉めるリングが堂々と置かれていた。

初めて近くで見るリングはとても神聖な空気で包まれていた

入ってすぐに思ったことは、「えっこんなに小さい場所なんだ!」ということ。

正直な感想では、とても世界チャンピオンが練習するジムには思えなかった。(ジムの方にこんなこと言ったらやばいことになりそう。。)

 

しかし、そんなこともすぐ忘れさせるような異様な空気感が漂っていることに気づく。

歴史を感じさせる畑中会長の若き日のポスターや額の数々

鼻を突き刺す男の汗臭さ。ポスターや伝統ある張り紙。

ここで数々のドラマが生まれたんだろうと感じさせる。

SOUL BOXの創設者、畑中会長の言葉だろうか。

自分の心に大きく響くメッセージだった。

 

「怖れずに一歩、また一歩前に。」

 

どんなにすごい世界チャンピオンも最初は素人。そこから恐れずに一歩一歩進んだものだけが王者になることができる。

そうやって畑中会長の想いを引き継いだ者たちが、ここでたくさん育っていったのだろう。

 

 

伝統あるジムの空気感を感じていると、恒成選手の練習が始まった。

テンポの良い音楽をかけながら軽快にフットワーク開始。

見守る父、斉さんの姿。

淡々と繰り返される中に、王者の風格を感じる。

 

しばらくするとミット練習が始まった。

聞いたこともない衝撃音がバシバシ鳴り響く。

座っていられない緊張感が走る。

これが世界を取った男のパンチかと思うと、1発足りとも無駄にできない感覚になった。

本気で戦う彼の姿は、ミットを持っていない傍観者の僕の居場所さえ戦場に変える。

 

2時間ほど練習風景を見学させてもらったが、あっという間の時間だった。

練習が終われば優しい笑顔で写真にも快く応えてくれる恒成選手はまだ若干24歳。

どれだけの修羅場をくぐってきたんだろう。

本当に強い男は、強く優しい。僕と一回りも年齢が離れているのに、カッコいい空気感バンバンでした。

 

親子で世界の舞台に立ち続ける2人

今回の練習を見ながら印象的だったのは、父である、斉さんがトレーナーをやっているということ。

実際、親子って深い絆で結ばれていると思うんだけど、父親として教育をし、男としての背中を見せながら、世界チャンピオンのトレーナーとして、ミットを構える。

 

僕も自分の父のことは尊敬しているけど、一緒に1つの夢を追いかけることは何か恥ずかしくてできない。

人生かけて、同じ目標・夢に向かって、こんなに真っ正面からぶつかっていける親子はそうそういない。

清々しさと尊敬できる関係がそこにあった。

恒成選手にグローブをつけてあげる斉トレーナー

もし、自分が父親になったらこんな親子関係ができたらいいなと思った。

イチロー選手とチチローを彷彿とさせるこの2人から今後も目が離せない。

 

練習の時、斉トレーナーは実際にパンチを食らっていた。

人生かけてるし、まじで体張りすぎっ!

 

斉さんから教わった2つのこと

1つの信念を貫く「ストロングスタイル」

自分ごとになりますが、僕たちの生活スタイルは、今の無職生活を始めて3シーズン目に入りました。

やりたいことを貫くこのスタイルに自信を感じさせてくれたのと同時に、もっと自分の道を追求したいなと思わせてくれたのが、斉さんの信念「ストロングスタイル」という言葉。

以前、斉さんは自分自身のスポンサーになってほしいと、色んな方に応援してもらえるよう回っていたということ。

恒成選手のスポンサーでなく、斉さんのスポンサーだ。実際に1週間で見つけ出したそうだ。

これは正直とても驚いた。

自分の信念を貫きながらもその姿を本気で応援してもらう。覚悟が決まっている人でなければできないことだ。

「自分のやりたいことを追求し続けて、応援してくれる人を探す。あとは、やるべきことをただ黙ってやる。その姿が一生懸命なら必ず応援してくれる人が現れる」

これは、僕だけでなく、挑戦する人全てに響くメッセージでしょう。

 

人との繋がりを大事にする

僕たちはブログやトークライブのような発信活動をしながら、自分たちを知ってもらう活動をしています。

それも大事だけど、周りが拡散したいと思える存在にならなきゃダメだと教えてもらいました。

SNSのような情報発信が発達してきた今だからこそ、自分で拡散するのでなく、人が拡散したい思えるような人間になること。

そして、その自分を作ってくれた方に感謝すること。ご先祖様のような血の繋がった関係だけでなく、どんな人でも感謝を行動で返す。

そのためには、ただ、自分が有名になりたいと思いながら、小手先のスキルだけをやっていては到底恩返しすることはできない。

自分の信念を貫き通し、共感してくれる方にきちんとそれを届け続けることもっと人に会って、応援し、応援してもらえる自分になること。

人との繋がりと自分の信念の大切さを学ばせてもらった日になった。

 

まとめ

夜は斉さんと、仲間として一緒に戦っているタカヒトさんと食事に

今回は、練習も飲みの場も一緒に過ごさせてもらい、めちゃくちゃいい刺激・いいエネルギーをもらいました。

周りが応援せずにはいられないそんな人間になれるように、自分が大切にしてきた、やりたいことを貫く人生をこれからも突き進んでいきたいと思います。

これからも応援しています!

斉さん、恒成選手、タカヒトさん、ありがとうございました!

 

予告!

恒成選手の兄であり、高校教師でもある田中亮明選手の東京五輪へかける様子が、本日2/29(土)23:30より、中京TVアス友にて放映されます。

ヒロミさんとみやぞんさんの番組です。気になる方はぜひ見てみてねー!

また、フォローするだけで勇気がもらえる恒成選手のSNSはこちらから!

インスタ

ツイッター

 

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
大阪  
兵庫  ・和歌山
岡山  
広島  ・高知
愛媛  
香川  ・沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア