とれとれ市場で切りたての中トロを食べ、電源探しの旅へ。




ゴロウ
どうも!自転車まだ1回しか使ってないゴロウ(@havefun_goro)です!

今日で紀伊半島もだいぶ終盤になってきました。

今回は、串本→白崎の移動。

それでは、今日の旅の記録です!

【関連】前回の旅日記3日目はコチラ!
>>瀞峡に丸山千枚田、那智大社に橋杭岩!!濃厚すぎたキャンプ3日目!

潮岬キャンプ場を出発

朝は7時に起床。キャンプ場の朝は早い。

本州最南端と言うだけあって、景色は綺麗。

 

しかし、波が強い。

今日からちょうど有料期間が終わったようで、このキャンプ場は無料です!ラッキー!!

周辺の道路は信号が少ないこともあって、バイカーの方たちが結構いました。

みな、きちんとテント張って準備バッチリです。

紀伊大島に行ってみる

さて、今日はどこへ行こうかとジュリと話していると、近くに紀伊大島というちっこい島を発見!

こうゆうマニアックなところに行きたくなってしまうのは、旅人の性ではないでしょうか?

ぐるぐるとまわる大きな橋を渡って、紀伊大島に入ります。

大島といいますがわりと小さな島です。

中にも家が点々とあります。

しばらく走っていると、日米博物館とやらや、トルコ祈念館など、なかなか渋い観光スポット。

とりあえず、展望台にGO!

 

灯台でトルコ人が遭難したという過去を持つ

展望台の手前には、さっき案内があった、トルコ記念館が。とりあえず、モニュメントをパシャリ!

1人500円です。日米博物館との共有チケットなら、600円では入れます。

しばらく歩いて行くと、大きな慰霊碑が。

実は、ここで明治時代に皇室を訪れたトルコの船が難破したそうです。そのときに、日本人の現地人が救助にあたり、69名の命が救われた代わりに、560名の命が失われたそうです。

そのときの救助が日本赤十字社「平時国際活動の発祥の地」となったそうです。

日本でトルコ人が多いのも何かきっかけがあるのかもしれませんね。

ちなみに、奥には、トルコアイスや、トルコ絨毯など、トルコにまつわるお土産屋さんがありましたよ!

 

販売前のトルコ絨毯が雑に乾かされていましたw

 

 

▲展望台

 

▲展望台からの景色

 

波が荒々しくて、

ここで難破してしまうのも納得の危険な場所です。

 

とれとれ市場で試食三昧!

散歩して疲れたので、美味しいご飯を食べに、とれとれ市場に!

日曜日ということもあってか、ものすごい人!!

中では魚介、南高梅、お酒、お土産、などなど。たくさんのものと人でごった返してます。

試食も何十種類とあるので、無職の僕たちにももってこいの場所!

 

マグロの解体ショーを見る

すると、マグロの解体ショーが突如スタート!!!

80キロもあるマグロが目の前で解体される様子は圧巻!!

驚きと、美味しそうなせいで、開いた口が塞がらない。。。

▲マグロの頭が取られ、そのまま、販売開始!

なんと、この頭全部で8000円!!安い!

かまも大トロも5000円!安い!!

気分が上がってしまった僕たちは、後先考えず、2500円の中トロをゲット!!

お兄さんにお願いすれば、刺身用に食べやすく切ってくれます。

 

ご飯欲しいよねって思っていると、

なんとご飯も売ってるじゃん!!

しかも、味噌汁も!

なんて素晴らしい場所なんだここは!!

結局、寿司屋で注文すれば、4-5000円ほどするであろう、中トロ9貫分の中トロ定食の出来上がり!!

この食べ方は、贅沢でしょ!!

もちろん味もトロッと上品な甘さ。油の少ない部分に関しては、表面がぷるんとしてて、さっぱりとしてて美味しかったです。

とれとれ市場でのマグロの解体ショー、かなりオススメです!!

 

千畳敷・円月島に行く

マグロでお腹いっぱいになったところで、お次は、ちょっとお散歩に。

ここ和歌山県、西牟婁郡にある千畳敷は砂でできた岩のため、非常に柔らかく、打ち寄せる波の浸食を受けて、こんな形状になったそうです。

ここで、写真を撮ると、異空間に来たような錯覚になります。

もう1つ高嶋(円月島)は、岩が波の影響で円形にくりぬかれた場所。

春分・秋分の時期に合わせて見に来れば、円の部分に夕日がすっぽりとおさまる姿も鑑賞できるそうです。

 

コンセント探しの旅

さて、ここで観光は一旦終了し、僕たちトラベルブロガーの命とも言える、電源補給をしなくてはいけなくなりました。

なので、電源がある、カフェや休憩所を探す旅が始まります。

結局、いつものスタバはお店すらなく、マックには、コンセントがなく、全然見つけることができません。

諦めかけていると、ファミマの休憩スペースにあったので、少しお借りしました。

次の旅をする時には、ソーラーか発電機とかで電気を賄ってみたいなーと思ってしまうゴロウでした。

狙っているソーラーはコレ!!

それでは、今日はこの辺で!

明日もHAVE FUNしていきまっしょい!!

【関連】
>>バックパッカーが旅に持って行くべきキャンプ用品【軽量・コンパクト】

【関連】キャンプ3日目
>>瀞峡に丸山千枚田、那智大社に橋杭岩!!濃厚すぎたキャンプ3日目!

 

海外を自由に旅しながら仕事をしてみたいけど、何から準備したら良いのかわからない。

夫婦で22カ国世界一周後、年間180日を海外で過ごす海外夫婦ノマドがあなたの疑問を解決します。

<SPONCERD LINK>