アンコールワット大回り。カンボジアトゥクトゥクツアー3日目。

2016.4.11

前回の続き、アンコールワット遺跡三日目のブログ。
この日はアンコールワット大回りと言って、ツアーなんかでもこの言い方をしていて、
「大回り」で回る場所は大体決められているらしい。

そんなこともカンボジアへ来てから調べた笑。
今回もまた詳しい知識は省きますので、興味ある方は調べて下さい!!

<スポンサードリンク>

それでは三日目スタートです!

まず朝の驚き、ゴーリーじゃない笑。
1、2日目と辛い道のりを運転してくれてたゴーリーじゃない!!

変わりに来てくれたのはこちらの青年。
IMG_5595
まるで別人。
というか普通に別人笑。
やせ形のゴーリーに比べてだいぶポチャ。
名前を聞いたような忘れたような・・・
ただ雰囲気がダイノジに似ているのでここではダイノジと呼ぼうw

ダイノジが朝迎えに来てくれた時点で猛暑。
今日もトゥクトゥクに揺られて目的地まで行きます!!

プリア・カン

IMG_0773ここはトゥームレイダーの撮影が行われた場所。
かなり大きい建物で、かつては巨大な平地式寺院だったらしい。

IMG_0776▲絵になる場所です!

IMG_0784▲両端に立ってるやつとポーズ合わせてるのかな?w

IMG_5587▲とても細かい彫刻も残されてました。

IMG_5589▲とにかく広い・・・どこを見ても一緒に見える・・・全て茶色・・・w

IMG_5591▲何か可愛いこの子達に癒される。

 

タ・ソム

DCIM100GOPROGOPR0512.

誰?ってなっちゃってますけど、木の根っこが遺跡を覆っているのが衝撃!
ここはとても小さな遺跡で昔は僧院だったそうです。

ここでピサイちゃんという女の子と出会いました。

DCIM100GOPROGOPR0511.▲可愛い顔してやり手のピサイちゃん!

彼女は凄腕の営業スキルを持っていた!!
まず私達がどこの国の人か確認して、日本人だと分かると日本語でポストカードを説明してくれた。

「1枚、2枚、3枚・・・10枚、100円」
「ベンメリア、アンコールワット、タ・ソム・・・100円」
みたいな感じでポストカードを1枚ずつめくりながら、詰まることなく!

こっちに有無を言わさない”間”があって、でも嫌な感じを与えない。
なんだか感動してしまった。
何カ国語分、これをマスターしているんだろうか。

お母さんは?と聞くとあっちで寝てると言っていた。
別で働くとかではないらしい。
子供の方が売れるからという理由はよくわかるが、「おい!」ってなった。

ここには何人か同じような女の子がいたが、ダントツでピサイちゃんがすごかった。
申し訳ないが他の子が売りに来たものは買う気にならなかったが、ポストカードは買った。

IMG_2839
▲これが購入したポストカード

そして愛想がある!!
どんな営業だって結局これが大切なのである。
10歳ぐらいの女の子から営業について学んだ時間だった。

そして二つの目の遺跡にして疲れ果てていた・・・
正面の写真とか全然ない笑。今更ビビる!

<スポンサードリンク>

 

東メボン

IMG_5563

ここは東バライという名前の池の中に建てられた寺院。周りの池は涸れちゃってますので
聞かないと池というのはわかりません。

IMG_0864▲象使いになれました
四隅に象の彫刻があり遺跡を守っているようでした。

プレ・ループ

IMG_0770

プレは変化、ループは体を意味するらしく、今で言う火葬場みたいな場所だったらしい。
三階建てのピラミッド式で、登るのも一苦労!

IMG_0760▲結構急な階段です!

IMG_0762▲登りきって向こう側の景色です。

おまけ

IMG_5594

帰りにダイノジが暑いからといって、この怪しげな飲み物をプレゼントしてくれた笑。
どう見てもヤバいやつきた・・・。

このトゥクトゥクにはクーラーボックスが積んであって、水などサービスしてくれていた。
正直それで十分だった。

でもせっかくプレゼントしてくれたものを飲めないなんて言えない。
触った感じ冷たい。
それは嬉しいけど、氷がミネラルウォーターじゃなかったとしたら・・・
そもそも味は何なのか?

色々考えている間、ダイノジは一気飲み笑。
「美味しいよ、早く飲みなよ」的なことを言っている。

意を決して飲んだ!!!!!

美味しい!!!!
今日本で飲んだら、もしかしたら美味しくないかもしれないけどこの時は最高だった。
味はさとうきび。
さとうきびを液をそのまま抽出してジュースにしたシンプルなもの。
お腹もくださなかった。
マジで良かった!!w

最後に

アンコールワット遺跡を三日回ってみて思った事、
1つは4月に来ては行けないということ。
4月に観光しても、全て茶色の同じような建物と化してしまうということ。
人は少ないかもしれないが、きっと早く帰りたい一心になってしまうと思う。

二つ目は、何でこんなに大きく栄えた王朝の後にできたのに、
カンボジアは貧しいのかという事。
カンボジアの中でも、この遺跡があるシェムリアップは首都に比べると全く整備されていない。家が小屋みたいな人もたくさんいる。
勉強すれば分かる事なのかもしれないが、とても不思議だった。
過去の栄光みたいなものに満足して前に進めないだろうか?
個人的な率直な感想でした。

IMG_5593まぁ何はともあれ、良いシーズンを狙ってぜひ行ってみて下さい!!
あとは最終全部同じに見えてくるので、ちょっとだけ予習しておく事をオススメしますw
皆さんも良い旅をー!!

 
ちなみに一日目はこちらから↓
天空の城ラピュタの舞台となったベンメリアをトゥクトゥクで巡る!

二日目はこちらから↓
バックパッカー流!トゥクトゥクでアンコールワットを巡るツアー!

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です