飛行機って乗り過ごしたことある?そんな時どうなるか教えます。

タイトル見て「いや、ないよ」と思ったでしょうね。
ほとんどの方がそうだと思います。

なんなら、私も、「飛行機を乗り過ごすとかあり得ないでしょ?!」
そう思ってました。

しかし、やってしまいました。
今日はその時の日記です。

 

<スポンサードリンク>

2016,7,1

 

いよいよNYだぜ!!
日本から友達がこの日に合わせて、弾丸でNYに遊びに来てくれる!
久しぶりの再会!
楽しみ!
イエーーーーーイ!!!!!!!

 

 

という日にマドリッドからニューヨーク行きの飛行機を、乗り過ご過ごした笑。

いや、『笑。』とかやったものの、リアルに笑えなかった。

友達の滞在期間は丸二日間もないのに、
わざわざ私達に合わせて来てくれているのに、
どうしよう、どうしよう、どうしよう、どうしよう。どうしよう×100。

 

 

理由は時間の勘違い。

12時を2時だと思っちゃってるやつ。

仕事してた時も、同じような時間の勘違いする人結構いたけど、まさにそれ。

何故よりによってこのタイミングでそんな事になったのか、泣きたかった。

 

そもそも事に気付いたのは空港に向かう電車の中、
ターミナルを確認しようと、チケットをチェックした時に発覚!!

 

でも一応早目に着くようにしてるし、空港に着いてから急げば間に合うんじゃ?

とは言っても誤差は二時間もある。

でも諦めたら試合終了。

こんな時も安西先生は、私達を奮い立たせてくれる。

でもこれまたよりによって、マドリッドの空港はクソがつくほど大きい!

ターミナルが駅になっているぐらい大きい空港ということ。

そんでもって、運悪く出発ターミナルの駅は1番離れていた。

もはや、そうではなかったかもしれないけど、時間の間違いに気付いてからは
とにかく空港が遠くて、1番離れていたような気がした。

 

 

 

ターミナルの駅に到着後、ユウジが私のバックパックを持ってくれて、彼の荷物の合計は
30キロ弱になったであろう。
私は小さいリュックを二つもって、2人で爆走!!

 

 

まぁ広い、まぁ遠い、空港で迷うなんて事あんまりないけど、カウンターがわからない。

そうかなーと思う所に行くと、あっちのカウンターだね。

あっちのカウンターに行くとそっちのカウンターだね。

そっちのカウンターに行くと、またあっちのカウンターと言われる。

あっちのカウンターで最終「時間だめじゃん!一応確認してみるね。」

 

「もう無理ね。」

 

 

たらい回しにされた挙げ句タイムオーバー。

無情にも時間は過ぎていった。

簡単に言うと、多分だけど、初めから時間が過ぎてて、
チェックインの締め切りが終わっていた為、当然どこのカウンターも違ったというわけです。
まぁ要するに100%私達が悪い笑。

 

 

終わった。
死にたい。
時間よ戻れ。
どうする?
新しいチケット取る?
同じ航空会社だと一人10万するね。
死にたい。
LCCで行く?
でも荷物代めちゃめちゃ高いよ。
(LCCでよくある罠)
バックパック捨てて新しいのあっちで買う?
それでも高いよね。
本当に終わった。

 

IMG_3759

▲当時の携帯スクリーンショット。一人20万。

 

 

でも友達が来てくれてるから、安い便とかじゃなくて、
どうしても早く着く飛行機に乗りたかったのだ。

 

友達は「ウケるね、少しならお金出すし」
と男前な対応をしてくれたけど、そんなのできっこない。

 

とりあえず、乗りすごした航空会社のカウンターに並ぶ。
(イベリア航空)

もしかしたら振り替えてくれるかもしれない、という淡い希望を抱きながら・・・。

謎に50人以上並んでいたと思う。

2時間ぐらい待ったが、その間もひたすらにうなだれは続く。

うなだれながらも、早く行ける安い飛行機を全力で探す。

 

 

ようやく順番が回って来た。

「乗り過ごしちゃったんだけど、次の便に変えてもらえる?」
担当のおばさんに話すと、
「日本の会社でチケット取ったならそっちで相談して」
みたいなノリで電話を渡される。

 

 

私達のチケットは世界一周航空券で、珍しいチケットなので、航空会社の人も
よくわかっていない場合があるというのは紙に書いてあった。
(これは長蛇の列に並んでいる最中に熟読した)

 

で、今回の発券をお願いした、世界一周堂に電話をかけてみるものの、
時差で営業時間外。

 

繋がらないとおばさんに言おうとすると、

 

「私上がりの時間だから。」

 

おーーーーーい!
嘘じゃん!?てことが起こった。

 

さすがの海外笑。
電話が30分とかかかったならまだ分かるけど、ものの5分よ。

 

こっちの人にやってもらって、と隣のおじさんあらわる。
IMG_3761
▲表情こそ真剣なものの、耳の上にペン!

IMG_3797

口笛とか吹いて、ノリ軽めの陽気なおじさん。
同じ内容をもう一度説明。すると・・・

 

 

「トラストミー」

 

はっきり聞こえた。
普段ほぼわからない英語が鮮明にわかった!
「私を信じろ。」
その瞬間陽気なおじさんは神様に変わった。

 

パソコンでなにやらカチャカチャやってくれている。
2人でまじで?いけんの?え?
みたいな会話を永遠繰り返す。

 

途中、「ユウジ、エスタ取れてないよ」とか笑えないパンチを食わして来た。
エスタというのはビザ。
これがなければアメリカに入国する事はできない。
エスタとかやったの全部私だし、だとしたら再び死にたい。
と思ってたけど、これはおじさんの単なる入力ミス。

 

1個間違えてたーみたいなテンションで笑っている。
普通なら笑ってんじゃねーよと思う所だが、
次の便に変更してくれてる雰囲気満載なので、どうでもいい。

 

そして、遂に手続き完了。

 

「オッケー」

 

いけたの?いけてないの?

 

 

すっとボーディングパスを出してくれて、
いつもみたいに時間とゲートに丸を打って説明してくれている。

 

え、まじで?
これって変更してもらえたんだよね?
しかもタダなの?

さすがに心配になってフリーか確認したらフリー。

え、謎。
うちらのミスなのに、タダで変更とかできるの?

泣いた笑。
ホッとしすぎて泣いた笑。

 

IMG_3797

▲そして満面の笑み

 

 

神様って人間の形してるんだね・・・。

おばさんが帰ったとき嘘やん!と思ったけど神様に出会えてよかった。

なんでこんな事ができたのか未だに謎。
さすがにこんなのできるはずないと思うけど、なぜかできた。
奇跡意外何ものでもない。

IMG_3800

▲無事に乗れた!!!!

 

ありがとう神様
ありがとう安西先生。

<スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です