ブラジルのスラム街「ファベーラ」が人々を魅了する理由とは?

ジュリ
こんにちは、夫婦で世界一周してきましたジュリです。

みなさんは、スラム街って行ったことありますか?
日本では大阪のあいりん地区というところが有名ですね。

私は行ったことありませんが、靴が片方だけで売られているらしい。

 

あと世界ではアフリカの最大級スラム、ケニアのキベラスラムも有名ですね。

▲キベラスラム街

キベラスラムにも世界一周中に行かせてもらいましたが、ここはかなりのスラム街でした。
異臭やゴミの量も尋常じゃありませんでした。

 

【関連記事】合わせて読みたい
>>キベラスラム街体験談。ナイロビの裏側に広がる生活は危険だったのか?

 

そして今回紹介するのは、ブラジルのリオデジャネイロにある、悪名高きスラム街「ファベーラ」です。

事前情報では、殺しやギャング抗争が日常茶飯事というこの地域。

その為住宅地になっている奥まで入った訳ではありませんが、他のスラム街とは違って観光客がたくさんいます。

今日はそんなファベーラが観光地となっている理由について。

超有名作「Wild Speed Mega Max」はファベーラが舞台になっています。

 

スラム街ファベーラとは?

ファベーラというのは、ブラジルのスラム街全般のことをさします。

そのファベーラの中でも、リオデジャネイロにあるファベーラがブラジル最大で(リオに住む人の4分の1の人口がここに住んでいる)、数々の犯罪の大元となっているところらしい。

そもそもスラム街って言葉が日本にいると、あまり馴染みがありませんが、簡単に言うと極貧層が密集して住むエリアのこと。

衛生のえの字もなく、ゴミ捨て場の近くやその中に、無秩序に家が建てられる所も多いとか。

リオのファベーラは決してそんな汚い印象はなかったですが、(そう見えただけだとは思うけど・・・)
丘の上に無計画に建てれた、細い路地を歩く勇気はなかったです。

 

ファベーラに観光客が集まる理由

ここからが本題です。

ではなぜ、麻薬取引が行われて人殺しがあるようなスラム街に、観光客がいるのでしょう?

 

 

そう、答えはフォトジェニックスポットになったからです!

これだけ聞くと意味わかんないですよねw
詳しく説明していきます!!

ファベーラをキャンパスにした二人のオランダ人

何でもフォトジェニックの始まりは、ヒップホップのミュージックビデオを撮影しに行った二人のオランダ人アーティストが、思いつきで「この丘をキャンパスにしよう」と始めたプロジェクトらしい。

丘の上に無造作に建つ家は、未完成のものを多いし、
とにかくネガティブな言葉で表現されるファベーラを変えようと思ったみたい。

▲ファベーラでは凧揚げしてる子が多くて、それをヒントにこの壁画から始まったんだって!

 

そこから二人の少年に声をかけ、壁画プロジェクトのスタート!

次々と協力してくれる人を増やし、街はどんどんカラフルに!!

それぞれに好きな絵を書かせるのではなく、一つの絵を決めて「みんなでその目標に向かって協力する」ということや、「賃金をもらって最後まで責任を持って働く」ということも教えたかったみたい。

 

なんて素敵なプロジェクト!

こうして今ではたくさんの人が訪れるようになったそう。

 

ファベーラの写真

参照:Haas&Hahn(オランダ人アーティストの名前)

丘全体をキャンパスにしたっていう全体像は撮れなかったので、写真かりてますがこんな感じです!!

こんな地域に住みたいと思ってしまうぐらい。

 

私たちが行ったファベーラはタイルがメインに作られてました!!

▲ファベーラの入り口となる階段はカラフルな赤に!

 

▲よーく見ると全部タイルなんだけど、一つ一つがめちゃめちゃ可愛くて見入ってしまいました。

 

▲こんなのとか大好き!w

 

▲こーゆーのも好きです!

 

▲少し階段を登ると、ブラジルの国旗が!
まさにフォトジェニック。

 

ブラジルは危ないと聞いてたので、外で携帯やカメラを出すことはほとんどなく、全く写真がありません。
でもここファベーラはもはや観光地化してて、パシャパシャ撮ってしまいました!

 

まとめ

どうでしたか?
普通のスラム街とは一風変わったリオのファベーラは。

実際、観光地化を目指して作った訳ではないので、貧困層の生活の一部に面白がって入っていくようなもの。

だからちょっと気がひけるけど、観光客が増えることでお金も回るのかなー?
(わかんないけどお土産やさんとか飲食店もあったし。)

 

あと、ファベーラに住む壁画プロジェクトに参加した人が、「こうやってたくさんの人が見にきてくれる仕事ができたんだ」って思ってくれるのも狙いだと書いてあったので、そう思うとただのスラム街に行くのとは気持ちが違いますね。

 

今日は本当に観光地化されてる部分しか紹介してないので、本当はもっともっと危険なとこなんだと思う。
でもいろんな情報見ても、みんながみんな悪い人じゃないみたい。

旅をしてると、事前情報(治安とか危険情報)を持っておくことはすごく大事だけど、あんまり先入観を持ちすぎも良くないんだろうなと思います。

みなさんもリオに行く機会があればぜひ!!
素敵な旅をー!!

【お得情報】
>>「るるぶ」が無料!スマホで読み放題!『ブック放題』って知ってる??

【関連】
>>キベラスラム街体験談。ナイロビの裏側に広がる生活は危険だったのか?

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア