【行き方】ブラーノ島→ベネチア。40分で行けるカラフルな街並みが最高すぎた!!

ジュリ
こんにちは、夫婦で海外ノマドをしているジュリ(@havefunjuri )です!!

今日はイタリア、ベネチアから行けるブラーノ島という島について!!

「ムラーノ島」もあるから気をつけてくださいね!!

私も行くまで全然知りませんでしたが、ヴェネチアから行ける『最高に可愛い島』!!
カラフルな家が建ち並ぶ、素敵な所でした!!

早速紹介して行きます!

ブラーノ島までのアクセス

ブラーノ島までの行き方は、ベネチアからヴァポレットという水上バスに乗って約40分です。

ベネチア本島のフォンダメンタ・ヌォーヴェ(F.te Nove)という停留所から12番線に乗ってブラーノ(Burano)で降りればオッケーです。

 

▲これはまだ船ではなく、ヴァポレットの待合室はこんな感じです。

 

▲船内はこんな感じ、行きはお昼すぎだったせいか空いてましたー!!

 

▲こちらがブラーノ島の停留所、到着です。

ブラーノ島には、停留場は1箇所しかありませんので、迷わないと思います。

ブラーノ島 水上バスの時刻表(行き・帰り)

▲見づらいですが、上が行きの時刻表です。主要な時間は1時間に3本あります。

 

▲こちらは帰りの時刻表です!帰りの時間をチェックしてから街へ遊びに行きましょう!(2016.5月時点)

 

ちなみに帰りはいっぱいで、座れなかったので、外を眺めながら帰ってきました。

▲40分間立ったままでも気にならないぐらい風が気持ちよかったです。

 

ブラーノ島の名産

このブラーノ島は元々漁業が盛んで、それに使う網の技術が元になって、レース編みが盛んになったみたいです。

なので、ブラーノ島にはたくさんのレースのお土産さんが軒を連ねています。

▲いろんな種類のレースが売ってます!

 

▲この建物の外観でレース売るなんて可愛いすぎる!ずるいですよねー!

ベネチアンレースは、とても有名で、安いものではありませんが、ぜひ手に取ってじっくり見てみて下さい。

 

これはおまけですが、こんな可愛いガラス細工もお土産で売ってました。

▲飴型のガラス、何に使うのか謎だけど、女心をくすぐる!

 

ブラーノ島のカラフルな街並み

カラフルなお家が本当に可愛いです!!

漁業が盛んなこの街で、霧の中帰ってくる漁師が自分の家を見つけやすくする為に、こんなカラフルに塗ってあるらしいです!

好きな色に塗ってるのだとしたら、隣同士好きな色が被ってないのが奇跡!

 

▲島一番のメインストリート。
日が陰っちゃてるのが残念ですが、お土産やさんやレストランが並びます。

▲その奥に見える塔、ピサの斜塔みたいな傾き具合!ってことでやりますよねーw

これはサン・マルティーノ教会。
年々傾いているらしいです。

 

進んでいくと運河に出ます。
船が停泊してて、めちゃめちゃ雰囲気あります!

▲まさしくフォトジェニックってやつです。

 

▲リュックがダサすぎるーw
皆さんはぜひおしゃれにキメて行ってきてください。

 

▲こっちはパステル調!これはこれで素敵!

 

▲観光用じゃなくて、今もちゃんと住んでるんですねー!!
洗濯物でさえ絵になる!

 

▲裏道に入っても、カラフルなお家ばっかりでした!

 

 

▲ショッキングピンクとこの緑の組み合わせ、ツボです!!

 

まとめ

なんだか南米みたいで、ヨーロッパっぽくない感じがしました。

ベネチアに行ったなら、ぜひこのブラーノ島にも行ってきてください!!
カラフルな場所は元気が出ます!

行く際はカメラを忘れないことと、オシャレな服で!!
いい写真たくさん撮ってきてください★

それでは皆さんも素敵な旅をー!!

 

【お金の節約方法】
>>外貨の両替はどこがお得?クレカの海外キャッシングがオススメな理由。

【関連】
>>LCC飛行機でもう暇とは言わせない!!機内の暇つぶしアイテムを紹介!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア