【フエ王宮】ダナンからローカルバスでの行き方と料金。

ジュリ
こんにちは、夫婦無職で世界一周のジュリ(@jurinagaya)です

今日はベトナム・ダナンから行けるフエを紹介。
初めて「フエ」という場所を聞きましたが、なかなか渋い所でした。

1番の見所はきっとフエ王朝でしょう。
またそこで食べられる王宮料理も有名なので、最近は人気の観光地になってるみたいです。

(情報は2016年4月のものです)

フエってどんな所?

ベトナム最後の王朝(グエン朝)が置かれた場所で、王宮は世界遺産にも登録されています。
「賞賛すべき建築上のポエムである」とまで言われていたそう。

美食の町としても知られています。

ホーチミンやハノイなど大きな都市に比べると、だいぶ静かな印象でしたが、古き良きベトナムが感じられる町でした。

【ローカルバス】ダナンからフエの行き方

電車やバス、車をチャーターする方法もありますが、今回はバス。
バスと言ってもツアーバスと、ローカルバスとあるみたいですが、もちろんローカルバス!!

バスターミナルの場所

ローカルバスで行く場合、ダナンのバスターミナルから行けます。
中心地からバスターミナルまでは少し距離があるのでタクシー移動。

▲ダナンのバスターミナル

ちなみにダナンでのタクシーは1キロ10000ドン程度が相場みたいです。
バイタクだと1キロ5000ドンぐらいと半額になります。

バスターミナルに着いたら出発の時間が迫っていたみたいで、急いでチケットを買わされ急いでバスに乗せられる!!

 

▲何が何だかw誰なのでしょう?w

ローカルバスの料金

▲料金は1人5万ドン(約300円)
これで約3時間、100キロ程の道のりです。

 

▲車内は水色推し!

ここから初めは驚く程のろのろ運転をし、町中でもバスに乗る人がいないか探しながらフエへ向かいます。
バス停などないのです!スピードが出るまで気長に待ちましょう!

 

ちなみに、初めは電車で行こうと思って、ダナン鉄道駅までタクシーで行きました。
なのに、まさかのパスポートを忘れて、電車のチケットは買えず・・・。

ここまで来るのに500円もタクシー代払ったのに、無駄足。

ホテルに戻ってパスポートを取りに行く事は絶対嫌だったので、今回はバスで行く事にしました。

電車の方はパスポートを忘れずに!!

フエの見所・王宮

フエは大きな川を挟んで新市街地と旧市街地とありますが、今回は旧市街地の王宮だけに行ってきました。

 

▲このフォーン川が境となっています

王宮まではフエのバスターミナルからタクシーで行きました。

 

▲ここが正面の入り口です。
中華文明の影響を強く受けているみたいで、どこか中国を感じます。

 

▲入場料は1人15万ドン(約850円)
今思えば別にそんな事無いのですが、だいぶ高く感じていました。

 

▲入りまーす!!

 

▲中はかなり広くて、結構時間を使いました。

後ろに見えているのは太和殿と言って、皇帝の即位式など朝儀が行われていた場所だそう。
再建の建物ですが、中は撮影禁止でした。

 

▲さすが王宮、ただただ広い!

ベトナムの歴史や偉大な人の写真などが、展示されているスペースがあったり、
王朝の衣装を着て写真を撮れるコーナーもありました。

 

▲朱赤がすごく美しかったです。

 

▲出口の方の門

 

▲門の彫刻が色鮮やかに残っていました。

 

▲外にはベトナム戦争の時に使われた戦車や大砲などが展示されていました。

フエの思い出ご飯

ここでは王宮料理というものが有名です!
それを食べてみたいと意気込んで来た訳ですが、値段を見て撃沈。

近くにご飯屋さんも全然見当たらないしで、携帯で調べると耳寄り情報発見!

「老夫婦が営むローカルな食堂、味も量も良い」
日本人が書いたブログを発見したのでこのお店に行ってみる事に。

王宮のあった場所から橋を渡って、歩いて30分弱。
ようやく着きました!!
とにかくお腹が空いて、疲れました。

 

▲チャーハン!

 

 

▲チンゲンサイの焼きそばみたいなやつ

見た目最高な感じでした!

ただ!
ご飯めっちゃ固い!w
麺めっちゃ辛い!w

シェフも歳を重ねて色々と衰えて来たのだろうか・・・。
お腹が空いてなければ、とても食べられるものではありませんでした。

皆さんはケチらずぜひ王宮料理を笑。

フエからダナンへの帰り方

遅めの昼ご飯を食べ終えて、帰るまでにまた時間がかかるので、滞在時間は短めでしたがダナンへ戻る事に。

ちょうどバイクタクシーのおっさんが声を掛けて来たので、ダナン行きのバスターミナルまで乗せてほしいと言うとまさかの3人乗り!!

 

▲当然ながら初めて3人乗りとかした!

でも着いた場所は微妙にバスターミナルから離れていて、ここじゃないよ、といっても俺に任せろてきなノリ。

 

▲何故前歯がなくなる?w

そしたらよくわかんないけど、帰りはターミナルの中からじゃなくてこの道沿いからで良いらしい。
全く意味が分からんけどおっさんファインプレー!!感謝!!

こうして無事にバスに乗れた!!

 

▲帰りのバス車内

帰りも同じ1人5万ドンで行けました。

帰りのバスはビックリするくらい前の座席が近い。
多分普通に座って5センチぐらい笑。

そして帰りも相変わらずのろのろ運転!
自分で歩くのと変わらないと思えるスピード感の無さ。
意味不明な場所で人が乗り降りするし、物を売るおばさんも乗ってくる。

そのおばさんは、ちまきみたいなのを売っていたけど、隣の人が30個ぐらいちまきを買った。
ちなみにこれ、今回の旅行で気になって食べたが、非常にまずい笑。

ちまきを売ったおばさんは、ちょっとの間だけバスに乗っていたけどすぐ降りた。

ちなみにバスから見える景色はすごく綺麗だった!

まとめ

とても快適と言える旅行ではなかったが、面白いフエ旅でした。
バスのスピードが驚く程遅いので、時間がある方は、ローカルバスでも面白いかも。
日本では絶対味わえない経験ができます!

今回は王宮しか行ってませんが、新市街地の方はヨーロッパの文化も混ざってまた雰囲気が違うようでした。
フエもホイアンとは違う「古都」なのでベトナム旅行で時間がある方はぜひ!

それでは皆さんも良い旅を!

【関連記事】
>>『Burger Bros 』ベトナム、ダナンの絶品ハンバーガー!

【関連記事】
>>【ハロン湾】ハノイから現地ツアーを使って格安日帰りクルージングツアー!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア