【クラビ】ビーチ好きが教える、本当に綺麗なビーチとおすすめエリア!

ジュリ
こんにちは、とりあえずお金ないので東南アジアをフラフラしてますジュリです。

 

今回はタイのクラビについて。

聞いたことあるような、ないような、絶妙な場所だと思うんですが、このクラビ個人的にはかなりおすすめ!!
結論から言うと、相当良かったです。

今回は私が実際に行ったおすすめスポットを紹介させて頂きます!!

 

クラビってどこにあるの?

聞いたことあるようなないようなクラビは、タイの南部に位置します。

プーケットからすごく近いです!
その為プーケットから行く人も多い「ピピ島」へのアクセスも簡単です。

【関連記事】プーケットから行ったピピ島の記事はこちら
>>ザ・ビ−チの舞台となったピピ島へ!ディカプリオが見た景色とは!?

そしてこのクラビですが、ロッククライミングで有名な場所

実際に街に行ってみて納得でした。
石灰岩でできた絶壁が街からもよく見えます!

このダイナミックな大自然がナチュラルにあるこの風景こそ、クラビを好きになった1番の理由です。

 

クラビに滞在するならどこがおすすめ?

クラビで滞在するなら大体3つのエリアのどこかになると思います。

 

  • クラビタウン
  • アオナンエリア
  • ライレイビーチエリア(ライレイビーチは陸続きですが、船でないと行くことができません)

この中で私がダントツにおすすめなのは、アオナンエリアとライレイビーチ。

青ピンが3つかたまっているところがライレイビーチエリア、その左上がアオナンビーチ、右上がクラビタウン。

(左の方のピンは下で紹介する夕日が綺麗なビーチです。)

 

クラビタウン


まず、クラビタウンですが、ここは中心地のようにみせかけて、何もない結構つまらない街です笑。
大きなショピングモールがあるとか何とかで行って見ましたが、やめたほうがいいですね。

強いて言うなら、ここクラビでは原始人の骨が発見されているらしく、原始人の信号があるぐらい。

アオナンエリア

実際に私たちが泊まったのはアオナンエリア
ここはクラビの中で、1番栄えてるエリアだと思います。

それでも観光価格ではないご飯はちゃんとあるし、宿も色んなクラスが揃ってます。

 

▲また通りにはお店がずらりと並んでますので、ただ歩くだけでも面白い!!
ツアーデスクや、洗濯機もバックパッカーには嬉しい限りです。

 

ライレイビーチエリア

最後にライレイビーチエリア
ここは日帰りで遊びに行っただけですが、めちゃめちゃ気に入りました!

アオナンビーチから船で行かないといけないので不便ですが、ここの雰囲気がなんだかとてつもなく良かったです。

 

▲かなり高級そうなリゾートから、レゲエが流れてるいい感じのバー、謎にセレブ達が集うパーティーまで(笑)すごく気になるエリアでした。

 

クラビでの移動手段は?

 

  • ソウテウ(乗り合いタクシー)
  • モーターサイ(バイクタクシー)
  • タクシー
  • レンタルバイク
  • ボート

 

以上の5つ!
離れたビーチに行くためには必ずボートにならないといけませんが、陸での移動手段は4種類あります!!

ソウテウは軽トラに屋根をつけたような乗り合いタクシーですが、クラビタウンからアオナンビーチまで50バーツ程度です。

 

モーターサイはバイクタクシーですが、こちらは交渉制。
少しの距離なら10バーツ程度からと言われていますが、実際はそんなに安いわけがないと思う・・・というのが私の見解。

▲こちらがモーターサイ!

タクシーは値段が決まっています。
空港からクラビタウンへ行くのに300バーツ、アオナンビーチまで行くなら500バーツほどします。

 

最後にレンタルバイクは1日(24時間)200バーツでレンタルできます。
私たちはガソリンで30バーツ(1リットル)使いました。

 

ちなみにボートはロングテールボートというもので、アオナンビーチからライレイビーチまで片道100バーツします。

▲こちらがロングテールボート

 

クラビでのレンタルバイク

意外と移動手段が高いクラビ、特に2人ならレンタルバイクをおすすめします!

ソウテウに乗ってどこかに行こうと思うと、1人往復100バーツしてしまいます。
2人ならこれで200バーツなので、バイクを借りて自由に回るのがおすすめです。

ライレイビーチに泊まる方も、アオナンビーチに遊びに来ることがあれば1日はバイクレンタルするといいでしょう!

 

上にも書きましたが、料金は1日200バーツから250バーツ
バイクの新しさやエンジンの大きさで決まります。

国際免許証の提示は必要なく、パスポートを1日預けるだけでした。

宿のフロントで言えばバイク屋さんが来てくれて手続きしてくれるか、街中にも同じバイクがたくさん並んでいるお店はがいくつかあるので、ですぐにわかると思います。

 

クラビのおすすめビーチ

さっきからアオナンビーチがよく出てきますが、正直海の綺麗さはそれほどです。
(アオナンエリアはすごく素敵です!!)

もちろん1番の中心地なので賑わってはいるのですが、ボートの行き来でうるさいし、明らかにエンジンで海が汚れている気がして・・・。

というわけで本当に綺麗なおすすめビーチを紹介します!

 

ライレイビーチ/プラナンビーチ

正確にはライレイビーチはウエストと、イーストと二箇所あります。
アオナンビーチから到着するのはウエストの方です。

そしてプラナンビーチ、もちろん別のビーチですが歩いて行けるので、わかりやすく同じ項目にさせて頂きました!

 

 

この日ライレイビーチに着いた瞬間土砂降りだったので、海の綺麗さは正直見てませんが、それでもこのあたり一帯がすごくいい雰囲気でした。

▲こちらが夜のライレイウエストビーチ。

 

▲ライレイビーチからプラナンビーチに行くには、レストラン街を抜けて行きます。

 

▲雨も止んで、プラナンビーチで見るサンセットはすごく綺麗でした。

 

▲セレブが集うパーティー会場もプラナンビーチに面してありました。

 

▲ちなみにライレイイーストビーチは早々に潮が引いて、夕方にはこんな感じになってます。

 

おまけ:アオナンビーチからライレイビーチの行き方

上で説明したロングテールボートに乗ります。

アオナンエリアのボート乗り場から片道100バーツ。
夜6時以降はプラス50バーツ。

チケットを買う時、往復を買わされました。
でも6時すぎに帰りたいことを伝えると、帰りにライレイビーチでもう50バーツ払えと言われました。

いざ帰りに、そのチケットと50バーツを渡すと、違う会社だから使えないと。

どうやら2つの会社があるみたいです!
100バーツを無駄にして、新たに150バーツでもう1社の会社のチケットを買う。

最悪すぎると思っていたら、一緒に乗り合わせた人がアオナンのチケット売り場で返金してもらえる情報をくれた!

意味不明すぎるシステムだったが、かなり救われた!
なので皆さんも6時以降に戻ってチケットが使えなくても、捨てずに返金してもらいましょう!!

 

タブケークビーチ

ここはレンタルバイクをした日に行ってください!
夕日がとっても綺麗なビーチです。

夕日LOVERの我々は日が沈む西へ向かいました!
ここは高級リゾートが多く、正直なんだか不便な場所。

でもこのビーチから見えるサンセットは最高でした。

潮が引いて海の水は随分向こうの方にありますが、クラビ独特の岩の感じがここでもいい雰囲気出してくれてました。

おすすめ観光スポット・タムスア寺

他にも温泉があったり、ブルーラグーンがあったりするんだけど、私のおすすめはこの「タムスア寺」!

別名修行寺とでも言おうか。
タイガーケープは有名だが、そこから1000段以上の階段を登るとたどり着くこの寺がおすすめ!!

有名なタイガーケーブから奥に進むと入口が見えてくる。

このタイガーケーブは正直大したことありませんが、せっかくなのでサラーっとセットで見ましょう!!

 

正直非常に辛い。
みんなぜーはー言いまくっている。

もちろん私もぜーはー言いまくりながら登ったんだけど、なんだか達成感が得られたし、もちろん上からの景色は最高でした。

▲汗をかきすぎた為、風が気持ちいーみたいなことはなかったけど(笑)すごく綺麗だったのでおすすめ!

 

アイランドホッピング

クラビからたくさんの島に行くことができます!
ボート代と入島料が地味に高く、諦めてしまいましたが多分相当綺麗です。

(例えばホン島に行くなら、ボート代500バーツと入島料300バーツがかかります。)

いろんな方のブログを見ると、ピピ島のように人が殺到していてあんまりゆっくりできなかったというのも目にしましたがビーチは相当綺麗なはず!

余裕のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

わかりやすくごり押ししてしまいましたが笑。
読んでいただいて感じてもらった通り、個人的にはすごくおすすめです。

ダイナミックな自然と綺麗なビーチが残り、バックパッカーからセレブまで楽しめるだろうなーという印象!

日本ではプーケットがとても有名ですが、クラビにも空港ができてアクセスしやすくなったので、ぜひ!!

 

それでは皆さんも素敵な旅をー!

【関連記事】
>>島ツウが教えるタイの離島「チャーン島」の穴場スポット・ビーチまとめ

【関連記事】
>>スリン島でのピースフルなライフスタイルを紹介します!!

世界30カ国、日本各地を巡っています!
気になる地域はこちらからどうぞ!

北海道 ・青森  ・秋田
宮城  ・新潟  ・長野
東京  ・山梨  ・石川
静岡  
岐阜  ・愛知
三重  
滋賀  ・奈良
京都  
大阪  兵庫
和歌山 ・岡山  広島
高知  ・愛媛  
香川
沖縄

アメリカ  ・中南米
ヨーロッパ ・アフリカ大陸
アジア   ・オセアニア