[一覧]ドローンメーカー の有名どころDJI・3D Robotics・Parrotを紹介していくよ。

今ちまたで大人気のドローン。

今回は、

ドローンを買おうと思ってるけど、どんなものがあるかわからないって方や、

どんな会社があるんだろうって方にオススメな記事です。

 

現在ある中で、有名な会社3つを紹介していくよ!
<スポンサードリンク>

 

DJI

 

中国の会社です。

今、市販で売られているドローン市場のなんと7割近くを占めている今一番熱い会社です。

有名なものでは、

ファントムシリーズ

 

 

MAVIC PRO 

 

 

SPARK

 

などがあります。

 

はっきり言ってどれも良いものばかりです!

 

SAPRKは、最近発売されたものですが、

 

僕の個人的なオススメは、MAVIC PROですね!

 

何と言っても、4K 1200万画素のカメラと、

3軸ジンバルの安定さコンパクトさがウリ!!

MAVIC PROについてはこちら!

 

 

DJI本社がある広東省深圳(しんせん)という地域は今、

ものすごく盛り上がっています。

かつてのapple社に似た特徴を持ち、クーローズドな会社体系です。

秘密主義的な側面があるので、開発スピードがものすごく早く、

コストパフォーマンスが良いのも特徴です。

 

秘密主義を貫いており、会社の所在が公表されておりません。

すごい徹底ぶりですよね。

 

 

 

深圳の人口は1300万人ほどで、この地域は中国版シリコンバレーとも呼ばれているほどです。

市場を圧巻しているのもうなずける勢いのある会社です。

 

3D Robotics

アメリカの会社です。

この会社の特徴はオープンソースでのソフトウェア開発をしているところです。

つまり、プログラムを世界中に公開しているということです。

 

 

ソフトウェアを世界中の人に公開することで、

いろんな方が開発に携われるようにすることで、

飛行制御などの改良が常に続けられているのも特徴です。

 

有名なところではGo Proのカメラが搭載できるようになっています。

 

 

▲Go Proを取り付けられる、Solo。

 

 

 

この拡張性を持っている点が面白いですね。

 

DJIがAppleに似てクローズドな特徴があるのに対して

3D Robopticsはオープンなグーグルに似ていると言えますね。

 

Parrot

 

フランスの会社です。

この会社の面白い点は

 

「誰でも楽しく飛行を楽しめるように」

というように、究極のホビーとして追求している点です。

遊び心が満載ということですね。

 

1つ目の、DJIはハード面に対して、力を入れています。

2つ目の、3D Roboticsがソフト面に力を入れています。

 

この、Parrotは遊びに力を入れているので、

上の2社とはちょっと違った方向性を持っていますね。

 

 

▲Parrot mambo。可愛らしい生き物のような見た目が特徴です。

 

ドローン自体のデザイン性は他の2社とは違い、突出しており、

 

見た目も愛くるしく、飛び方も可愛いいです。

Parrot社のSWINGは面白い飛び方するよ![動画あり]

 

 

さすが芸術の国フランス、どんなものにもデザインの追求を忘れてませんね!

 

また、Parrot社はもともと通信機器のメーカーでした。

その時の事業としてスタートで発売されたのが、

「AR.Drone」です。

 

 

この商品が世界中でヒットしたことにより、

ドローンの会社として有名になりました。

 

これからも、面白い、おしゃれなドローンを出してくれるでしょう!

 

<スポンサードリンク>

 

夫婦世界一周ブログ

ランキング参加中!

いつも応援ありがとうございます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です