エジプトで日本人が初披露したサンドボードのその後の展開は・・・?

シェアする

話の流れは、少し長いけど是非ともこちらの記事を読んで頂きたい!

白砂漠ツアーのはずが、ハルガオアシスでのスパルタツアーに!?

簡単に言うと、ガイドしてもらったモーセンが
エジプトの観光庁トップみたいな人で、ハルガオアシスの観光アピールとして
サンドボードを広めたいと思っていた。

そこへ日本人が来るということで、地元のお祭りでにサンドボードをやってもらって、
まずは地元にアピールしようみたいな流れ。

ここまでが上の記事の内容。

そして翌日の話がここから。

朝ごはんを一緒に食べた後、モーセンの事務所へ。

そこで、昨日のサンドボードは良かったという記事を書いて欲しいとお願いされた。
詳しくは忘れちゃったけど、サンドボードをやるべきだよ!っていうことを
書いてほしいとのこと。

もちろん書くよ。
ゴロウがね笑。

そして今見返してもなかなかいいアピール文章じゃん!!w

『日本人はスノボとか、サーフィンとかスケートボードとか好きだけど、
砂漠がないからサンドボードはやれないんだ。
だからツアーに入れたらきっと流行るよ!』

といった具合。

これがその後のハルガオアシスの観光ツアーに
どう組み込まれたかわからないけど、
帰ってモーセンから送られてきたサンドボードのPR動画は
めちゃめちゃカッコ良かった!!!!

少しでも役立ててたら嬉しいと思う。
egyptian tourist authority

普通の旅行でここに行くことってまずないと思うけど、

どうしてもサンドボードやりたい人とか(笑)、
時間がある人とか、
オアシスに興味ある人とか、

ぜひハルガオアシスに行って欲しいと思う。
ここには都会のような、いわゆるウザいエジプト人はいないと思う。

その時はモーセン紹介するので、連絡ください(^^)

余談。

帰りはバスでカイロまで戻ったんだけど、
このバス人数が集まるまで出発しないタイプのやつ。

はじめはモーセンの事務所で待って、
あまりにも長いから次はバス停で待って、
合計の待ち時間は5時間ぐらいだっただろか笑。

時間を何だと思っているのだろうかw

事務所で待ってる間、
モーセンは「猛仙」って書くといいねとか、
折り紙の鶴とか折っちゃたりしてね。

バス停行ったら行ったで、
その間地元の若者とか喧嘩しちゃったりして。
それを歯医者のジェントルメンがなだめたりして。

こんなに暑いのに、バスの内装は無駄にモコモコだしw

▲ドットのモコモコ、長い待ち時間に地味にこたえるw

完全なる余談でしたw
ハルガオアシスに行くときは是非ご一報を。

皆さんも素敵な旅をー!

ブログ村に参加してます!
良かったら覗いてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>