タイ バンコクから、『VIPメコンバス』でカンボジアへ陸路で入国する!

シェアする

4月8日  タイ最終日

前日にプーケットから、カンボジアに戻ってきた僕たちは、

タイ、バンコクから、カンボジア、シェムリアップまで、

バスで、国境超えを目指します。

<スポンサードリンク>

飛行機での入国はあっても、陸路での国境超えは初なので、

ドキドキ。

長距離バスを使う際、

タイ、カンボジア周辺では、

IMG_6052

このイルカちゃんが目印の、メコンエクスプレス(Mekong Express)バスがオススメです。

IMG_5185

朝一番、お世話になった宿Udee Bang Kok Hostelを出発し、

カンボジア、シェムリアップ行きの

メコンバスが出ている、

モーチットのバスターミナルまで、タクシーで向かいます。

バスターミナルと言っても、

ホテルからどのくらいの距離が、あるのか、

なかなか難しいので、

いつも、トゥクトゥクや、タクシーに、場所を見せ、

その場所まで、連れて行ってもらってます。

今回は、ホテルのスタッフさんが、

親切にも、モーチットの、バスターミナルの住所が、記入された紙を用意してくれたので、

その紙を運転手さんに、

見せるだけでオッケーです(^^)

ラッキー!

無事、タクシーを捕まえ、

IMG_5186

モーチットのバスターミナルに、到着です。

IMG_5187

モーチットのバスターミナル、

めっちゃ広い!

IMG_5188

こんだけ広いと、

どこだかさっぱりわかりません。

チケットに書いてある番号、

106番をてががりに、探してると、

IMG_5191

あった!

出発15分前ぐらいに、

IMG_5194

バスが到着。

BANGKOK−SIEMREAP まちがいなし!

荷物を預けようとすると、

IMG_5189

何か、みんな紙を見せている!!

ただ、チケットではない!

よくわからないまま、

IMG_5190

とりあえず、荷物を預けることに。

そしたら、

『この青い紙無いのか??』と。

やっぱり言われる。

青い紙?そんなの知らないよ、と思っていると

奥さんのパスポートに、

ホッチキスで、止めてある青い紙を発見!

イミグレーションカードのことだった。

つまり、入国の時に必要な用紙。

それなら、

俺のもパスポートに入ってるはず!

と、自信満々にパスポートを開いてみると、

IMG_5212

無い(°_°) しかも破れた後が。。

いや!?やぶられた?

焦って探す僕。

もう一回全部見直しても、

無い(°_°)

終わった。。。

ホッチキスだけが、

虚しく、残ったままの、僕のパスポートを片手に、

荷物入れさんに、無いと説明すると、

『スロー‼︎』と言われる。

スロー?ゆっくり?慌てるなってこと??

パスポートに無いよ、と見せても、

『スロー!』

意味がわからない。

そして、しまいには、

IMG_5195

手に『slow』と書かれる。

全く意味が分からない。

とりあえず、大丈夫なのか?

と聞いてみると、

『スロー!ノープロブレム!』

もうちんぷんかんぷんだが、

問題無いってことなので、

とりあえず、

大丈夫ということで、

バスに乗っちゃおう!

IMG_5196

このスロー兄さんを信じてバスの中で待っていると、

       IMG_5208

スロー兄さんも、一緒に乗ってくれて出発したので、

なんとか、なりそうな感じ^o^  と思う。。。

IMG_5200

とりあえずこの番号だけ写真撮っておけと言われ、

意味も分からず撮っておきます。

そして、スロー兄さんがこの黄色いのを首にかけろと

5回ぐらいしつこく言ってくるので、

しょうがなくかけます。

P_20160408_092621_BF

今回乗ったこのメコンバスは、

長距離バスの中では、少し割高ですが、(といっても、プラス2〜3ドルぐらい)

評価が、すごく良いです。

何てったって、『VIP』と、バスの正面などに

堂々と、掲げるぐらいなので、

楽しみにしていると、

  P_20160408_093113_BF

早速、水が配られます。

ありがたい(^^)

が!ぬるい。

まぁ、バスだし、

しょうがないかと待っていると、

さらに

P_20160408_092804_BF

缶コーヒーが配られます。

ドリンク2本もサービスとは

さすが、『VIP』と、思っていると、

さらに!

IMG_5197

紙袋が配られます。

この感じ、朝食かな〜っと思って、

開けてみると、

オレンジジュース‼︎

また、水分!

IMG_5198

さすが、『VIP』。

朝からドリンク3本もくれます。

めんどくさいから、

まとめて配っていると思われる。

袋の中を見てみると、

もう一つ、中に、

IMG_5199

クッキーのようなものが

入っており、これが朝食かな?

むしゃむしゃ食べながら、

ピクニック気分で、バスはどんどん進みます。

IMG_5207

途中、一回休憩をはさみ、

トイレを済ませ、お菓子とジュースを購入。

しばらく進むと、

IMG_5204

なぜか、写真撮影が始まります。

カンボジア入国の際ビザが必要で、

そのビザを持ってない人は写真がいるとのこと。

僕たちは『E-VISA』という画期的な物を

すでに取得済みなので、撮影はしなくてOK!

わざわざ、写真を撮ってくれ、

印刷までやってくれてたので、とても親切なスロー兄さん。

たぶん40バーツぐらい? お金渡してました。

さて、お昼ご飯の時間です。

IMG_5210

見た目、質素ながら、なかなか、ダシが効いていて、美味しい。

そして、今回のメイン!

陸路での出国、入国手続き。

果たして、イミグレーションカードなしで大丈夫なのか?

IMG_5202

バスの中でよくわからない名簿を書き、

バスを降り、どこに向かったらよいのかわからないので、

とりあえず、それっぽい人の後をついていくことに。

ゲートの管理人に、怒られながらも、

探していると、出国ゲート発見!

中は撮影禁止となってます。

厳粛な雰囲気とは言え、

審査官、イヤフォンしながら、仕事してる。

適当だなー。

先に、奥さんは、無事、ハンコを押してもらい、タイ出国完了!

さぁ、

紙なしで、いけるのか?

適当そうだし行けるっしょ!

結果行けなかったー(°_°)

が、同じ青い紙を渡してくれて、

必要事項を記入すれば、

IMG_5216

バッチリ出国できました!

IMG_5200

結局、この番号はカードに記入する

バスの便を証明する番号でした。

さぁ、

お次は、カンボジアへの、入国手続きです。

IMG_5218

カンボジアは、ビザが必要たが、

先に、『E-VISA』を、ネットで取得済みなので、

ビザ代金は、取られないはず。

またもや、イミグレーションカードらしきものを記入して、

無事、詐欺に会わず、無駄なお金も払わず、

手続き完了!

もう一度、バスに乗り込み、

いざ、アンコールワット遺跡の街、シェムリアップへ!

相変わらず、運転手さんは、

プープー、クラクションを、5分に一回ほどのペースで、

鳴らしながらバスは進みます。

こちらの国は、抜かしていくときに、

『後ろから抜くぞ!危ないぞ!』って意味で、鳴らすようです。

国が違えば文化も違いますね。

さて、あと、もうちょいで着くぞと言うところで、渋滞です。

IMG_5221

何だか、人だかり。

 IMG_5223

何かを見てます。

IMG_5224

この人も、

 IMG_5227

みんな見てます。

IMG_5228

みんなが見守る先は

事故でした。

これだけ、危ない運転してれば、

事故も多いだろうなと感じます。

どうか、無事に到着してくれますように。

7時間予定でしたが、

予定より、1時間遅れぐらいで、

無事、到着。

長距離バスは、ほぼ、遅れると思って間違い無いです。

そして、今まで車酔いをほとんどしなかった2人ですが、

すこし、酔い気味。

到着した所では、

準備よく、トゥクトゥクのにいちゃん達が、待ち構えてます。

IMG_5232

ラッキーマンという、名前の28歳。

明日、アンコールワット遺跡も、頼むという前提で、値切ることに成功!

IMG_0648

夜は、パブストリート(PUB STREET)という、

IMG_5254

ナイトマーケットに行ってみます。

IMG_5256

肉ご飯。

エビチャーハン。

なかなか美味しいです。

マッサージを、30分3ドルだったので、

2人、30分5ドルで、やってもらい、

現地の、ゾウの柄パンを、購入し、

今夜は寝ることにします。

<スポンサードリンク>