【好きなことで生きていくインタビュー②】パーソナルトレーナー 坂本康太さん。

<SPONCERD LINK>













ゴロウ
どうも、インタビュー記事勉強中のゴロウです。

あなたは好きなことをして人生を過ごしたいと思っていますか?

世の中には、好きなことに囲まれて生きてる人がたくさんいます。

そんな方たちから生き方のエッセンスをもらって自分の人生に取り入れていこうってのがこの企画の目的です。
それでは、インタビュー企画の第2回目です。

この企画を始めようと思った、詳しい経緯はこちらから
>>インタビュー企画始めます!好きなことで生きている人にヒントをもらおう!

 

第1回目はとてもご好評いただきました。
前回の記事をまだ見られてない方はこちらから。
>>【第1回】ヨガインストラクター Manamiさん

こんな方にオススメ!
好きなことがないよって思ってる方
好きなことをして生きていきたいって方 
 

ぜひ読んでみてください。
何かヒントが見つかれば嬉しいです!

 

 

今回のインタビュイー(インタビューを受ける人)は?

カラダ作りのパーソナルトレーナー坂本康太さん

マンツーマンスタイルのジムで、カウンセリングからトレーニング方法や食事について、その人に合わせた適正な方法を指導。
もともと筋トレ好きのマッチョイケメンです!!

仕事の経緯

ゴロウ 今までの経緯を教えてください。

坂本  今まで5つぐらい会社に勤めました。なんとなくもうかりそうな証券会社で3ヶ月、「若くて出世できるよ!」と言われ入った派遣会社で1年。その後、完全歩合の営業の仕事してから、その時の経験を活かし、友人と共に営業会社を作り独立しました。

独立したらお金稼げるし、元々好きで仕事にしたいと思ってた筋トレのジムも作れるかなーと思ったけど、逆に貧乏になっちゃいましたw

はっきりとした目標を保てずに怠けちゃったからですね。
で、もう営業なんてやだーってなって、立ち上げた会社もやめました。

ゴロウ 自分で会社まで立ち上げたんですね。でもそこからどうやって今の仕事に?

坂本  正直その時は、もう歩合はやりたくないって思ってて、筋トレの仕事をしたいから、ライザップのバイトか固定給の正社員で迷ってたんです。

で、たまたまそれぐらいの時期にマッチョの大会に出て、その大会の時の写真をFacebookにあげたんです。
そしたら、僕の先輩から「知り合いがトレーナー募集してるらしいよ!やってみる?」って声がきたんです。その後、今の社長に会い、筋トレのトレーナーとして働くことに決めました!

ゴロウ 話を聞いてると、営業の仕事をやめてからトレーナーになるまで、トントン拍子に決まって行った感じがしますが、実際はどうだったんですか?

坂本  仕事をしながらも、ちゃんとカラダ作りはやってました。仕事としてのカラダが認められるようになったときに声がかかる。カラダ作りをちゃんとやってればお客さんはくると思ってました。マッチョなトレーナーは稼いでるっていうイメージだったので。

だから、カラダを鍛え続けたんです。それだけはずっと信じていたので、裏では努力してました。それが表舞台に出て実ったと言う感じです。

好きなことを本気で一生懸命やって、本当に頑張ったらプロフェッショナルになれるわけじゃないですか?
もし、僕がガリガリだったら声はかからないと思うんですよね!そう言った意味ではつながる努力をしていたのかもしれません。

ずっと、マッチョになりたくて、気付いたらトレーナーになってましたねw

ゴロウ
周りから見れば順調に上手く見えることも本人は影で努力しながらチャンスを狙うってことが大事。

みんな妄想の中で生きている

ゴロウ やだ。だからやめる!って場合によっては大事だと思ってて。泣く泣く、嫌な仕事の中にい続けてる人って多いと思うんです。

坂本  僕もそう思います。例えば、仕事をやめた後にお金がなくなっちゃうしどうしようとか考えるじゃないですか?それってあくまで妄想だと思うんです。

生活どうなるんだとか結婚してる人だったら家族はどうなるんだとかは、悪い先入観でしかない。
あくまで予想であって、まだ起きてない物語。防御反応として、当然なんですけどね。

みんな転職のリスクを恐れすぎだと思います。世の中腐る程仕事があるのに。

ゴロウ 安定についてはどう思いますか?

坂本  みんな正社員にこだわりすぎだと思うんですよね!時給で1200円とかで働けば、稼げるんですよ。
派遣のお仕事で20万ぐらいなら稼げるじゃん。何が違うんだと思った時に、そこは見栄だと思ったんですよ。

安定と言いつつ、生涯年収とかも決まってて、大企業でさえ潰れる中、安定なんてあってないようなもんなので。

僕は友人と独立した時に、ほんとにお金が0になって、生活費の借金40万してたから、それ以上落ちることはないと思ってて。
最悪、バイトすりゃいいっていう開き直りができてます。

ゴロウ 借金してる時の気分てどんな感じなの?

坂本  寝るときも毎日お金のことしか頭にないです。親からも借りてたんですけど、親にばっか借りると心配されるじゃないですか。たかが40万だけど、投資で借りる攻めの40万ではなく、生きるのに精一杯で借りる生活費40万って全然違う。

頭の中はずっと、「どうしようどうしよう。」でした。もうしたくないですねw

ゴロウ 僕も果物の訪問販売してた時、稼ぎも全然なく、この先どうなっちゃうんだろうって不安しかなかった時があったから、その感覚に似てますね。

ゴロウ
周りを気にしすぎると動けなくなる。自分が納得する選択が大事。これ以上落ちることはないだろうっていう最低ラインさえ知ってしまえば、いくらでも挑戦できるってことだね!

 

「自分たちが間違ってたのかもな。」という両親の言葉は嬉しかった。

ゴロウ 話を伺ってて、坂本さんは本能のままに動くタイプと感じたんですが、昔からそういうタイプだったんですか?

坂本  そんなことはないです。実は、僕の親は公務員なんです。親からは「40年働くことが正しい。」「お前は固定給・安定に行くべきだ!」と言われ続けてました。

でも、どっか自分の中では「違う。」って言葉がずっと残ってて、親という存在と葛藤してました。
もちろん両親からは、僕が完全歩合で働く時も、独立する時もずっと反対を受けてました。

だけど、自分のやりたいことをずっとやり続けてたら、親は何も言ってこなくなって、不思議なことに、むしろ両親が「自分たちが間違ってたのかもな。そういう道もありなんじゃないか。」って言ってくれたんです。

その時はものすごく嬉しかったです。

無駄なことは何もなかった。もがいた時も、苦しかったときも。そこを乗り切ると、「それほど苦しいことってないんじゃないか?」て思えるようになりました。
歩合を始めた時は苦しかったけど、全部の責任を背負う経験が僕にとってすごく大きかったです。

ゴロウ
たとえ尊敬している親だろうと自分とは価値観は違う。だったら自分が納得できる環境は自分で作るしかない。

 

自分の行動は過去の習慣からできている。

ゴロウ 今のような生き方や考え方をするのに、何か大きな転機はありましたか?

坂本  ほんとに変わったのは今の仕事に就く前に、3日で16万もするセミナーを受けた後です。内容は、過去を見つけて自分を知るというセミナーでした。

人は色んなことを、人や環境のせいにして自分の生きやすいように生きていて、それは自分の過去の習慣からきてるものなんです。だったら、習慣を理解していつもとはあえて違う選択をしよう、という内容を学ばせてもらいました。

また、自分の習慣について深く考えたり、理解することが大切だと教わりました。

<SPONCERD LINK>

 

人は一言で習慣が変わる

ゴロウ 具体的にそのセミナーの後変わったことはありますか?

坂本
  まず、その習慣には理由があるってことを知ったんです。

自分の習慣に置き換えて考えてみると、例えば僕が朝晩シャワーを浴びる理由は、中学生の時に朝起きると、母から「あんた汗くさいね。」と言われたことが原因だったり、今筋トレが好きで見た目を気にするのは、昔アトピーだった経験があるからです。

好きな人に「ゾンビ!きもい!」と言われたことがあったことから、かっこつけるようになりました。

何ともないと思われる習慣でも深く考えてみると意外なきっかけに気付きます。

ゴロウ なるほど、人は何かのきっかけがあって、変わるんですね。

坂本  そうなんです、人はきっかけでしか動けないってことなんです。
そしてこの一連の出来事から「人は一言で習慣が変わるんだ。」ってわかりました。

それからは、お客さんに対しても、「何か小さい頃にありましたか?」と聞けるようになりましたね。

深いコミュニケーションができるようになったんです。
そこからお客さんの意識から変えていくことの奥深さや重要性を感じています。

ゴロウ
たった一言で習慣が変わる。そこまで深く考えたことはなかった。

 

「嫌われたら怖い」から「お客さんを喜ばせたい」へ

ゴロウ お客さんと深い付き合いができるようになって、やっぱり仕事のスタンスも変わりましたか?

坂本  はい。悩みっていろいろあると思うんですけど、悩み1つにしても根本には、みんなそれぞれ心の声があるんですよね。やせたいという悩み1つにしても、「体調を崩した経験があり健康になりたい」とか「太ってたことをばかにされたあの人を見返したい」とか。

痩せたいにしても根本が色々なんです。そこを聴き出せるようになった。ニーズを満たせるようになった。今までは、いらないと言われたら、そっかで終わってしまっていた。でも、今はいらない理由はなんなんだろうって質問できるようになった。

「自分が断られた、じゃなくて、理由はなんなんだろう。」

「嫌われたら怖い。」だから人にサービスをすすめることができないという自分から、「お客さんを喜ばせたい。」だからその人が抱えている本当の悩みや気持ちって何だろう?って考えれるようになりました。

ゴロウ その考えは他の仕事の営業マンにも繋がってますね。

坂本  自分も営業の時「なんかコレを言ったら嫌われるんじゃないか。」とか色々考えてしまって、それがいやで営業が嫌いになりました。人の目を気にしてたんです。訪問販売もそれで嫌になりました。

例えば、僕がある商品をすすめます。断られても、それは商品を断っただけなのに、今までは自分という存在を断られていると思ってたんです。でもそうじゃないと気付いてからは、人に何かを恐れずに、ズバッと言えるようになりました。

 

心をどれだけ変えられるかを大事にしてます。

ゴロウ パーソナルトレーナーとしてのコンセプトってあるんですか?

坂本  体鍛えて痩せたら成功!だけでなく、心をどれだけ変えられたかに重点を置いてます
お客さんのからだの変化は当たり前で、それよりもその人の心をどれだけ変えられるかを大事にしています。

からだだけでは、お客さんの人生の一部しか変えられないと考えてます。
その人の人生がよりよくなるように、根本に焦点を当てています。

ゴロウ 具体的にお客さんの心を変えていくために行なっていることは?

坂本  気付きをあげるための投げかけするようにしています。「心」は筋トレだけではできないので、そこを変えてあげたい。
自分が変われれば、周りを変えられる。

例えば「何が幸せですか?」「最近いいことありましたか?」とか聞くようにして、その人にとっての幸せや、どうやったら幸せになれるかを考えて、トレーニングしてます。

ゴロウ
これぞ、正に真のパーソナルトレーナーですね!!

 

今後の展望

ゴロウ 今後、どんなことがしていきたいという展望はありますか?

坂本  今のトレーナーの枠だけじゃなく、留学をしたり世界に触れたいという願望があります。人間力をつけたい。その為には、いろんな世界を見ないと、つかないかなと思ってます。

例えば、フィリピン、マレーシアとか日本人のお金持ちが多いところで良いサービスを提供して、自分ももっと良い生活をしてみたい。

とにかくトレーナーはやっていたいですが、どこでやるかはあまり重要視してないです。今の社長には恩があるので、すぐにやめるというわけではないですが、自分のサービスの単価を上げることで仕事もプライベートも充実していきたいです。

ゴロウ 世界を旅している時に色んな国の方から、「日本人は最高だ!日本のサービスって素晴らしい。」って言われました。海外では需要がありそうですね。今後も応援しています!!

 

まとめ


今回は「好きなことで生きる」という観点だけでなく、坂本さんの「仕事の極意」みたいなものも聞けて本当にいい時間になりました。

もちろん近所のジムに通うのと違って、お客さんもそれなりの覚悟で行く所です。
そう思った時に、こんなトレーナーに出会えたらお客さんも幸せだなと思いました。

好きなことで稼ぐ為に、自分の最低ラインを知り、自分で環境を整えて、備える。
どんなに忙しくてもカラダ作りだけはしておく!親という存在と葛藤しながら、納得できる環境をつくる。

そうやって準備しておくことで、好きなことが仕事になるタイミングって来るんだなと実感しました。

男としても、人としても、すごくかっこいい考え方!
この先の坂本さんがめちゃめちゃ楽しみです。

本当にありがとうございました!!

坂本康太さんの詳細(インスタ)はこちら!
https://www.instagram.com/sakamotoooo_kota/

↑↑イケメンマッチョの写真がたくさん見れるので、必見ですよ!!w

第1回目の記事はこちら
>>【第1回】ヨガインストラクター Manamiさん

 

<SPONCERD LINK>















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA