赤ちゃんのように自分をさらけ出して素直に生きるには




ゴロウ
どうも!いつもHAVE FUNしているゴロウ(@havefun_goro)です!

先日、身内に赤ちゃんが生まれまして、その赤ちゃんを見たときに、赤ちゃんの素直さ加減ハンパないなーと思いましたw

あんな自由で神々しい存在は赤ちゃんしかいない!

みなさんもそう思いませんか?

そんな赤ちゃんを見た時に、自分ももっと素直になれるにはどうしたらいいのか?を考えてみました。

まぁただ泣いてなんでもやってもらうのが赤ちゃんの仕事だとも言いますが、赤ちゃんのように素直になりたいものです。

自分も昔は赤ちゃんだったわけなので、ちょっとタイムスリップして自分の心に素直になれたタイミングを考えてみました。

今回はその自分の記録として書いています。

興味ある方のみ読んでみてください。

それではどうぞ!

素直になれない理由を知る

まず始めに、素直と言っても、ここで言う素直は「自分の心・感情・行動を、素直に出せる状態」のことを指します。

ちなみに、素直になれない人の特徴を調べたところ、

【素直になれない人の特徴】

  • プライドが高い
  • 弱みを見せることができない
  • 承認欲求が高い
  • コンプレックスがある 容姿、学歴など
  • ありのままの自分を見せることが恥ずかしい

ほぼ全て当てはまってましたw
こっからは今までの自分の経験を振り返ってみます。

自分の気持ちを素直に出せなかった小学校時代

小学生の時は、親や先生の言うことに素直に従ってたので、そういう意味では素直だったのかもしれません。

だけど自分の気持ちを素直に出すのが怖くて、周りを超気にする子供でした。

周りの意見と違う自分になることが怖い。

自分の意見を言ったら外される。そんなことをどこか思っていたのかもしれません。

なので、周りと一緒でいることで安心感を得てました。

例えば遠足のグループを決める時も必死にハバにされないようにしてた気がしますw

なかなか自分の意見、行動を表に出さない子供時代を過ごしてました。

 

やりたい行動を素直に移せたヒッチハイク旅

中・高になっても、小学生の時の自分と同じで、自分の意見や行動を表に出すことが本当に苦手でした。

しかし、大学の夏休みに僕にとっての大きな転機が訪れます。

日本縦断のヒッチハイク旅に出ようと思ったことです。

猿岩石の影響もあって、あんな旅をしてみたいってのがずっと心の中にありまして。。

 

でも、やりたいことを素直にできない自分も同時に居座っていたわけなんですよね。

やりたい!けど失敗するかもしれない。。。

 

いざやると言っても、周りの人に無理だって言われるかもしれない。

なんなら、自分の両親は反対する気がする。。。

 

ヒッチハイクが失敗に終わって、帰ってきてしまったら恥ずかしい思いをするんじゃないか?とか、悶々としてました。

そんな風に周りの声を自分の中で勝手に作り上げていたんですよね。

本当は自分が壁を打ち破れないだけなのに、周りが言う「無理だからやめときなよ。」という声のせいにしてやめようかな。

というように自分の挑戦できないことを周りの環境などを言い訳にして勝手に置き換えていたんですね。

でも、そんな自分を変えたくて結局ヒッチハイクで日本縦断できて、大きな達成感を得ました。

とにかく周りに公言しまくることで、するしかない状況を作り、親には何も言わず内緒で家に1週間以上帰らないという作戦を強行突破しました。

まぁかなり強引なやり方だったんですが、終えた後は、やりたいことを実行に移していいんだ!という自分の中での自由を得た気がします。

これが自分の中の声に素直に従い、自分のやりたいことを周りの声を気にせずにやれた初めての経験な気がします。

ありのままの自分を出すのが怖かった社会人時代

時は経ち、社会人。

仕事のストレスもあって昔から持病としてあったアトピーが悪化。

ただ、アトピーということを知られたくなかったんです。

 

バレないように髪の毛で隠しは痒くなり、人前で掻くのが恥ずかしいので、トイレに行って大量の血が出るまで掻いてしまったり。。。

今思うと、大丈夫か??って感じですw

 

そんなに我慢しなくてもいいじゃん。って今なら思えるのですが、当時の僕はボコボコになった肌を見せるのが怖かったんですよね。

肌を見せたら気持ち悪いと思われ、人が離れていってしまうと思っていたのかもしれません。

 

昔、皮膚科の病院の帰りに子供に指をさされ、「おばけがいる。」と言われたことがトラウマになっていたのかもしれません。

そんなこともあって、症状も言えず、ストレスだけをためてました。

 

大きな解決になったのがジュリに体の全身を見せ、薬を塗ってもらったことかもしれません。

どうやら、人は自分が思っているほど、それは問題ではないみたいです。

自分が思うほど周りはそんなに気にしてなくて、意外にも人に頼ることで自分が楽になれるということを知りました。

それからは、周りの友達にも気にせずにカミングアウトできるようになってきました。

自分の声に素直になるというのとはちょっと違いますが、赤ちゃんのようにできるだけありのままの姿を周りに見せることで楽な人生が歩めるような気がします。

 

まとめ

なんだか自分のプロフィールみたいな内容になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

僕の経験を通して言えることは、

  • 周りに自分の気持ちを素直に出せた時、楽になれる。
  • やりたい行動を素直に実行できた時、自信が付く。
  • 周りに頼っていいんだと思えたことで、生きやすくなる。
  • 弱みこそ出していけばいいんだということ。

 

意外と自分のプライドってくだらないものだったりするし、コンプレックスは自分しか気にしてないものです。

そうは言っても中々そのきっかけがなかったりしますが、この記事が少しでもきっかけになったら嬉しいです。

自分の心に素直に生きて、HAVE FUNしていきまっしょい!!それではまた!!

 

近々、「好きなことで生きていく」をテーマにしたトークライブを開催します!

よかったらお越しください。

詳細は下のボックスの中からボタンを押して見てみてください!

 



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

<SPONCERD LINK>