ヴィパッサナー瞑想4日目。ついに本格的な修行がスタート!




ゴロウ
どうも!瞑想大好きゴロウ(@havefun_goro)です!

今回は瞑想合宿4日目の記事です。

ついに、ヴィパッサナー瞑想の本骨頂に入っていきます。

それではどうぞ!

【前回3日目の記事】
>>【ヴィパッサナー瞑想3日目】夜の講話で修行者をビビらせてくるテープの声。

注意

ヴィパッサナー瞑想中は、メモ書きや携帯電話の使用は一切禁止されています。ここに紹介している内容は、僕自身の経験と記憶を頼りに書いているものです。

実際の写真ややり方、日付感覚、知識とは違っている可能性がありますのでご了承ください!

ついに本格化する瞑想修行

いつものテープ講話でやたらめったらビビらせてくれた3日目の夜が明け、ついに4日目。

今日は何が始まるんだと朝からずっと内心ビクビクして過ごす。

そして、ついに発表された内容は1日4度あるグループ瞑想の時間は「アディッターラという決意の時間」が設けられるということ。

この時間内は、自分自身の決意に基づき、呼吸以外一切動くことを禁じられます。

決意の時間のルール

  • 席を立たない
  • カラダを動かさない
  • 目を開けない

目は開けないのは大丈夫そうだけど、身体を動かせないってのがなかなか辛そう。

あとは、瞑想ルームから出ちゃダメって言われるのが何とも恐怖を感じるポイント。

 

しかも、あくまで自分の決意の元やるということなので、半強制的にこのルールが適用になる。

相変わらず上手にレールを敷いてくれますw

 

 アディッターラ(決意の時間)

初の決意の時間に備えて、腰が痛くならないようにミリ単位で慎重に座布団の位置を調整。

開始時間ギリギリまで足をリラックスさせ、しびれてしまうことをなるべく回避。

呼吸を整え、かゆい場所はないかと身体中を徹底的に探し、心の乱れがないようにとにかく心を落ち着かせる。

ここまでやれば耐えれるでしょー!ってことでいざスタート!!

30分ぐらいしただろうか。

さすがに周りの息が荒くなってくる。

スーハースーハー。。。

フシューッッッッ。

 

そして、意外にもつばが喉を通るゴクリ。という音が何人か前の人の音でも聞こえてくる。

そして、室内の温度と湿度が高まってくる感じ。

 

みんな必死になって頑張っている。

虫がリーンリーンと鳴く。

 

もう1時間たったんじゃないか?と思える頃には、身体の感覚と言ったら腰の痛み。

足の痺れはもう感覚がない。

 

あぁ、もう早く終わってくれーー。。。。

と心の中で叫んでいると終わりの合図が!!

 

なんとか1時間耐えることができた。。

 

がっ!

 

身体がはんっっぱなく痛いっっっ。。。

膝は曲がらないし、腰は激痛が流れるし、何と言っても立ち上がって休憩したいのに、身体を動かすことさえできない。。。

 

明日からはこれを1日3回も毎日やるのか。。。

無理でしょ。

 

これが正直な感想でした。

小中高校と12年間の皆勤賞をゲットした我慢強さには定評のある自分だが、ヴィパッサナー瞑想は別物。

 

とは言いつつも、なんとか1時間耐えることができたわけなので、一旦は合格としましょう。

 

この日の夜の講話では予想通り、「大変だったでしょう?」と言うこちらの感情を先回りするかのような言葉が。

この身体の痛みを通して(実践を通して)この瞑想法の意味を知ることに意味があると言われました。

確かに、これを知識だけ知ってあたかも理解できたかのようになるのと、実際に身体で体験することには大きな違いがあるでしょう。

今日は1回だけでしだが、明日からの1日4回のアディッターラ(決意の時間)は果たして耐えることができるのか。。。

ちなみに、この日は周りのみんなも寝るのがめちゃめちゃ早かったですw

続く。。。

 

【関連】もう1記事いかがですか?

>>【ヴィパッサナー瞑想 持ち物】合宿に集中できる荷物・注意点を経験者が伝授!秋の千葉の修行期間。

>>【ヴィパッサナー瞑想3日目】夜の講話で修行者をビビらせてくるテープの声。

トークライブ開催の告知

あなたは毎日ワクワクするような人生を歩んでいますか?

いつか旅をしながら仕事をしてみたい。
好きなことを仕事にしてみたい。
そんなことで悩んでいるあなたのために。

夫婦で自由なライフスタイルを送る2人が「好きを伝えてライフスタイルを変える」

その可能性をお伝えするトークライブイベントを開催します!

あなたの毎日に好きなことを取り入れて、クリエイティブな人生にしてみませんか?



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

<SPONCERD LINK>