【ヴィパッサナー瞑想3日目】夜の講話で修行者をビビらせてくるテープの声。




ゴロウ
どうも!瞑想大好きゴロウ(@havefun_goro)です!

ここ最近瞑想の話ばかりしていたら、瞑想一緒にしたいって人が現れてびっくりしてます。

けど、ホントいいですよ、瞑想。

てなわけで、今回は3日目の瞑想日記です。

【前回2日目の記事】
>>ヴィパッサナー瞑想2日目。鼻のトライアングルを観察する。食事はビュッフェ形式なんです!

注意

ヴィパッサナー瞑想中は、メモ書きや携帯電話の使用は一切禁止されています。ここに紹介している内容は、僕自身の経験と記憶を頼りに書いているものです。

実際の写真ややり方、日付感覚、知識とは違っている可能性がありますのでご了承ください!

鼻のトライアングルをさらに小さく

前回の2日目は鼻のトライアングルの意識を向けなさいという内容でした。

 

それが今回は、

さらにちっさいトライアングルに意識を向けなさいというもの。

唇の上を底辺にし、鼻の入り口と内側その辺りだけに集中しなさいと。

 

文章で書くと、そんなことして何が違うの??って感じなんだけども、

覚えていることは、「もうどんだけ自分の世界を狭くすればいいの?

「次はどうなっちゃうの?」っていう気持ち。

 

瞑想ってなんかこうさ、多少はスゴイことが起きるのを期待するじゃないですか。

それがこんな小さな部分だけを1日中見つめきゃいけないなんて。。

 

そろそろこの鼻だけの世界ともお別れしたい。。。

 

そう思う3日目でした。

 

ただ、記憶をたどると、同じ部分だけを見つめ続けてきただけあって、感覚が冴えてきたのもこの日ぐらいから。

集中力もアップしてきている。そんな気がします。

ついに!4日目からヴィパッサナーが始まります

いつものように、夜の19時からはゴエンカ氏のテープでの講話があります。(日本語とパーリ語が少し)

この講話の中で、こんなことを言われます。

 

ゴエンカ氏

明日からついに、瞑想が本格的になります。

自分の痛みや現実から逃げたくなって帰りたくなる人もいるでしょう。

1コースに毎回1人ぐらいは帰りたいと言い出す人かいます。

しかし、この敷地内からできることはできません。

自分の現実をしっかりと受け止めましょう。

 

 

そんな感じのことを再度しっかりと確認してきます。

初日の受付でも書いてあったし、その後のオリエンテーションでも言われたし、何度も言われるとさすがに構えます。

確かに辛いけど、毎回帰りたくなる人がいるとか、明日はどんな修行が待っているんだ??

と内心ビクビクさせられます。

 

実は、4日目からが本当のヴィパッサナー瞑想なんです。

それまではその前座みたいな感じで鼻の呼吸に意識をおくアーナパーナ瞑想です。

 

明日の15時からついに、ヴィパッサナー瞑想の幕開けです。

さぁ、どうなることやら。

 

【関連】もう1記事いかがですか?

>>【ヴィパッサナー瞑想 持ち物】合宿に集中できる荷物・注意点を経験者が伝授!秋の千葉の修行期間。

>>ヴィパッサナー瞑想2日目。鼻のトライアングルを観察する。食事はビュッフェ形式なんです!

トークライブ開催の告知

あなたは毎日ワクワクするような人生を歩んでいますか?

いつか旅をしながら仕事をしてみたい。
好きなことを仕事にしてみたい。
そんなことで悩んでいるあなたのために。

夫婦で自由なライフスタイルを送る2人が「好きを伝えてライフスタイルを変える」

その可能性をお伝えするトークライブイベントを開催します!

あなたの毎日に好きなことを取り入れて、クリエイティブな人生にしてみませんか?



こちらも合わせてどうぞ

YouTubeチャンネル登録お願いします!

<SPONCERD LINK>