辛かったチャーン島初めての夜。それでもまた最高な1日が始まる。

ジュリ
宿にイケメンが多くてハッピーです、どうもジュリです!!!!

 

今日はチャーン島に来て2日目。
本日の島情報を日記的な感じにお伝えしていきます!!

 

<SPONCERD LINK>

 

初めての夜は辛かった・・・

昨日チャーン島は最高だってゆうのをゴロウが書いてました。
確かにめちゃめちゃ大好きで、ホステルも完全に当たりだと思っています。

ただそれは夜以外の話でした。

悲劇① おじさんのいびきが爆音

ドミトリーだかからね、これはしょうがないんです。
わかってはいるんです。

ただ破壊的な爆音!!笑。

初めてこのレベルはドミトリーに泊まるべきではないと思いました。

 

悲劇② 外の音楽が朝4時まで爆音

続いて音楽爆音問題。
いつだってこーゆー場所に安宿は集まってるんです!

チャーン島では、島の西側がホテルゾーンになって栄えてます。

その中で、上と真ん中らへんは、高級リゾートが立ち並ぶエリア。
で下の南の方が、バックパッカーが集まる安宿街になってます。

基本的に解放的な店の造りだから、音ダダ漏れですw

 

だから、これも想定内と言えば想定内なんですが、さぁ寝ようってゆう12時前からやたらボリュームを上げてくる。

それまでは割としっとりした、いい感じの音楽で心地良いんですけどね。

プラス、おじさんのいびき。

全然寝れなかった・・・
起きたら10時でしたw

悲劇③ 夜は意外にくそ寒い!!

部屋入った時掛け布団が薄っぺらいブランケットで、いやさすがに薄いとは言えこのフリース素材はないだろ〜と思ってたら、100%それにくるまる形となった。

それなのに止められない扇風機。

暑い人もいるかもしれないしね。

そのくせめちゃめちゃ蚊おる!!

 

てなことで今日からは長袖長ズボンで寝ようと思います。

 

 

今年初海入って来ました!!

チャーン島に来る前パタヤにいて、パタヤもビーチリゾート地ですが、あんまり海が綺麗じゃないのと、死ぬほど暑いって感じじゃなかったので入りませんでした。

でもこのチャーン島は結構暑いので、海入ってきました。

しかもビーチじゃなく、謎の場所でw

▲ビーチの場所がいまいちわからず、たどり着いた先がこちら。

 

▲海の中に木が生えてる不思議な空間。

 

でも全然人いなくて最高でした!!

 

▲ここでお昼寝して、海入って、ブランコ乗ってゴロゴロ。

少し離れた場所では地元の人が魚とってました。

 

▲チャーン島はやたら坂道の多い島で、ここまで地味に遠かったですが、なんだか穴場的な場所を発見できて嬉しかったです。

 

相変わらずの物価の安さに感激

島って基本的には物価が高くなるんですが、チャーン島はバンコクとそんなに差がありません。

ご飯がものによって10バーツ(35円)ほど上がるぐらいで大差ないです!!

 

昨日の昼ごはんが美味しくて安かったので、同じところに!
ここのテーブルクロスは「ZUMO」の文字とともに相撲の絵が書かれてて、その絵と同じような体型のお姉ちゃんが作ってくれますw

▲彼女が作るご飯はどれも最高です!!

 

▲今日も絶品!

 

 

▲洋平が食べてたおかゆみたいなのには、パクチーが入りすぎて私には無理でした。

 

で、今日は贅沢してクレープ食べちゃいました。

たまに甘いものを補給すると、元気が出た気になりますw

▲これでも40バーツ、一緒に飲んだパッションフルーツジュースも30バーツ。

これだからタイはやめられないですねー!!

 

本日の夕日

毎日のコーナー化したいぐらいのやつ!
夕日マニアの無職がお届けします!

昨日も最高でしたが、今日もいい色でしたよー。
今日はビーチから犬と戯れながら(実際犬は狂犬病かもしれないと思うとめっちゃ怖いwでも可愛い!)みてきました。

 

▲今日は雲厚めでしたが、その雲から出てくる真っ赤な夕日がたまんないです!(望遠レンズ使うとこんな感じになります!)

 

それでは今日は厚着して、おじさんが寝る前に寝たいなと思います。
おやすみなさい!!

かなりマニアックな本ですが、島、海好きにはたまらない1冊!

ヨーロッパ版もあるよ!

<SPONCERD LINK>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です