旅とファッションにハマり始めた大学時代。

ファッションにお金を使いまくる

大学は、初めて名古屋の都会に進出したこともあって、
毎日が刺激の連続だった。

 

居酒屋でバイトを始めて、
月に10万以上の大金を手にした僕にとって、毎日が誘惑の連続だった。

 

田舎育ちの僕にとって都会は輝いていて、
服や、靴や、カバンや、時計など、
とにかくファッションに関してお金を使いまくっていた。

 

給料日に10万全部おろして、その日に半分以上使っちゃうこともざらにあった。今思うとホントバカだなと思うw

 

デパートにも古着屋にもありとあらゆる店に入っていった気がする。

 

オシャレだねって言われたかったし、
言われるためにファッションに没頭していた気もする。

 

結局は、自己満なんだけどねw

 

↓ 33歳のゴロウの価値観はコチラ。

[関連] 断捨離でブランド物を手放す4つの理由。本当に必要なモノって何?

[関連] 大好きなスニーカーを断捨離する時が来た!経験で人は変わる。

 

 

色んな旅に行きまくった。

お金には限りがあったけど、
そこら中に旅に行った。

 

車で寝泊まりしながら、四国に行ったり、
千葉に行ったり。

 

18切符だったり、格安夜行バスで、
全国色々回った。

 

とにかく、新しい場所に訪れることが好きで、そこで出会う人との繋がりも楽しかった。

 

旅の醍醐味が、新しい場所と新しい出会いにあると、

 

10代のうちに気づけたことは良かったなと思う。

 

↓ 32歳の旅は世界一周だった。

[関連] 念願の世界一周半年間の旅!ついにスタート!!

 

 

 

ヒッチハイクで日本縦断

今でこそ、大学生の間で、ヒッチハイクは、流行っているみたいだけど、
当時はあまり情報もなく、周りでやってる人は全然いなかった。

 

小学校の頃、猿岩石のヒッチハイクユーラシア大陸横断の番組にかなり影響され、
ずっと憧れていた。

 

さすがに、海外でやる勇気はなかったけど、
日本なら死ぬことはないっしょってことで、
大学時代の夏休みにヒッチハイクを実行!

 

始めは全然つかまらなくて、どうなっちゃうんだろうとヒヤヒヤしていたが、
結局、

 

第1弾 名古屋→北海道

第2弾 名古屋→屋久島

 

 

までをヒッチハイクで行くことができた。
(一部、船しかないルートと、挫折した時は他の乗り物に乗りました。)

 

この時一番感じたことは、

 

人の心は、自分次第で、変わる。

人の心は、環境によって違うと実感する。

 

自分ががんばって熱意がある時は、
人に伝わってうまくいく。

 

 

都会では、心が冷めてしまいがち。
田舎は、人の心があったかくなりやすい。

 

 

一概には言えないが、各地を転々としながら、自分の気持ちと、人の気持ちに関して、
少しわかった気がする経験だった。

 

 

たった500円で、名古屋から山口まで行けた時は、感動した。

 

こんなにも優しい人がいるんだって思ったし、

人生って、なんか頑張れば、うまくいくもんだ!

 

 

ってすごく自信のついた経験だったので、
もし、ヒッチハイクやってみたいよーって方はオススメするよ。

 

何か、聞きたいことがあったら、
ゴロウレンタルやってるので、
良かったら相談してね!

 

[関連] 大学時代以外のプロフィールはコチラ。

 

 

目指せ、1位返り咲き。
応援オネシャス!

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

 

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です