フヴァル発、青の洞窟ツアー!!クロアチアにもあるんです!

どうもー!!
ジュリです!!

皆さんは『青の洞窟』と言われてどこを思い浮かべますか?

日本で青の洞窟と言えば、沖縄やイタリアを挙げる方も多いかもしれませんが
クロアチアにもあるんです!

 

今日はクロアチアの『青の洞窟』を紹介します。

 

<スポンサードリンク>

出発地とツアー申し込み

青の洞窟へは日帰りツアーがたくさんでています。

スプリトからも、フヴァル島からも出ていますが、やはり青の洞窟があるビシェヴォ島に近い
フヴァルからでた方が確実です。

波が高いと洞窟には入れませんが、スプリトからだと距離があり、
出発時は良くても、着いたら入れる状況ではなく、引き返すという事もあるみたいです。

 

  

なので、時間があればフヴァル島もいい所なので、そこまで渡って
青の洞窟ツアーに出る事をオススメします。

続いてツアーの申し込みですが、当日の朝港に行ったらたくさんの会社が
今から出るよーみたいな感じで営業かけてきます。

前日泊まった宿のお姉さんがそう教えてくれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲朝のフヴァルの港。

出発時間は9時だったのでそれまでに港に行って、どの船で行こうか決めればオッケーです。
とっても簡単です!!

 

ツアー内容と金額

9:00   フヴァル出発
    ビス島コミジャ上陸
    船でランチ
    青の洞窟
    水泳タイム
18:30  フヴァル到着

 

時間は少し曖昧ですが、大体こんな感じでした。

 

値段は、ツアー代と青の洞窟入場料を合わせて一人400クーナ(約6400円)
洞窟の入場料がやたら高くて、むかつきます。

 

ツアー詳細    

ビス島 コミジャ

ここで1時間半程自由時間でしたが、とっても綺麗な島でした。
島に降り立ったときの海の綺麗さが尋常じゃありません!

▲コミジャの港。透き通るブルーグリーンでした!

 

 

 

既にお腹がすいたので、ビス島で軽食を買って散歩しました。

 ▲レストランもあったけど、まだやってませんでした。

少し歩くと、建物の間から海が見えて来て、吸い込まれるように
近づいていくと、やっぱり綺麗な海が広がっていました。

▲個人的にはめちゃめちゃ好きな景色です。

 

少し離れるとビーチがあって、
一緒の船だった子供達はそこで遊んでいました。
(運悪く小学生の団体と同じ船でした。)

▲ちなみにこの量の子供達と同じ船w

▲実際、結構寒いと思いますw

▲ちゃんとシャワーもありましたよ!

 

▲のんびり島内の散策をして、集合時間に船に戻ります。

 

ランチ

船でランチも付いてました。
大皿で出て来て、皆でシェアするタイプです。

▲お魚料理、美味しかったです。

席も適当に良い感じの人数になるように振り分けられ、美味しく頂きました。

 

青の洞窟

いよいよ本題です!

今まで乗ってた大きな船ではとても行けないので、小さなスピードボートに
移ります。

▲これぞデッキシューズ!!

▲大体7.8人で乗り合わせます。

 

洞窟の近くまで行って、入れるわけないと思いましたw
波で揺れる船は、明らかに洞窟に入れる高さじゃないのです。

▲もっと近づくと全然無理だってなります!w

でも椅子から降りてしゃがんで、頭低くしてって言われたので
その通りにやったら入れちゃいました!

 

この時の船のメンバーの一体感は凄いです。
いっせいに歓声が上がりました!

そしてその直後、目の前に広がるのは正に青の世界!
一面青で、別世界でした。

▲青のライトが当てられてるみたい!!

 

▲もう少し進むと、もっと綺麗な青で幻想的な世界が広がっています!

 

青の洞窟は初めてでしたが、すごく不思議な世界でした。

 

実際この洞窟の中に入ってるのは、10分程度で一瞬ですが
貴重な体験ができました。

 

水泳タイム

こんな場所で、船から飛びこんで泳ぐ事ができます!!

こんな所にいきなりダイブしたら、心臓マヒですw
寒いわけじゃないのですが、暑いわけでもありません。

▲ココへだいぶします!

「ヘイカモーン!」みたいなノリとかありますが、
「いや大丈夫」って冷静に答えますw

▲寒くないはずがない!さすがである!

 

この間、船の上でひなたぼっこしてました。
ここでも十分気持ちいいです。

▲ゴロウさんは、まさかのクロアチア国旗カラーで寝てましたw
一人完全日焼け防備ですw

 

まとめ

正直、青の洞窟にいる時間は長くないし、もったいない気もしますが、
それでもやっぱり綺麗な青の世界は、一見の価値有りです。

個人的にはビス島のコミジャも大好きだったので、ココによれたのも
良かったなーと思います。

ぜひともフヴァルから行く事をオススメします!

 

それでは皆さんもいい旅をー!!

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です