JAXAが球体ドローンを宇宙にある「きぼう」で浮遊実験。あの、ハロに似てる!?

【ドローンスタート】 するならココ!

 

みなさん、おはようございます(^^)

今日もHAVE FUNしてますか?

最近、ドローンにハマってるゴロウです。

ドローンに関して、
面白い情報を入手したので、

お伝えしていきます。

その他のドローン情報はコチラ!

<スポンサードリンク>

みなさん、超有名アニメ機動戦士ガンダムに出てくる、

ハロってやつ知ってますか?

コイツです!


参照:ニコニコ大百科

懐かしのガンダムグッズはコチラから

        ↓

これがどうしたかっていうと、
これに似た感じのドローンが、

なんと、あの宇宙のJAXAから発表されたんです!

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が、7月14日に発表したドローンは、

宇宙船の中を飛ぶ球体のドローン「Int-Ball」(イントボール)ってやつです。


参照:JAXA

▲ハロというよりもケロロ軍曹似!?

本体の搭載したカメラで、宇宙飛行士が作業しているところの画像や、
動画を撮ることができます。


参照:JAXA

撮った映像は、生で地上管制局で見ることができます。

ISSという国際宇宙ステーションにある、日本の実験棟「きぼう」の中で使用しています。

 

 

このハロに似た球体ドローンによって、
宇宙飛行士の負担が減ったんです。

 

 

今まで、宇宙飛行士は、自分でカメラを持って撮影をしたり、

固定カメラを設置して、作業の様子を撮影していました。

 

 

その作業をこのIntballがしてくれることによって、
作業時間を短縮することができるそうです。

参照:JAXA

 

 

本体には推進用のファンが12個付いており、
それによって、安定して飛ぶことができる。

また、船内にはピンク色のマークがらあり、

そのマークの位置をとらえ、

自分が今どこの位置にいるか把握できるそうだ。

頭イイ!

直径150ミリ以下、重さ1キロ以下と、
なぜか、アバウトな寸法。

稼働時間は2時間で、
USBケーブルで充電するそうです。

参照:JAXA

こんな可愛らしいドローンなら、
宇宙飛行士の気持ちも少し穏やかになりそうですね!

地上にも、
このハロに似たドローンが
飛ぶようになれば、

ペットのように扱い、空を飛びながら付いてきて、
写真を撮ってくれたり、

時にはスマホの代わりになって
何かを注文したり、
動画をその場でみたりと、

色んなことが可能になりそうですね!

ガンダムでみた未来の世界が、
今目の前に起こりつつあります。

色が黄緑でハロ仕様のドローンも出てくるのも時間の問題となりそうです!

下にその可愛らしい動画を載せてあります。

良かったらご覧ください!

 


参照:JAXA

 

その他のドローン情報はコチラ!

 

それではまた!

ゴロウでした。

 

 

夫婦世界一周 ブログ1位です!

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

 

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です